「2018年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア全モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

「2018年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア全モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】
2018年新作リール

今回は、2018年の新作リール、全17モデルをまとめてみた。

まとめたメーカーは、

  • シマノ(SHIMANO):7モデル
  • ダイワ(DAIWA):7モデル
  • アブガルシア(AbuGarcia):4モデル

という、主要なメーカー3社だ。

ジャンルはバス釣り向けにまとめているが、2018年に発売される新作の汎用リールや、初心者向けのバリュープライスモデルも含まれている。

もちろん、2018年に発売される、

  • ベイトリール:10モデル
  • スピニングリール:7モデル

の、両タイプのリールをまとめている。

2018年の新作リールの数は17モデルと、2017年の32モデルに対してかなり少ないラインナップとなった。それでも、個別にリールを見ていけば、かなりコアなモデルばかりで、やはり目の離せない年となりそうだ。

この記事では、2018年に発売される各リールの簡単な解説、スペックと発売時期や価格&実売価格もまとめており、今後さらに追加で2018年発売のリールがあれば追記していく予定だ。

このまとめが、皆様のご参考になれば幸いだ。

2018年新作ベイトリールの見どころ

まずは、2018年に発売される新作ベイトリールについてご紹介だ。2018年は、現在のところ10モデルの新作ベイトリールが発売されることになっている。

主要3メーカーごとの発売されるモデルはそれぞれ、

  • シマノ(SHIMANO):4モデル
  • ダイワ(DAIWA):3モデル
  • アブガルシア(AbuGarcia):3モデル

となっている。

2018年新作ベイトリールの見どころは、シマノから登場するMGL搭載のベイトリール「18バンタムMGL」、そして「18アルデバランMGL」だ。

バス釣り向けのMGL搭載ベイトリールのラインナップは、過去に4モデルあり、2018年の新モデルを追加することで合計6モデルとなった。

  • 16アンタレスDC
  • 16メタニウムMGL
  • 17クロナークMGL
  • 16カシータスMGL
  • 18バンタムMGL
  • 18アルデバランMGL

特に、2018年に追加される新モデル「18バンタムMGL」は、往年の名機「バンタム100」を知るアングラーからすれば待望のモデルだ。約40年という長い年月を経て現代に復活した新生「バンタム」は、新たな歴史を刻むモデルとなるだろう。

2018年新作ベイトリール【シマノ】

シマノ 18アンタレスDC MD

シマノ(SHIMANO)の2018年新作ベイトリール「18アンタレスDC MD」は、ビッグベイトの釣りを快適に楽しめるストロングゲームを見据えたスピード&タフネスモデルだ。

8段階に設定できる「XBブレーキ」を採用することで、空気抵抗のビッグベイトなどの大きいルアーでもストレスなくキャストすることを可能とした。

また、最大ドラグ値を6kgに高めており、精密なDCブレーキを搭載しながらも海水対応なので、バスだけでなく、様々な大型魚とのエキサイティングな釣りを楽しむことが出来るモデルとなっている。

18アンタレスDC MDの技術特性

  • マイクロモジュールギア
  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • S3Dスプール
  • サイレントチューン
  • 4×8 DC MD TUNE
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

18アンタレスDC MDのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
MD XG
RIGHT
7.8 235g 3月 76,000円 6万円後半
MD XG
LEFT
7.8 235g 5月 76,000円 6万円後半

シマノ 18アルデバランMGL

シマノ(SHIMANO)の2018年新作ベイトリール「18アルデバランMGL」は、新設計の浅溝NEWマグナムライトスプールを搭載することで、軽量ルアーがさらにキャストしやすくなった新モデルだ。

18アルデバランMGLのNEWマグナムライトスプールは、シャロースプール化しつつもスプールの側面に穴を配置。スプール重量と慣性を大幅に抑制することで、制御時のブレーキ力が軽減され、従来よりもさらに軽いルアーが飛ぶようになった。

軽量ルアーでもキャスト時にスプールの回転が即MAXスピードに加速し、飛距離性能にさらなる磨きがかかった。その守備範囲は、もはやベイトフィネスの領域にまで脚を踏み入れてしまった。

18アルデバランMGLの技術特性

  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • CI4
  • S3Dスプール
  • NEWマグナムライトスプール
  • サイレントチューン
  • SVS∞(インフィニティ)
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

18アルデバランMGLのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
30
RIGHT
6.5 135g 3月 45,300円 3万円後半
31
LEFT
6.5 135g 3月 45,300円 3万円後半
30HG
RIGHT
7.4 135g 3月 45,300円 3万円後半
31HG
LEFT
7.4 135g 3月 45,300円 3万円後半

シマノ 18バンタムMGL

シマノ(SHIMANO)の2018年新作ベイトリール「18バンタムMGL」は、およそ40年前に歴史的な名機として名を馳せた「バンタム100」が現代の最新技術を搭載して甦った新生モデル。その最大の特徴は、ロープロファイルベイトでの圧倒的な高剛性と高感度だ。

レベルワインドプロテクターとサイドプレート、メインフレームを剛性の高いアルミで一体成型した「コアソリッドボディ」を採用し、パーミング時のガタツキを極限まで低減。ボディのコンパクト化との相乗効果で、パーミング時の振動を手のひらに高感度に伝達してくれるようになっている。

18バンタムMGLの技術特性

  • マイクロモジュールギア
  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • コアソリッドボティ
  • NEWマグナムライトスプール
  • S3Dスプール
  • サイレントチューン
  • SVS∞(インフィニティ)
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

18バンタムMGLのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
MGL PG
RIGHT
5.5 215g 2月 39,000円 3万円前半
MGL PG
LEFT
5.5 215g 4月 39,000円 3万円前半
MGL
RIGHT
6.2 215g 2月 39,000円 3万円前半
MGL
LEFT
6.2 215g 4月 39,000円 3万円前半
MGL HG
RIGHT
7.1 220g 2月 39,000円 3万円前半
MGL HG
LEFT
7.1 220g 4月 39,000円 3万円前半
MGL XG
RIGHT
8.1 225g 2月 39,000円 3万円前半
MGL XG
LEFT
8.1 225g 4月 39,000円 3万円前半

シマノ 18バスライズ

シマノ 18バスライズ

シマノ 18バスライズ

シマノ(SHIMANO)
価格 ¥ 5,065〜

シマノ(SHIMANO)の2018年新作ベイトリール「18バスライズ」は、シマノの誇る確かな技術を搭載するエントリークラスベイトモデルだ。現代の釣りにマッチした基本性能を十分に備えつつ、浅溝化したスプールによりキャスト性能もアップしている。

ラインキャパは150番となっており、太糸に対応しつつも慣性が抑えられ、キャスト性能も向上。ブレーキは、簡単に操作できるイージーマグを採用しているので、初心者でも安心だ。

18バスライズの技術特性

  • イージーマグ機構搭載
  • ラインキャパ16lb-100m
  • 巻きやすいハンドル長42mm

18バスライズのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
バスライズ 7.2 未定 5月 未定 5千円前半
バスライズ
(3.5号糸付)
7.2 未定 5月 未定 5千円前半

2018年新作ベイトリール【ダイワ】

ダイワ 18リョウガ

ダイワ 18リョウガ

ダイワ 18リョウガ

ダイワ(DAIWA)
価格 ¥ 48,384〜

ダイワ(DAIWA)の2018年新作ベイトリール「18リョウガ」は、超高剛性高精度マシンカットスーパーメタルハウジングに、独自の精密マシンカットを採用することで、強靭かつパーミング性能が向上。

また、18リョウガは新たに、巻き感度を追求した新設計「DR(Ditective Rotation)」デザインを採用。その高次元の巻き感度は、強靭なボディと、力まず軽く握れるパーミング性能との相乗効果で、水中のあらゆる状況を明確に手元まで伝えてくれる。巻き物に最適化された、まさに巻き物リールの頂点がここに誕生した。

18リョウガの技術特性

  • ゼロアジャスター
  • ハイグリップIシェイプ ライトノブ
  • マグシールドボールベアリング
  • ハイパーメッシュギアシステム
  • ATD(オートマチックドラグシステム)
  • マグフォースV/Z
  • UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
  • スピードシャフト

18リョウガのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
1016-CC 5.4 255g 3月 56,000円 4万円後半
1016L-CC 5.4 255g 3月 56,000円 4万円後半
1016H 6.3 255g 3月 56,000円 4万円後半
1016HL 6.3 255g 3月 56,000円 4万円後半
1520-CC 5.4 270g 3月 56,500円 4万円後半
1520L-CC 5.4 270g 3月 56,500円 4万円後半
1520H 6.3 270g 3月 56,500円 4万円後半
1520HL 6.3 270g 3月 56,500円 4万円後半

