「17カルカッタコンクエストBFS」その魅力を語り尽くしてみた。軽量ルアーのベイトフィネスを堪能しよう。

「17カルカッタコンクエストBFS」その魅力を語り尽くしてみた。軽量ルアーのベイトフィネスを堪能しよう。
SHIMANO - CALCUTTA CONQUEST BFS HG

シマノ(SHIMANO)の17カルカッタコンクエストBFS (CALCUTTA CONQUEST BFS)は、シマノの人気丸型リール「カルカッタコンクエスト(カルコン)」のベイトフィネスモデルだ。

17カルカッタコンクエストBFSのベースとなるカルコンは優れた耐久性と剛性感溢れる巻き心地で、ビッグベイトや巻きもの専用リールとしてアングラーに高い人気を誇っている。

そんな巻きに特化したカルコンが、シマノの革新的なベイトフィネスリール「16アルデバランBFS」に初めて採用されたFTB (フィネスチューンブレーキシステム)を搭載し、初となる円形リールのベイトフィネス機として生まれたのが17カルカッタコンクエストBFS。

今回は、シマノの2017年新作ベイトリール「17カルカッタコンクエストBFS」について詳しくご紹介しつつ、その魅力を語り尽くしてみようと思う。

17 カルカッタコンクエストBFS (CALCUTTA CONQUEST BFS)

遠心ブレーキ(SVS)のフィーリングに近いFTBを採用!

17カルカッタコンクエストBFSは、遠心ブレーキ(SVS)のフィーリングに近いFTBを採用!

FTB (フィネスチューンブレーキシステム)

17カルカッタコンクエストBFS最大の特徴となるのは、16アルデバランBFSで初採用されたベイトフィネス対応のブレーキユニットFTB (フィネスチューンブレーキシステム)を搭載したことだ。

このFTBは、スプールの回転数に応じてマグネットの位置が動くことで、スプール自体に直接ブレーキをかけるシマノ独自の機構。

上の画像のように、17カルカッタコンクエストBFSのスプールにはブレーキユニットがないため、ベイトフィネスでの生命線となるスプール重量の軽量化に大きく貢献している。

これにより、スプールが低慣性化され、軽量ルアーでもピッチング性能が飛躍的に高まるのだ。
17カルカッタコンクエストBFSのFTB (フィネスチューンブレーキシステム)

カルコンBFSのFTB

ちなみにこのFTBは、マグネットブレーキながら、そのブレーキの効き方は、これまでシマノが得意としてきた遠心ブレーキ(SVS)のフィーリングに極めて近いと評判だ。

ブレーキ力は外部ダイヤルで簡単に調整できるので、ルアーウエイトの変化や向かい風にも、細かい調整でスピーディに対応することができる。

さらに内部のマグネットは脱着可能。

この辺りも、外部ダイヤル+遠心ブレーキ(SVS)のシューをON/OFFするところと似ており、遠心ブレーキに慣れ親しんだ方でも、ブレーキ調整に関しては親しみやすいだろう。

マイクロモジュールギアが生み出す、カルコンならではの巻き心地!

マイクロモジュールギアが生み出す、カルコンならではの巻き心地!

MICROMODULE (マイクロモジュールギア)

17カルカッタコンクエストBFSは、ベイトフィネスリールとしては初のマイクロモジュールギアを採用。

小型精密ギアが密にかみ合う新型駆動システムによりギアノイズを低減し、剛性感に滑らかさが加わったカルコンならではの官能的な巻き心地を実現している。

さらに17カルカッタコンクエストBFSは、丸型ベイトリールならではの鍛造素材を削り出して生み出されるHAGANEボディで、剛性&耐久性も抜群。

このHAGANEボディとマイクロモジュールギア、さらにX-SHIPというシマノの技術を惜しみなく使った駆動部の組み合わせにより、まさにカルコンの持つ巻き心地&巻感度の良さを受け継いでいると言えよう。

