「17スコーピオンDC」は15メタニウムDCのコスパモデル!?主な機能はほぼ一緒のお買い得リール。

「17スコーピオンDC」は15メタニウムDCのコスパモデル!?主な機能はほぼ一緒のお買い得リール。
SHIMANO - Scorpion DC

シマノ(SHIMANO)の17スコーピオンDC (Scorpion DC)は、2011年に発売されたスコーピオンシリーズ初のDC搭載ベイトリール「11スコーピオンDC」がフルモデルチェンジした期待の最新リールだ。

実に6年ぶりのモデルチェンジとなる17スコーピオンDC。

最新のDC (デジタルコントロールブレーキ)システムであるI-DC5や、X-SHIP、S3Dスプールなど、シマノの最新技術を搭載して性能が格段にアップしている。

今回は、シマノの2017年新作ベイトリール「17スコーピオンDC」を詳しく紹介しつつ、その魅力に迫りたいと思う。

17スコーピオンDC (Scorpion DC)の特徴

17スコーピオンDCは飛距離性能が抜群!最新のI-DC5を搭載!

17スコーピオンDCは飛距離性能が抜群!最新のI-DC5を搭載!

I-DC5

17スコーピオンDC最大の特徴は、最新のDC (デジタルコントロールブレーキ)システムであるI-DC5を搭載していることだ。

このI-DC5は、上位機種15メタニウムDCにも搭載されている高品質なDCだ。

11スコーピオンDCのDCは廉価版だった。

旧モデル11スコーピオンDCにも搭載されていたDC。

▼こちらが旧モデル11スコーピオンDC。

しかし旧スコーピオンDCに搭載されていたDCはI-DC+という、簡単に言えば廉価版のDCだった。

このI-DC+はブレーキコントロールも3つの外部ダイヤルだけで調節する設計となっていたため、ブレーキ力の微調整をするのが苦手だった。

また、DC特有の心地いいDC音が鳴らず、音の面でも不満の残る仕様となっていた。

とはいえ、このI-DC+は、逆に細かな設定のいらないシンプルさのおかげで、扱いやすさというメリットがあったのも事実だ。

15メタニウムDCと同じ最新のDC搭載

それに対して、17スコーピオンDCに搭載されたのは、15メタニウムDCと同じ最新のI-DC5。

I-DC5は、旧I-DC+にもあった3つの内部ダイヤルに加えて、5つの外部ダイヤルでブレーキコントロールをすることが可能になった。

これによって、サイドプレートを外さずに外部ダイヤルのみで素早くブレーキ調整をが出来るようになり、かなり使い勝手が良いリールへと進化したのだ。

また、17スコーピオンDCのI-DC5は、デジタルコントロールブレーキ特有の心地良いDC音も鳴るようになった。

用途別、I-DC5の設定方法。

17スコーピオンDCに搭載されたI-DC5の設定方法について、用途別に見ていこう。

17スコーピオンDCの内部ダイヤル

17スコーピオンDCの内部ダイヤルは、F(フロロ)・N(ナイロン)・PEと、ラインの種類に合わせて3つの設定が可能となっている。

  1. F(フロロ)
  2. N(ナイロン)
  3. PE

17スコーピオンDCの外部ダイヤル

17スコーピオンDCの内部ダイヤルは、1〜4の数字によるセミオートと、オートの合計5つの設定が可能だ。

ダイヤル 適正ウエイト 用途
18~30gの重いルアー 空気抵抗の小さい大型バイブレーションやジグなど
10~20gのルアー 中型バイブレーションやスピナーベイトなど
8~12gのルアー 空気抵抗が大きいミノーやシャロークランクなど
5~8gの軽量ルアー ノーシンカーワームや小型シャッドなど
AUTO 上記のボリューム2~4の半ばまでカバーするワイドなポジション

合計15通りの細かいブレーキ設定が可能。

このように17スコーピオンDCは、3種類の内部ダイヤルと5種類の外部ダイヤル、合計3×5=15通りのブレーキセッティングが可能となっている。

この最新のI-DC5のおかげで、向かい風やスキッピング時の失速をDCが感知し、瞬間的にブレーキ制御を行い、バックラッシュを防いでくれる。

ダイヤルだけのとっても簡単なセッティングで、バックラッシュに悩まされず、安定した飛距離で釣りを楽しむことができるのだ。

17スコーピオンDCのボディデザイン

17スコーピオンDCは、スコーピオンシリーズの伝統色であるワインレッドカラーではなく、昨年登場した16スコーピオン70/71と同じように、カッコ良いブラックカラーとなっている。

▼こちらが16スコーピオン70/71

「16スコーピオン70/71」永遠のスタンダードモデルの魅力を語り尽くす!カスタムパーツでさらにパワーアップ!

2016.02.28
ボディには、アルミニウムフレームの剛性感溢れるHAGANEボディを採用している。

ソルトのベイトゲームにもオススメ!