ダイワ 18ジリオンTW HD

ダイワ 18ジリオンTW HD

ダイワ 18ジリオンTW HD

ダイワ(DAIWA)
価格 ¥ 39,744〜

ダイワ(DAIWA)の2018年新作ベイトリール「18ジリオンTW HD」は、タフコンセプトベイトである「ジリオンTW」シリーズに、待望の「G1ジュラルミン製DEEPスプール」を搭載し、パワーフィッシングを極めたモデルとなっている。

また、ギヤー側アルミサイドプレートとアルミセットプレートに、アルミ強化ハウジングを採用。100mmアルミクランクハンドルとパワーラウンドEVAノブも加わり、よりパワフルな巻きを実現している。マグシールドBB、オールCRBBを採用し、ソルトにも対応しており、耐久性も抜群だ。

18ジリオンTW HDの技術特性

  • マグシールドボールベアリング
  • TWS(T-ウイングシステム)
  • UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
  • G1ジュラルミン製マグフォーススプール
  • タフコンセプトベイト
  • ハンドル側サイドプレート&アルミセットプレート
  • 10BB(オールCRBB)
  • アルミクランク100mm+パワーラウンドEVAノブ

18ジリオンTW HDのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
1520-CC 5.5 230g 5月 46,000円 4万円前半
1520L-CC 5.5 230g 5月 46,000円 4万円前半
1520H 6.3 230g 3月 46,000円 4万円前半
1520HL 6.3 230g 3月 46,000円 4万円前半
1520SH 7.3 230g 3月 46,000円 4万円前半
1520SHL 7.3 230g 3月 46,000円 4万円前半

ダイワ 18SV ライト リミテッド

ダイワ(DAIWA)の2018年新作ベイトリール「18SV ライト リミテッド」は、並木敏成が監修したSVコンセプトの進化形モデルだ。

小径φ32mmG1SVLIGHTスプールを初めて搭載することで、どんな状況にも対応可能なバーサタイル性能を実現。さらに、ベイトフィネスリールにも匹敵するほどの軽量ルアーの快適な操作性を得ている。

18SV ライト リミテッドの技術特性

  • G1ジュラルミン製超高精度φ32SVスプール
  • 高精度マシンカット エアメタルハウジング
  • ザイオンスタードラグ
  • ハイグリップIシェイプ ライトノブ
  • SVコンセプト
  • エアブレーキシステム
  • UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
  • スピードシャフト

18SV ライト リミテッドのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
6.3R-TN 6.3 148g 3月 48,500円 4万円前半
6.3L-TN 6.3 148g 3月 48,500円 4万円前半
8.1R-TN 8.1 153g 3月 48,500円 4万円前半
8.1L-TN 8.1 153g 3月 48,500円 4万円前半

2018年新作ベイトリール【アブガルシア】

アブガルシア レボ ウィンチ

アブガルシア(AbuGarcia)の2018年新作ベイトリール「レボ ウィンチ」は、アメリカ生まれのウインチシリーズの、マグナムクランク対応モデルだ。

ビッグクランク向けのギヤ比5.4を採用し、ハイパワーで頑強な大口径ブラスギヤ、ドラグMAX11kg、フルロックに近いパワースタックカーボンドラグを搭載。まさに、ビッグレイク&ビッグフィッシュを前提とした釣りで大活躍するスペックを完備している。

また、フルサイズの頑強コンパクトリールながらも中級価格であることも大きな魅力のひとつだ。

レボ ウィンチの技術特性

  • 高耐久X-CRAFTICフレーム
  • インフィニブレーキシステム
  • パワースタックカーボンマトリックスドラグ
  • デュラギア大口径ブラスギア
  • D2ギヤデザイン
  • デュラクラッチ
  • 33mm径アルミマシンカットディープスプール
  • リセスドリールフット
  • 95mmクランクハンドル+ビックフラットEVAノブ
  • 連結式サイドプレート
  • C6カーボンクランクサイドプレート
  • インフィニスプールデザイン

レボ ウィンチのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
REVO WINCH 5.4 214g 1月 26,500円 2万円前半
REVO WINCH-L 5.4 214g 1月 26,500円 2万円前半