17カルカッタコンクエストBFSは、先行して販売されている16アルデバランBFSではボディ剛性に不安を感じるような釣りで活躍してくれるだろう。

高級感漂う17カルカッタコンクエストBFSのボディ

17カルカッタコンクエストBFSのボディは、メタルボディならではの重量感と素材感が高級感を醸し出す。

また、ボディ自体のデザインは、これまでのゴールドカラーではなく、ガンメタ調のカラーとなっている。

昨年登場した16スコーピオンのように伝統色を脱ぎ捨て、シンプルかつミニマルなカラーになっているのは時代の流れだろうか。

また17カルカッタコンクエストBFSは、パーミング側のサイドプレートを小径化したSコンパクトボディを採用。

手のひらへの収まりが良く、パーミング性能に優れているので、長時間の釣りでも疲れにくい。

17カルカッタコンクエストBFSの気になる重量

17カルカッタコンクエストBFSの気になる重量は200gと、ベイトフィネスリールとしては重い設計だ。

シマノから販売されているベイトフィネスリールの自重を軽い順に比較してみると、以下の通り。

  1. 16アルデバランBFS:130g
  2. 15アルデバランBFSリミテッド:140g
  3. 17スコーピオンBFS:165g
  4. 17カルカッタコンクエストBFS:200g

実に、最軽量モデルの16アルデバランBFSよりも70gも重く、同じく2017年新発売となる17スコーピオンBFSと比較しても35g重い17カルカッタコンクエストBFS。

▼こちらが17スコーピオンBFS

17スコーピオンBFSはベイトフィネスリールの名作!?成熟したシマノの技術を搭載したスタンダード機!

2017.01.19

これは、丸型リールである17カルカッタコンクエストBFSが、軽量化よりも、剛性と耐久性&巻き心地を重視した結果なのだろう。

そもそも、軽量化しすぎるとカルコン特有の重厚感という良さがなくなってしまうのかもしれない。

もちろん、カルコンユーザーならわかると思うが、重さを補うほどの官能的な良さがこのリールにはあるのだ。

ソルトのベイトフィネスにもオススメ!

17カルカッタコンクエストBFSは海水対応モデル。

バスフィッシングや渓流ルアー以外にも、ソルトウォーターのベイトフィネスでも活躍してくれるリールだ。

17カルカッタコンクエストBFSと16アルデバランBFSの違いは?

ここでは、17カルカッタコンクエストBFSと昨年登場した16アルデバランBFSを比較してみよう。

▼こちらが16アルデバランBFS

16アルデバランBFSは、ベイトフィネス最強のベイトリール!?カスタムパーツでさらにパワーアップ!

2016.04.09

17カルカッタコンクエストBFSと16アルデバランBFSのスペック比較表を作成してみた。

▼下表では、違いのあるところを赤字にしてある。

スペック 17カルカッタコンクエストBFS
HG
16アルデバランBFS
ノーマルギア
ギア比 6.8 6.5
自重 200g 130g
ブレーキタイプ FTB FTB
スプールタイプ BFS BFS
スプール材質 超々ジュラルミン 超々ジュラルミン
X-SHIP
マイクロ
モジュールギア
フレーム材質 アルミ マグネシウム
CI4+
ドライブギア材質 超高強度真鍮 超々ジュラルミン
ドラグ材質 カーボンワッシャ カーボンクロスワッシャ
エキサイティング
ドラグサウンド
ソルト対応
スプール寸(径/幅) 32mm/21mm 32mm/22mm
最大巻取長 68cm 65cm
最大ドラグ力 4.0kg 3.5kg
巻糸量(フロロ) 8lb-45m 8lb-45m
ハンドル長 42mm 42mm
ベアリング数
(S A-RB/ローラー)
12/1 9/1
価格 54,000円 46,000円

