17スコーピオンBFSはベイトフィネスリールの名作!?成熟したシマノの技術を搭載したスタンダード機!

17スコーピオンBFSはベイトフィネスリールの名作!?成熟したシマノの技術を搭載したスタンダード機!
SHIMANO - Scorpion BFS

シマノ(SHIMANO)の17スコーピオンBFS (Scorpion BFS)は、シマノの人気スタンダードベイト「スコーピオン」シリーズのベイトフィネスモデルだ。

この17スコーピオンBFSには、昨年16アルデバランBFSで話題となったFTB (フィネスチューンブレーキシステム)を搭載。

非常にコストパフォーマンスに優れたモデルながら、本格的なベイトフィネス機として期待の高まる新作となっている。

今回は、このシマノの2017年新作ベイトリール「17スコーピオンBFS」について詳しくご紹介しようと思う。

17 スコーピオンBFS (Scorpion BFS)

低価格ながらFTB搭載で本格派のベイトフィネスリール!

低価格ながらFTB搭載で本格派のベイトフィネスリール!

FTB (フィネスチューンブレーキシステム)

17スコーピオンBFS最大の特徴は、16アルデバランBFSや17カルカッタコンクエストBFSなど、シマノのハイエンドベイトフィネスリールにも搭載されている新技術「FTB (フィネスチューンブレーキシステム)」を搭載したことだ。

このFTBは、通常のベイトリールのスプールに付いているブレーキユニットを排除し、スプール自体に直接マグネットブレーキをかけるというシマノ独自の新機構だ。

スプールにブレーキユニットがないため、ベイトフィネスでの生命線となるスプール重量の軽量化に大きく貢献。スプールが低慣性化され、ピッチング性能が向上している。

特に、4〜5g程度の軽量ルアーにおいては、とても気持ちよくピッチングが決まるようになった。

マグネットながら、遠心ブレーキのような心地よさ!

マグネットブレーキであるFTBのブレーキの効き方は、これまでシマノが得意としてきた遠心ブレーキSVSのフィーリングに極めて近いと評判だ。

また、17スコーピオンBFSのブレーキ力は外部ダイヤルで簡単に調整が可能。ルアーチェンジや向かい風にも、スピーディに細やかな調整で対応することができる。

さらに内部のマグネットは脱着可能。

この辺りも、外部ダイヤル+遠心ブレーキ(SVS)のシューをON/OFFするところと似ているので、遠心ブレーキに慣れ親しんだ方でも、ブレーキ調整に関しては親しみやすいだろう。

17スコーピオンBFSの自重は、予想を遥かに超える軽さ!

気になる17スコーピオンBFSの自重は165g。

私は170g程度と予想していたが、なんと170gを切る軽さを実現してきた。

ちなみに上位機種である16アルデバランBFSの自重は流石の130gと非常に軽く、2017年に17スコーピオンBFSと並んで新登場する17カルカッタコンクエストBFSは自重が200gと少し重め。

▼こちらが16アルデバランBFS

16アルデバランBFSは、ベイトフィネス最強のベイトリール!?カスタムパーツでさらにパワーアップ!

2016.04.09

▼こちらが17カルカッタコンクエストBFS

「17カルカッタコンクエストBFS」その魅力を語り尽くしてみた。軽量ルアーのベイトフィネスを堪能しよう。

2017.01.15

昨年発売された16スコーピオン70/71の自重が190gということを考えると、25gも軽量化されている17スコーピオンBFSの165gは、かなりの軽い!

▼こちらが16スコーピオン70/71

「16スコーピオン70/71」永遠のスタンダードモデルの魅力を語り尽くす!カスタムパーツでさらにパワーアップ!

2016.02.28

ブレーキシステムの変更により軽量化実現か!?