アブガルシア レボSX

アブガルシア(AbuGarcia)の2018年新作ベイトリール「レボSX」は、低価格ながらフルサイズ、ハイパワー、頑強コンパクトを実現したベイトリールだ。

価格を抑えつつも、上位モデルにも搭載されている、ハイパワー頑強大口径ブラスギヤ、ドラグMAX11kg、パワースタックカーボンドラグを採用。また、あらゆる風に対応可能な「IBブレーキ」も搭載し、刻々と変化するフィールドの状況に柔軟に対応可能だ。ギア比には、オールマイティに使える7.3と、巻物に適した6.6をラインナップしている。

レボSXの技術特性

  • 高耐久X-CRAFTICフレーム
  • インフィニブレーキシステム
  • パワースタックカーボンマトリックスドラグ
  • デュラギア大口径ブラスギア
  • D2ギヤデザイン
  • デュラクラッチ
  • 33mm径アルミマシンカットスプール
  • インフィニスプールデザイン
  • リセスドリールフット
  • 90mmクランクハンドル+ビックフラットノブ
  • C6カーボンサイドプレート

レボSXのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
Revo SX 6.6 222g 1月 21,500円 1万円半ば
Revo SX-L 6.6 222g 1月 21,500円 1万円半ば
Revo SX-HS 7.3 222g 1月 21,500円 1万円半ば
Revo SX-HS-L 7.3 222g 1月 21,500円 1万円半ば

アブガルシア レボX

アブガルシア(AbuGarcia)の2018年新作ベイトリール「レボX」は、1万円前半から購入可能というリーズナブルなレボシリーズだ。

価格を抑えてはいるが、そのスペックは、フルサイズかつハイパワーな頑強コンパクトリールだ。高耐久ハイパワー大口径ブラスギヤに、ハイブリッドカーボンマトリックスドラグも搭載。ブレーキにはマグトラックスブレーキを採用。ギヤ比は、巻き物に最適の6.6、オールマイティに使える7.3、ジグやワーミングに適した8.1と、幅広いラインナップを揃えており、自分の釣りに合わせて選ぶことが可能だ。

レボXの技術特性

  • 高耐久X-CRAFTICフレーム
  • マグトラックスIIIブレーキシステム
  • ハイブリッドカーボンマトリックスドラグ
  • デュラギア大口径ブラスギア
  • D2ギヤデザイン
  • デュラクラッチ
  • リセスドリールフット
  • 90mmクランクハンドル+ビックフラットノブ

レボXのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
Revo X 6.6 224g 2月 15,000円 1万円前半
Revo X-L 6.6 224g 2月 15,000円 1万円前半
Revo X-HS 7.3 224g 2月 15,000円 1万円前半
Revo X-HS-L 7.3 224g 2月 15,000円 1万円前半
Revo X-W 8.1 224g 2月 15,000円 1万円前半
Revo X-W-L 8.1 224g 2月 15,000円 1万円前半

2018年新作スピニングリールの見どころ

次に、2018年に発売される新作スピニングリールについてご紹介。

2018年は、現在のところ7モデルの新作スピニングリールが発売される。

発売されるモデルは、メーカーごとにそれぞれ、

  • シマノ(SHIMANO):2モデル
  • ダイワ(DAIWA):4モデル
  • アブガルシア(AbuGarcia):1モデル

となっている。

2018年新作スピニングリールの見どころは、ダイワが新たに提案する「LT(ライトタフ)」コンセプトを搭載した新モデル群だろう。

その頂点を極めるダイワの汎用スピニングリールのフラッグシップモデル「18イグジスト」に始まり、コスパに優れたミドルクラスのモデル「18カルディア」、低価格帯でコスパ最強の「18フリームス」そして、バス釣り向けにブラッシュアップされた「18タトゥーラ スピニングモデル」。

登場した初年度から、性能、価格共に幅広いライナップを取り揃えているところに、ダイワが「LT(ライトタフ)」コンセプトに相当な自信を持っていることを知ることが出来る。

昨年度は、「17セオリー」とその派生モデルが衝撃のデビューを迎え、まさに「15イグジスト」、「15フリームス」が相対的に色褪せて見えていたところに、この「LT(ライトタフ)」コンセプトの登場。今年もダイワのスピニングリールが熱い。