決定的な違いは、マイクロモジュールギア。

17カルカッタコンクエストBFSと16アルデバランBFSの決定的な違いは、やはりマイクロモジュールギアの有無だ。

さらに、ドライブギアの材質も17カルカッタコンクエストBFSは超高強度真鍮を採用。

16アルデバランBFSが採用する超々ジュラルミンのドライブギアは、軽さこそ優れるが、残念ながら巻き心地はカスカスであまり良くない。

適度な重さのある超高強度真鍮の方が、巻き心地には優れるのだ。

この超高強度真鍮製マイクロモジュールギアの搭載により、17カルカッタコンクエストBFSは、圧倒的に滑らかで官能的な巻き心地を実現しているのだ。

剛性を高めるアルミフレーム。

17カルカッタコンクエストBFSのボディ材質は、アルミ素材を使用している。

アルミボディは、16アルデバランBFSの採用するマグネシウムボディに軽さの面では劣るものの、剛性面では優れている。

より巻き心地を高めるために17カルカッタコンクエストBFSはアルミボディを採用しているのだろう。

大きく目を引く自重。

大きく目を引く両者の自重の違いについては上述した。

  • 17カルカッタコンクエストBFS:200g
  • 16アルデバランBFS:130g

やはり、超軽量のカーボン素材CI4+も使用している16アルデバランBFSは、圧倒的な軽さを誇っている。

スプール幅の狭い17カルカッタコンクエストBFS

次に、スプールの仕様について見てみよう。

  • 17カルカッタコンクエストBFS:スプール径32mm、スプール幅21mm、ラインキャパ8lb-45m
  • 16アルデバランBFS:スプール径32mm、スプール幅22mm、ラインキャパ8lb-45m

スプール径とラインキャパは、両者ともにまったく同じだ。

しかし、17カルカッタコンクエストBFSのスプール幅は21mmで、16アルデバランBFSの22mmよりも僅か1mmだけ狭くなっている。

ギア比はほぼ同じ

ギア比と最大巻取長について比較して見ると、

  • 17カルカッタコンクエストBFS:ギア比6.8、最大巻取長68cm
  • 16アルデバランBFS:ギア比6.5、最大巻取長65cm

とほぼ同等となっている。

ドラグは17カルカッタコンクエストBFSの方が強め。

最大ドラグ力を見ると、

  • 17カルカッタコンクエストBFS:3.5kg(カーボンクロスワッシャ)
  • 16アルデバランBFS:4.0kg(カーボンワッシャ)

と、17カルカッタコンクエストBFSは16アルデバランBFSよりも強力だ。

ただし、カーボンクロスワッシャを使っている16アルデバランBFSの方が、ドラグの滑らかさには優れているだろう。

べアリング数は17カルカッタコンクエストBFSの圧勝。

べアリング数について見てみると、17カルカッタコンクエストBFSが圧勝していることがわかる。

  • 17カルカッタコンクエストBFS:S A-RB12個、ローラー1個
  • 16アルデバランBFS:S A-RB9個、ローラー1個

17カルカッタコンクエストBFSのベアリング数は、圧巻の防錆ベアリング(S A-RB)が12個+ローラー1個で、合計13個も搭載されている。

このスペックの違いを見ても、17カルカッタコンクエストBFSが目指しているのはこれまでベイトフィネスの代表格であったワーミングではなく、より快適な軽量プラッギングだということがわかる。

解説動画

カルカッタ コンクエスト BFS HG – 製品解説ムービー in ジャパンフィッシングショー 2017

シマノより、田辺哲男プロによる17カルカッタコンクエストBFSの解説動画が公開されている。

17カルカッタコンクエストBFSのキャスティング性能の気持ち良さに衝撃を受け、冬の寒さも、時間が経つのも忘れ、思わず一日小型クランクを投げ倒してしまったという田辺哲男プロ。

釣れるリールとしての17カルカッタコンクエストBFSの魅力を存分に語っている!

ぜひチェックしてみよう!