恐らくだが、17スコーピオンBFSが16スコーピオン70/71よりも軽量化された大きな要因は、ブレーキシステムがNEW SVS∞からFTBに変更されたことではないだろうか。

スプールからブレーキユニットがなくなったことによる軽量化が、全体の自重にも影響しているはずだ。

要するに、NEW SVS∞よりも使うパーツの少なく軽量なスプールを装備するFTBへの変更が、リールの軽量化に寄与しているというわけだ。

17スコーピオンBFS関連のリール別の自重比較

ちなみに、シマノのベイトフィネス機と16スコーピオン70/71の自重を比較してみると下表の通り。

製品名 自重
16アルデバランBFS 130g
17スコーピオンBFS 165g
16スコーピオン70/71 190g
17カルカッタコンクエストBFS  200g
プラッギングメインで使いたい方や、逆に自重が軽すぎるリールにしっくりこない方は17スコーピオンBFSの適度な重量感が魅力的に感じるかもしれない。

シックな17スコーピオンBFSのボディデザイン

17スコーピオンBFSのボディカラーは、16スコーピオン70/71や17スコーピオンDCと同様に、スコーピオンシリーズを象徴するカラーであるワインレッドを脱ぎ捨てたシックなカラーリングとなっている。

▼こちらが17スコーピオンDC

「17スコーピオンDC」は15メタニウムDCのコスパモデル!?主な機能はほぼ一緒のお買い得リール。

2017.01.16

シルバー系のカラーで、一見するとスコーピオンの名残を感じさせる赤みがかかったシルバー。

しかし、雑誌に掲載されている17スコーピオンBFSを見ると、16メタニウムMGL的なシルバーカラーに見える。

▼こちらが16メタニウムMGL

「16メタニウムMGL」シマノの大人気ベイトリールを徹底解剖!カスタムパーツでさらにパワーアップ!

2016.01.27
これも実物を見てからのお楽しみということか。

ソルトのベイトゲームにもオススメ!

17スコーピオンBFSは海水対応モデルだ。

バスフィッシング以外にも、ソルトウォーターでも活躍してくれるリールなので、ソルトでのベイトフィネスを考えているアングラーにとっても期待のモデルだ。

フレッシュ、ソルトどちらにも対応していてフィールドを選ばず、ライトゲームの新たなスタンダード機として、17スコーピオンBFSは名作になるかもしれない。

17スコーピオンBFSと16アルデバランBFSの違いは?

次に、17スコーピオンBFSとその上位機種である16アルデバランBFSとの違いを見てみよう。

17スコーピオンBFSと16アルデバランBFSのスペック比較表を作成してみた。

▼下表では、違いのあるところを赤字にしている。

17スコーピオンBFS 16アルデバランBFS
ギア比 6.3、XG:8.2 6.5、XG:8.0
FTB
X-SHIP
HAGANEボディ
スプールタイプ BFS
(超々ジュラルミン)
BFS
(超々ジュラルミン)
S3Dスプール
フレーム素材 アルミ マグネシウム
ドライブギア素材 超高強度真鍮 超々ジュラルミン
 エキサイティング
ドラグサウンド
海水対応
自重 165g 130g
スプール寸
(径/幅)
32mm/22mm 32mm/22mm
フロロ巻糸量
(lb-m)
8-45 8-45
最大ドラグ力
(kg)
3.5 3.5
ベアリング 7/1 9/1
価格 35,000円 46,000円
実売価格 2万円後半 3万円後半

17スコーピオンBFSと16アルデバランBFSの大きな違いは、

  • ボディ素材の違い
  • 35gの自重差
  • ドライブギア素材
  • ベアリング数
  • 約1万円の価格差

となっている。

ボディ素材の違いによる自重の差について

17スコーピオンBFSのボディフレームにはアルミニウムを使用しているが、16アルデバランBFSのボディフレームには軽量なマグネシウムが使われている。

  • 17スコーピオンBFS:アルミボディ・165g
  • 16アルデバランBFS:マグネシウムボディ・130g
さらに、16アルデバランBFSのサイドプレートにはシマノの誇る軽量カーボン素材CI4+を採用しており、リールの大幅な軽量化を実現している。

つまり、高価な素材を使ってる16アルデバランBFSは、価格が17スコーピオンBFSよりも高くなっているが、自重は35gも軽くなっている、ということだ。

しかし、マグネシウムと同様に金属であるアルミニウム製フレームを持つ17スコーピオンBFSは、ボディの剛性面では16アルデバランBFSに劣らずしっかりしているはずだ。