2018年新作スピニングリール【シマノ】

シマノ 18ステラ

シマノ(SHIMANO)の2018年新作スピニングリール「18ステラ」は、14ステラのゴールドをあしらったデザインから、シルバーを基調としたミニマルなモダンデザインへとその姿を変え、フラッグシップモデルとしての圧倒的な性能を更に向上させての登場となった。

「永遠に変わらない滑らかな巻きごこちを求めて。」というコンセプトの通り、歯車の歯ひとつに至るまで設計にこだわった「マイクロモジュールギアⅡ」や、巻き上げ時のかすかなカタカタ感などを徹底的に排除する「新設計サイレントドライブ」など、滑らかな回転性能を持続させるための最新技術を数多く搭載している。

さらに、18ステラは耐久面でも進化しており、ボディ、ラインローラーに防水性をアップさせた「Xプロテクト」を採用しており、ステラならではのスムーズさと静音性を余すことなく発揮してくれる。

18ステラの技術特性

  • HAGANEギア
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • Xプロテクト
  • サイレントドライブ
  • Gフリーボディ
  • AR-Cスプール
  • E.I.(超防錆処理)
  • リジッドサポートドラグ
  • S A-RB
  • ワンピースベール
  • 海水OK

18ステラのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
1000SSSPG 4.6 165g 3月 79,800円 7万円半ば
1000SSSDH 5.1 175g 3月 80,800円 7万円半ば
C2000S 5.1 170g 3月 79,800円 7万円半ば
C2000SHG 6.1 170g 3月 79,800円 7万円半ば
C2500SHG 6.0 180g 3月 80,900円 7万円半ば
2500S 5.3 205g 3月 81,900円 7万円半ば
2500SHG 6.0 205g 3月 81,900円 7万円半ば
C3000 5.3 210g 3月 81,900円 7万円半ば
C3000SDHHG 6.0 215g 3月 84,000円 8万円後半
C3000XG 6.4 210g 3月 81,900円 7万円半ば
C3000MHG 6.0 210g 3月 81,900円 7万円半ば
3000MHG 5.8 225g 3月 83,000円 8万円後半
4000 5.3 255g 3月 83,000円 8万円後半
4000XG 6.2 255g 3月 83,000円 8万円後半
4000MHG 5.8 255g 3月 83,000円 8万円後半
C5000XG 6.2 260g 3月 85,900円 8万円後半

シマノ 18ネクサーブ

シマノ(SHIMANO)の2018年新作スピニングリール「18ネクサーブ」は、バリューモデルでありつつも、クラスを超えた高級感を備えた、”使える”軽快スマートモデルだ。

その高級感の秘密は、この価格帯では例のない高輝度の塗装や、高級感を演出するメッキパーツを各部に採用。さらに、スプールに飾り穴加工を施すことでスタイリッシュな印象を高めている。

性能面でも、「AR-Cスプール」を搭載することで、ライントラブルを抑制。また海水にも対応しているので、バス釣りはもちろん、ソルトなどあらゆる釣りを楽しむことが出来る。

18ネクサーブの技術特性

  • AR-Cスプール
  • 海水OK

18ネクサーブのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
1000
2号-100m糸付
5.0 215g 3月 バリュープライス 6千円前半
1000 5.0 215g 3月 バリュープライス 6千円前半
C2000S 5.0 225g 3月 バリュープライス 6千円前半
C2000S HG 6.0 225g 3月 バリュープライス 6千円前半
2500
2.5号-150m糸付
5.0 255g 3月 バリュープライス 6千円前半
2500 5.0 255g 3月 バリュープライス 6千円前半
2500HG 6.2 255g 3月 バリュープライス 6千円前半
2500S 5.0 270g 3月 バリュープライス 6千円前半
2500S
PE1号-100m糸付
5.0 270g 3月 バリュープライス 6千円前半
C3000 5.0 260g 3月 バリュープライス 6千円前半
C3000HG
3号-150m糸付
6.2 260g 3月 バリュープライス 6千円前半
C3000HG 6.2 260g 3月 バリュープライス 6千円前半
C3000DH 5.0 280g 3月 バリュープライス 6千円前半
4000 5.2 325g 3月 バリュープライス 6千円前半
4000HG
4号-150m糸付
5.8 325g 3月 バリュープライス 6千円前半
4000HG 5.8 325g 3月 バリュープライス 6千円前半
C5000HG
5号-150m糸付
5.8 320g 3月 バリュープライス 6千円前半
C5000HG 5.8 320g 3月 バリュープライス 6千円前半