17カルカッタコンクエストBFS (CALCUTTA CONQUEST BFS)のスペック

17カルカッタコンクエストBFSのラインナップは、ギア比6.8のHGのみ。

16アルデバランBFSの場合は、先にギア比8.0のXGが発売された後、同じ年内にギア比6.5のノーマルギアが追加されている。

17カルカッタコンクエストBFSの場合も、今後ラインナップの追加があるかもしれない。
製品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
最大
巻取長
(cm)
フロロ
巻糸量
(lb-m)
ハンドル
(mm)
ベア
リング
価格
(円)
CALCUTTA CONQUEST BFS
HG RIGHT
6.8 200 4.0 68 8-45 42 12/1 54,000
CALCUTTA CONQUEST BFS
HG LEFT
6.8 200 4.0 68 8-45 42 12/1 54,000

技術特性

  • マイクロモジュールギア
  • X-SHIP:高負荷時でも力強い巻き上げを可能にするギアシステム
  • HAGANEボディ
  • S3Dスプール:安定したキャスト性能を実現する低振動スプール
  • FTBブレーキシステム
  • Sコンパクトボディ:小径サイドプレートによりパーミング性が向上
  • エキサイティングドラグサウンド:ベイトリールながらドラグ音が鳴る機構
  • 海水対応

17カルカッタコンクエストBFSの発売日と最安値

17カルカッタコンクエストBFSの発売日は以下の通りだ。

  • LEFTモデル:2017年2月発売予定
  • RIGHTモデル:2017年5月発売予定

昨年の16アルデバランBFSと同じように、LEFTモデルが先に発売される。

今後、シマノのベイトフィネスリールは左巻きが先行して販売されるのが常識となるのかもしれない。

すでに発売開始!

17カルカッタコンクエストBFSの左巻きモデルは、すでに販売が開始されている。

また、遅れて発売となる右巻きモデルも、今のところ先行予約販売が開始されている。

17カルカッタコンクエストBFSの定価は54,000円だが、おおよその実売価格は4万円半ばくらいだろう。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

まとめ

シマノ(SHIMANO)の2017年新作ベイトリール「17カルカッタコンクエストBFS (CALCUTTA CONQUEST BFS)」は、軽量ルアーを用いたベイトフィネスを念頭に開発されたベイトフィネスリールだ。

剛性の強い丸型ボディにシマノのベイトフィネステクノロジーを組み込むことで、特にファストムービングルアーでの快適なベイトフィネスゲームを実現してくれるリールとなっている。

特に、丸型ベイトリールの名作カルカッタコンクエストXT50/51を軽量プラグを主体としたベイトフィネスゲームで使ってきたアングラーにとっては、期待の新作リールとなるだろう。

また、以前カルカッタコンクエストXT50/51でベイトフィネスを試みながらも、そのピーキーさや、天候に左右されてしまう対応力の無さをアングラーの技術でカバーしなければならないことから断念した方もいただろう。

そんな方でも、FTBを搭載してベイトフィネスに特化した17カルカッタコンクエストBFSなら、アングラーの技術をリール自体が補ってくれるので、刻々と変化する状況へも柔軟に対応し、トラブルなく快適に軽量ルアーでのベイトフィネスを楽しめるだろう。

また、近年バス釣りで流行している軽量シャッドや、人気の高い渓流ベイトフィネスにも17カルカッタコンクエストBFSは最適なリールだ。

これまでカルコンの官能的な巻き心地を味わったことのない方も、ぜひこの機会に巻く快感を味わってみてはいかがだろうか。

きっと釣りの世界が広がるはずだ。

▼2017年新作リール特集も必見!!

「2017年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア・メガバス全32モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2017.02.19

17カルカッタコンクエストBFS好評発売中!

17カルカッタコンクエストBFSの最安値と在庫を見る

カルカッタ コンクエスト BFS HG[CALCUTTA CONQUEST BFS HG]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

SHAREこの記事をシェアしよう!

「17カルカッタコンクエストBFS」その魅力を語り尽くしてみた。軽量ルアーのベイトフィネスを堪能しよう。