17スコーピオンBFSのドライブギアは超高強度真鍮、だが。。

17スコーピオンBFSのドライブギアは超高強度真鍮製。

これに対して16アルデバランBFSのドライブギアには超々ジュラルミンを採用しており、一見アルデバランの方が優れているように見える。

  • 17スコーピオンBFS:超高強度真鍮製ドライブギア
  • 16アルデバランBFS:超々ジュラルミン製ドライブギア

しかし、これに関してはそうとも言えない。

上位機種の16メタニウムMGLにも採用されている超々ジュラルミン製のドライブギアの大きな目的は、軽量化とそのギア自重の軽さと材質硬度からくる巻き感度の向上だ。

つまり、軽さと巻き感度という面で見たら超々ジュラルミンは優れているが、巻き心地という面で見たら、17スコーピオンBFSの超高強度真鍮も劣ってはいない。

というのも、巻き心地を重視しているカルカッタコンクエストにも、マイクロモジュールギアではあるものの超高強度真鍮製のドライブギアが採用されているからだ。

ちなみに、17スコーピオンBFSと16アルデバランBFSは両方ともマイクロモジュールギア非搭載機種。

そこに巻き心地を求めるのも間違っているのかもしれないが、それでも敢えて考えるなら、17スコーピオンBFSの巻き心地は16アルデバランBFSに負けていないか、もしかすると上かもしれない。

ベイトフィネスだけど、ちょっと重めのルアーも同時に使ってみたいとか、巻物系を使う場合には17スコーピオンBFSの方が優れているとも言えそうだ。

スプールのスペックは同じ

逆に、17スコーピオンBFSと16アルデバランBFSで同じところを見ていくと、ベイトフィネスリールの核となるスプールのスペックは、スプール径32mm、巻糸量8lb-45mと、両者ともに全く同じとなっている。

スプール素材も、双方ともに同じ超々ジュラルミンを使用していることから、ベイトフィネスの命ともなるスプール自体の自重も、ほとんど大差ないことが予想される。

ラインナップも同じ

ラインナップに関しても、17スコーピオンBFSと16アルデバランBFS両者ともにノーマルギアとXG:エクストラハイギアのラインナップ。

それぞれの最大巻上長もほぼ同じだ。

意外と嬉しいドラグ音も装備

また、意外とポイントなのは、17スコーピオンBFSのドラグも16アルデバランBFSと同じく、音が鳴るエキサイティングドラグサウンドを採用していること。

ファイト時の魚とのやり取りがしやすく、爽快に響くドラグ音が心地良い!

さらに、ドラグ材質には両方ともカーボンクロスワッシャが使われているので、17スコーピオンBFSと16アルデバランBFSはドラグ性能もほぼ一緒だ。

ベイトフィネスの核はほぼ同じ

このように見ていくと、17スコーピオンBFSと16アルデバランBFSの大きな違いはボディ素材から来る自重の差異と、ドライブギア素材、価格程度だろう。

高級素材を使っている16アルデバランBFSのほうが、当然軽く、そして高価となる。

しかし、それ以外の面では大きな違いはない。

むしろ、キャスティング性能の面から見るとベイトフィネスの核となる機能はほとんど同じだ。

FTBを採用し、スプールのスペックも同じことから考えると、飛距離性能という点で17スコーピオンBFSは16アルデバランBFSと同等によく飛ぶベイトフィネスリールになっているはずだ。

17スコーピオンBFS (Scorpion BFS)のスペック

17スコーピオンBFSは、ファーストラインナップからXG(エクストラハイギア)に加えてノーマルギアも発売される。

  • エクストラハイギア:ギア比8.2、巻取長82cm
  • ノーマルギア:ギア比6.3、巻取長63cm

ベイトフィネス定番のワーミングだけでなく、ベイトフィネスでのプラッギングも楽しみたい!という方にも嬉しい、スタンダード機ならではの対応幅の広いラインナップとなっている。