2018年新作スピニングリール【ダイワ】

ダイワ 18イグジストLT

ダイワ(DAIWA)の2018年新作スピニングリール「18イグジストLT」は、フラッグシップモデル「イグジスト」をダイワの持つ60年の技術を結集させてリニューアルした待望の新モデルだ。

強度を保ちつつも、極限の軽量化を高次元で実現した「18イグジストLT」。そこに使われている技術は、コンパクト化と堅牢化を共存させる新たな「モノコックボディ」や、極薄加工のスプールによるもので、まさに職人技とも言えるほどの極限の加工技術を駆使している。

さらに、新開発の「タフデジギヤ」や「ザイオンエアローター」を採用することにより、精緻かつ軽く滑らかな巻き心地を実現。軽量化との相乗効果により、抜群の巻感度を生み出している。

耐久面では、ラインローラー・メインシャフト・ドライブギヤ軸に「マグシールド」を惜しみなく装備することで、初期性能を限りなく長く継続する究極の耐久性を得ている。これに加え、継ぎ目のない「モノコックボディ」の密閉性により、外部からの塵や水分を徹底ガード。過酷な環境下での酷使にも耐え切る強靭なリールに仕上がっている。

ただし、「18イグジスト」にはオリジナルモデルとは別に、新たにフィネスカスタム(FC)モデルがラインナップされることとなった。このフィネスカスタム(FC)モデルには、マグシールドラインローラー、マグシールドボールベアリングが採用されていないのが特徴だ。軽量化を極めることで、より繊細な釣りを高次元でこなすことが出来るということだ。

18イグジストLTの技術特性

  • タフデジギヤ
  • モノコックボディ
  • マグシールド
  • ATD
  • ZAIONエアローター
  • エンジンプレート
  • 新設計防水ストッパー
  • 新脚裏形状
  • シームレス新形状エアベール
  • 2BBラインローラー/ツイストバスターⅡ
  • マシンカットハンドル
  • ハイグリップ軽量ハンドルノブ(T型/I型)
  • 新形状パーフェクトラインストッパー
  • クロスラップ
  • 新形状リールバッグ

18イグジストLTのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
FC LT1000S-P 4.9 150g 3月 67,000円 7万円前半
FC LT2000S-P 4.9 155g 3月 67,500円 7万円前半
FC LT2000S-H 5.8 155g 3月 67,500円 7万円前半
FC LT2500S-C 5.1 160g 3月 68,000円 7万円前半
FC LT2500S-CXH 6.2 160g 3月 68,000円 7万円前半
LT2500 5.2 180g 2月 69,000円 7万円前半
LT2500-XH 6.2 180g 2月 69,000円 7万円前半
LT3000S-C 5.2 185g 2月 70,000円 7万円前半
LT3000S-CXH 6.2 185g 2月 70,000円 7万円前半
LT3000-CH 5.7 185g 2月 70,000円 7万円前半
LT3000-XH 6.2 195g 2月 71,000円 7万円半ば
LT4000-C 5.2 205g 2月 72,000円 7万円半ば
LT4000-CXH 6.2 205g 2月 72,000円 7万円半ば

18イグジストLTの詳細

「18イグジスト」ダイワのLTコンセプトにより、圧倒的な軽さと強さを誇る最強スピニングリール!

2018.03.15

ダイワ 18カルディアLT

ダイワ(DAIWA)の2018年新作スピニングリール「18カルディアLT」は、中位クラスの汎用スピニングリール「カルディア」が、小型スピニングリール新基準「LT」によって新次元の軽さと耐久性を手に入れたリニューアルモデルだ。

「LT」コンセプトとは、「Light(ライト)」&「Tough(タフ)」の略で、文字通り「軽さ」と「強さ」という相反する性能を両立させるというものだ。

耐久性においては、ダイワの誇る技術「マグシールド」や、滑らかな回転を持続する「タフデジギア」を搭載することで、耐久性と耐水性を向上。長期間の使用や過酷な環境での使用でも回転性能が落ちにくく、サビに対しても強さを発揮する。

このような耐久性と強度を保ちながらも、ボディやスプール、さらにハンドルなどの各パーツを見直すことによって、その軽さは2500番サイズ以下で200gを切る驚異的な軽さを手に入れている。