17スコーピオンDCは海水対応モデル。

精密なDCを搭載しつつも、耐久性に優れたベイトリールとなっている。

バスフィッシング以外にも、ソルトウォーターでも活躍してくれるリールだ。

17スコーピオンDCと15メタニウムDCの違いは?

17スコーピオンDCとその上位機種である15メタニウムDCの違いはどのようなものだろうか?

▼コチラが15メタニウムDC

17スコーピオンDC vs 15メタニウムDC(スペック比較表)

17スコーピオンDCと15メタニウムDCのスペック比較表を作ってみた。

▼下表では、違いのあるところを赤字にしてある。

17スコーピオンDC 15メタニウムDC
ギア比 6.3、HG:7.2 6.2、HG:7.4、XG:8.5
ブレーキタイプ I-DC5 I-DC5
マイクロ
モジュールギア
ドライブギア
材質
超高強度真鍮 超々ジュラルミン
フレーム材質 アルミ マグネシウム
X-SHIP
S3Dスプール
スプール材質 超々ジュラルミン 超々ジュラルミン
ドラグ材質 カーボンクロス
ワッシャ
カーボンワッシャ
海水対応
自重 215g 190g
スプール寸
(径/幅)
34mm/22mm 34mm/22mm
巻糸量
(lb-m)
12-120,14-100
16-85,20-70
12-120,14-100
16-85,20-70
ベアリング数
(S A-RB/ローラー)
7/1 9/1
価格 37,500円 57,800円
実売価格 2万円後半 4万円後半

ボディ素材と自重の差

まずは自重の違いを見ると、

  • 17スコーピオンDC:215g
  • 15メタニウムDC:190g

と、17スコーピオンDCは15メタニウムDCよりも25g重い設計。

この重さの原因は、ボディ材質の違いが大きい。

スコーピオンはアルミボディであるのに対して、15メタニウムDCは高価ながら軽量なマグネシウムボディを採用しているからだ。

ドライブギアの違いがもたらす、巻き感度と巻き心地は?

17スコーピオンDCと15メタニウムDCは、ドライブギアにも大きな違いが見られる。

一つ目は、15メタニウムDCにはマイクロモジュールギアが採用されている点だ。

マイクロモジュールギアは、ギアの歯を可能な限り小型化し、歯を密に、かつ数多くかみ合わせることで、強度を保持しつつ滑らかな動力伝達を実現したもの。

二つ目の違いは、15メタニウムDCがギア材質に軽量な超々ジュラルミンを採用している点だ。

つまり、15メタニウムDCは軽量で精密なドライブギアを搭載することで、巻き感度が良いということだ。

一方、17スコーピオンDCのドライブギアは、マイクロモジュールギアではない通常の超高強度真鍮製。

  • 17スコーピオンDC:超高強度真鍮製ドライブギア
  • 15メタニウムDC:超々ジュラルミン製ドライブギア+マイクロモジュールギア

一見すると超高強度真鍮製ドライブギアは、かなり劣っているようにも見えるが、実は一概にそうとは言えない。

超高強度真鍮製のドライブギアは、巻き感度こそ劣るものの、ずっしりとしたギアから生まれる巻き心地は良好だからだ。

このように見ていくと、

  • 17スコーピオンDC:自重が少し重いが、巻き心地が結構良い
  • 15メタニウムDC:自重も軽く、感度が良い+マイクロモジュールギアで巻き心地も良い

という特徴がわかる。

軽さと巻きに関しては、やはり価格差が大きく出てしまう結果ということか。

ベアリング数の違い

17スコーピオンDCと15メタニウムDCは、ベアリング数にも2つの差がある。

  • 17スコーピオンDC:7/1個(合計8個)
  • 15メタニウムDC:9/1個(合計10個)
ただし、両リールとも全て防錆ベアリング(S A-RB)仕様なので、耐久面での違いはなさそうだ。

飛距離性能に違いはない!?

ここまで、17スコーピオンDCと15メタニウムDCの違いを見てきた。

しかし、逆に飛距離性能の面で見てみると、17スコーピオンDCと15メタニウムDCに大きな違いがないことがわかる。

両者ともにブレーキはI-DC5を搭載。

スプールのスペックも、同じ超々ジュラルミン製で、スプール寸もラインキャパも全く同じだ。

つまり、17スコーピオンDCと15メタニウムDCは飛距離面のスペックでは違いが見られないということ。

17スコーピオンDCは15メタニウムDCと同じように良く飛ぶリールだ!

17スコーピオンDCにも優れたポイントが多数ある!