製品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
最大
巻取長
(cm)
フロロ
巻糸量
(lb-m)
ハンドル
(mm)
ベア
リング
価格
(円)
Scorpion BFS
RIGHT
6.3 165 3.5 63 8-45 42 7/1 35,000
Scorpion BFS
LEFT
6.3 165 3.5 63 8-45 42 7/1 35,000
Scorpion BFS
XG RIGHT
8.2 165 3.5 82 8-45 42 7/1 35,000
Scorpion BFS
XG LEFT
8.2 165 3.5 82 8-45 42 7/1 35,000

技術特性

  • X-SHIP:高負荷時でも力強い巻き上げを可能にするギアシステム
  • HAGANEボディ
  • S3Dスプール:安定したキャスト性能を実現する低振動スプール
  • FTB
  • エキサイティングドラグサウンド
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

17スコーピオンBFSの発売日と最安値

17スコーピオンBFSの発売日は2017年5月発売予定だ。

シマノのベイトリールの場合、多くは右巻きか左巻きかによって発売時期が異なるものだが、17スコーピオンBFSに関しては右巻き・左巻き、またノーマルギア・エクストラハイギアに関わらず、全モデルが2017年5月の発売予定となっている。

すでに発売開始!

シマノ 17スコーピオン BFS

シマノ 17スコーピオン BFS

シマノ(SHIMANO)
価格 ¥ 24,500〜

17スコーピオンBFSは、通販店舗ではすでに予約販売が開始されている。

私が確認したところでは、最安ショップは税抜24,500円〜販売されていた。

17スコーピオンBFSの定価は35,000円だが、実売価格は今のところ2万円後半くらいとなっているようだ。

この価格帯でこれまでご紹介してきたような性能を搭載しているとなると、17スコーピオンBFSは非常にコストパフォーマンスに優れた、素晴らしいベイトフィネスリールということは間違いないだろう。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

まとめ

2017年のシマノ(SHIMANO)の新作ベイトリール「17スコーピオンBFS (Scorpion BFS)」は、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を搭載したシマノの人気スタンダードベイト「スコーピオン」シリーズのベイトフィネスモデル。

核となる機能は申し分なく、非常にコスパに優れたモデルながら、本格的なベイトフィネス機として期待の高まる新作だ。

今年は、先日ご紹介した17カルカッタコンクエストBFSも登場し、16アルデバランBFSと17スコーピオンBFSを合わせてシマノのベイトフィネスリールは合計3機種を数えることとなった。

  1. ハイエンドモデルの16アルデバランBFS
  2. プラッギングに優れた17カルカッタコンクエストBFS
  3. コスパに優れたスタンダードモデルの17スコーピオンBFS

ベイトフィネスリールのラインナップが様々なアングラーに対応し、これからますますベイトフィネスが楽しくなりそうだ。

特に、17スコーピオンBFSはシマノのBFSシリーズ中では最も低価格のモデルでありつつも、ベイトフィネスゲームを快適に楽しむには十分な性能を持っているので、ベイトフィネスを低価格で導入してみたい方には打って付けのリールとなるだろう。

16アルデバランBFSから続々とベイトフィネス新機種が投入され、シマノの技術ベイトフィネス技術の成熟を感じることができる。

この成熟してきた技術を搭載しているからこそ、17スコーピオンBFSは安定感のあるリールに仕上がっていることだろう。

このようなことからも、コスパに優れつつも安心して使える17スコーピオンBFSは、名作ベイトフィネスリールとして大ヒットしそうな予感がする。

▼2017年新作リール特集も必見!!

「2017年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア・メガバス全32モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2017.02.19

17スコーピオンBFS好評発売中!

シマノ 17スコーピオン BFS

シマノ 17スコーピオン BFS

シマノ(SHIMANO)
価格 ¥ 24,500〜

17スコーピオンBFSの最安値と在庫を見る

スコーピオン BFS[Scorpion BFS]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

SHAREこの記事をシェアしよう!

17スコーピオンBFSはベイトフィネスリールの名作!?成熟したシマノの技術を搭載したスタンダード機!