中級というクラスを超えた軽量性と耐久性により、旧モデルを超えるリーリング感覚と操作性を実現した「18カルディアLT」。バス釣りからライトゲームやシーバス、ジギングまで様々な釣りで大活躍してくれるスピニングリールだ。

18カルディアLTの技術特性

  • エアベール
  • ツイストバスターII
  • マグシールド
  • エアローター
  • 薄肉アルミ製スプール
  • ロングキャストABS (LC-ABS)

18カルディアLTのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
LT1000S-P 4.8 170g 3月 21,900円 1万円後半
LT2000S 5.2 170g 3月 21,900円 1万円後半
LT2000S-XH 6.2 170g 3月 21,900円 1万円後半
LT2500 5.3 190g 3月 22,500円 1万円後半
LT2500-XH 6.2 190g 3月 22,500円 1万円後半
LT2500S 5.3 185g 5月 22,500円 1万円後半
LT2500S-XH 6.2 185g 5月 22,500円 1万円後半
LT3000-CXH 6.2 195g 3月 23,800円 2万円前半
LT4000-CXH 6.2 225g 3月 26,500円 2万円前半
LT5000D-CXH 6.2 240g 3月 28,300円 2万円半ば
LT6000D 5.1 315g 3月 29,500円 2万円半ば

18カルディアLTの詳細

「18カルディア」ダイワのLTコンセプトにより、クラスを超えた軽さと強さを手に入れた理想形スピニングリール!

2018.03.07

ダイワ 18タトゥーラ スピニングモデル

ダイワ 18タトゥーラ スピニングモデル

ダイワ 18タトゥーラ スピニングモデル

ダイワ(DAIWA)
価格 ¥ 19,440〜

ダイワ(DAIWA)の2018年新作スピニングリール「18タトゥーラ スピニングモデル」は、バスフィッシングの本場アメリカで磨き上げられてきた「タトゥーラ」ブランドのスピニングモデルだ。

今や全米でのメインブランドともなった「タトゥーラ」ブランド。これまでベイトリールやロッドなどのアイテムを展開してきたが、遂に生まれた待望の「世界標準」スピニングリールが「18タトゥーラ スピニングモデル」だ。

2018年のダイワの目玉ともなるスピニングリールの新基準「LTコンセプト」を組み込んでおり、コンセプト通り「軽さ」と「耐久性」という相反する要素を両立。

さらに、大口径ドラグノブ、ATD、タフデジギヤ、ロングキャストABSスプールも搭載。バスフィッシングを楽しめるようにブラッシュアップされ、スピニングリールとしての高度な性能に加え、バス釣り特有の繊細かつアグレッシブな釣りにも完全対応できるギミックを完全装備している。

これまでのベイトリール「タトゥーラ」シリーズ同様、手に持つだけでワクワクするような新モデルとなっている。

18タトゥーラ スピニングモデルの技術特性

  • ロングキャストABS (LC-ABS)
  • パーフェクトラインストッパー
  • ATD(オートマチックドラグシステム)
  • エアローター
  • ZAION(ザイオン)
  • デジギヤII
  • DS5(ローター素材)
  • エアベール
  • ツイストバスターII
  • ラインローラーBB(1BB)
  • ローターブレーキ
  • シャワー洗浄可

18タトゥーラ スピニングモデルのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
LT2000S-XH 6.2 170g 5月 22,200円 1万円後半
LT2500S 5.3 190g 5月 22,700円 1万円後半
LT2500S-XH 6.2 190g 5月 22,700円 1万円後半

18タトゥーラ スピニングモデルの詳細

「18タトゥーラ スピニングモデル」ダイワのLTコンセプトを採用し、バス釣りに特化した高スペックスピニングリール!

2018.03.13

ダイワ 18フリームスLT

ダイワ(DAIWA)の2018年新作スピニングリール「18フリームスLT」は、小型スピニングリール新基準「LT(ライト・タフ)」コンセプトを採用し、現代の釣りに最適化されたサイズ設計に生まれ変わったスピニングリールだ。

前モデルに比べて大幅な軽量化に成功。必要十分な強度を保持しつつ、ボディ、スプール、ハンドルなどのパーツをブラッシュアップして軽量化。感度、操作性ともに磨きがかかった。