実は、17スコーピオンDCには、15メタニウムDCよりも優れたポイントが多数ある。

  1. 価格が安く、コスパが良い
  2. ドラグ性能が良い
  3. 巻き心地が良い
  4. ボディがタフ

価格が安く、コスパが良い

まずは、両者の約2万円というかなりの価格差。

上述したが、17スコーピオンDCと15メタニウムDCは、飛距離性能の面で大きな違いがないことを考えると、17スコーピオンDCのコスパは良すぎる!と言ってもいいのではないだろうか。

ドラグ性能が良い

次に、ドラグ材質について見ると、

  • 17スコーピオンDC:カーボンクロスワッシャ
  • 15メタニウムDC:カーボンワッシャ

というように、実は17スコーピオンDCの方が良い材質を使っている。

カーボンクロスワッシャは、ドラグの滑り出しに優れ、さらに、高負荷・低負荷を問わずドラグの効きが一貫して滑らかなのが特徴だ。

巻き心地が良い

これについては、上の項で説明した通り。

超高強度真鍮製のドライブギアを搭載した17スコーピオンDCは、意外と巻き心地が良いのだ。

ボディがタフ

17スコーピオンDCは、アルミボディを採用しており、一般的にはマグネシウムよりも粘りがあってタフな材質と言われている。

素材の特性上、マグネシウムは比重が大きくて硬いので、アルミよりも少ない容積でボディを作れるが、その分ボディ自体に粘りが無くて固くなりやすく、衝撃に弱い面もある。

もちろん、マグネシウムボディと言っても、その素材はマグネシウム含有量が高いだけで、純粋なマグネシウムではなく、リールのボディ用に最適な配合をしているので、適度な粘りは持たせている。

ただ、素材の特性から見ると、アルミ素材は粘りがあって、ぶつけたり落としたりしても(決して推奨できないが)、大きく変形したり、致命的にヘコんだりしにくい、タフさがあるのだ。

マニアックな話となってしまったが、要は、アルミボディはタフだと言うことだ。

17スコーピオンDC vs 15メタニウムDC まとめ

さて、このように見てくると、17スコーピオンDCは15メタニウムDCの主な良い性能を抽出し、価格を抑えて設計されたコストパフォーマンスモデルだということがわかる。

もちろん緻密に設計された15メタニウムDCには細かな性能面で敵わない。

しかし、15メタニウムDCには予算面で手が届かないアングラーにしてみれば、2万円という大幅な価格ダウンで15メタニウムDCの飛距離性能を備えた17スコーピオンDCは、とっても嬉しいモデルということだ。

17スコーピオンDC (Scorpion DC)のスペック

製品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
最大
巻取長
(cm)
ナイロン
巻糸量
(lb-m)
ハンドル
(mm)
ベア
リング
価格
(円)
Scorpion DC
100 RIGHT
6.3 215 5.5 67 12-120,14-100
16-85,20-70
42 7/1 37,500
Scorpion DC
101 LEFT
6.3 215 5.5 67 12-120,14-100
16-85,20-70
42 7/1 37,500
Scorpion DC
100HG RIGHT
7.2 215 5.5 77 12-120,14-100
16-85,20-70
42 7/1 37,500
Scorpion DC
101HG LEFT
7.2 215 5.5 77 12-120,14-100
16-85,20-70
42 7/1 37,500

技術特性

  • X-SHIP:高負荷時でも力強い巻き上げを可能にするギアシステム
  • HAGANEボディ:高い剛性を持つ金属のボディ
  • S3Dスプール:重量バランスや寸法精度を高め、キャスト時の振動を抑制したスプール
  • I-DC5
  • 海水対応

17スコーピオンDC (Scorpion DC)の発売日と最安値

17スコーピオンDCの発売日は以下の通りだ。

  • 100/100HG(右巻き):2017年2月発売
  • 101/101HG(左巻き):2017年4月発売

右巻きモデルとなる17スコーピオンDC100、17スコーピオンDC100HGが先に発売される。

すでに発売中!

17スコーピオンDCの右巻きモデルは既に販売が開始されている。

また、遅れて発売となる左巻きモデルは、予約発売が開始されている。

17スコーピオンDCの価格は37,500円となっており、11スコーピオンDCからのモデルチェンジにもかかわらず、据え置き価格。

おおよその実売価格は2万円後半くらいだろう。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

まとめ

シマノ(SHIMANO)の2017年新作ベイトリール「17スコーピオンDC (Scorpion DC)」は、最新のDCシステムI-DC5を搭載し、ダイヤルだけの簡単なセッティングでストレスフリーなキャスティングを実現し、安定した飛距離で釣りを楽しむことができる最新モデルのリールだ。

高価なDC搭載リールの中で、最も低価格な17スコーピオンDC。しかし、その機能性は、上位機種である15メタニウムDCに匹敵する水準となっており、非常にコスパのいいモデルとなっている。

バックラッシュを恐れてベイトリールを使っていない初心者の方はもちろん、これまでDC搭載リールに興味はありつつも様子見だった方にもオススメだ。

技術進化した17スコーピオンDCで快適なキャスティングを楽しんでみてはいかがだろうか。

▼2017年新作リール特集も必見!!

「2017年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア・メガバス全32モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2017.02.19

17スコーピオンDC好評発売中!

17スコーピオンDCの最安値と在庫を見る

NEW スコーピオンDC [Scorpion DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

SHAREこの記事をシェアしよう!

「17スコーピオンDC」は15メタニウムDCのコスパモデル!?主な機能はほぼ一緒のお買い得リール。