もちろん、軽量化しつつも強度と耐久性も疎かにはしていない。18フリームスLTには、ダイワの誇る優れた防水機構「マグシールド」や、滑らかな回転がより長く続く「タフデジギア」等の技術を惜しみなく搭載。過酷な環境にも対応し、今まで以上に長く愛用できるタフなリールとなっている。

18フリームスLTの技術特性

  • エアベール
  • ツイストバスターII
  • マグシールド
  • エアローター
  • 薄肉アルミ製スプール
  • ロングキャストABS (LC-ABS)

18フリームスLTのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
LT1000S 5.2 185g 3月 15,800円 1万円前半
LT2000S 5.2 190g 3月 15,800円 1万円前半
LT2000S-XH 6.2 190g 3月 15,800円 1万円前半
LT2500D 5.3 205g 1月 16,800円 1万円前半
LT2500S-XH 6.2 205g 1月 16,800円 1万円前半
LT2500S-DH 5.3 220g 1月 17,800円 1万円前半
LT3000D-C 5.3 215g 1月 16,800円 1万円前半
LT3000S-CXH 6.2 215g 1月 16,800円 1万円前半
LT3000 5.2 225g 1月 18,500円 1万円半ば
LT4000D-C 5.2 240g 1月 18,500円 1万円半ば
LT4000D-CXH 6.2 240g 1月 18,500円 1万円半ば
LT5000D-C 5.2 250g 1月 19,500円 1万円半ば
LT5000D-CXH 6.2 250g 1月 19,500円 1万円半ば
LT6000D-H 5.7 330g 3月 20,000円 1万円半ば

18フリームスLTの詳細

「18フリームス」ダイワのLTコンセプトで衝撃の高スペックを実現した低価格スピニングリール!

2018.03.11

2018年新作スピニングリール【アブガルシア】

アブガルシア レボ エムジーエクストリーム スピニング

アブガルシア レボ エムジーエクストリーム スピニング

アブガルシア レボ エムジーエクストリーム スピニング

アブガルシア(AbuGarcia)
価格 ¥ 42,500〜

アブガルシア(AbuGarcia)の2018年新作スピニングリール「レボ エムジーエクストリーム スピニング」は、軽量かつ低慣性モーメントの最新型ローターを搭載した、超軽量モデルだ。

2500番クラスで自重170gという驚異的な軽さを実現し、感度も操作性も非常に高く、リアルフィネスを快適に楽しめるリールとなっている。また、グリップにはコルクを採用し、他のブランドにはない、アブガルシアならではのオシャレで味のあるデザインも光る。

レボ エムジーエクストリーム スピニングの技術特性

  • ソルトシールドベアリング
  • HPCRベアリング
  • 低慣性モーメント軽量CMgローター
  • AMギアリングデザイン
  • COGギアデザイン
  • ワンピースFeathermetalギアボックス
  • C6カーボンステム
  • ロケットラインマネジメントシステム
  • カーボンマトリックスドラグ
  • マシンカットオシレーションギヤ
  • ウォーターシールドCarbon Matrixドラグシステム
  • アルミユニフローベール
  • Duracarbonハンドル+コルクハンドルノブ
  • Always-ONインスタントアンチリバース(ON-OFFレバーなし)
  • 超々ジュラルミンメインシャフト
  • シンカーキーパー付属
  • EVAハンドルノブアッセンブリー付属
  • コルクハンドルノブ(交換用)付属

レボ エムジーエクストリーム スピニングのスペック

ラインナップ ギヤ比 自重 発売日 価格 実売価格
1000S 4.7 155g 3月 42,500円 4万円前半
2000S 4.7 160g 3月 43,000円 4万円前半
2000SH 6.2 160g 3月 43,000円 4万円前半
2500S 4.7 170g 3月 43,500円 4万円前半
2500SH 6.2 170g 3月 43,500円 4万円前半
3000SH 6.2 175g 3月 44,000円 4万円前半

2018年新作リール全モデルのまとめ

以上が、2018年新作リール全モデルのまとめだ。年々、技術の向上によりリールのスペックが上がっているものの、価格は据え置きのものが多く、以前と同じ価格で高品質のリールが使えるようになってきている。

特にミドルクラスモデルのコストパフォーマンスはここ数年で飛躍的に高まっており、アングラーにとっては嬉しい限りだ。

▼2017年に登場したリールのまとめはコチラ。

「2017年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア・メガバス全32モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2017.02.19

関連商品

SHAREこの記事をシェアしよう!

「2018年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア全モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】