バンタム「コザック」はシャッドとクランクの中間的ルアー?なぜ投げて巻くだけで釣れてしまうのか?

シマノ(SHIMANO)
バンタム「コザック」はシャッドとクランクの中間的ルアー?なぜ投げて巻くだけで釣れてしまうのか?

シマノのバンタム(Bantam)「コザック (KoZaK)」は、バンタムシリーズ2作目となるクランクベイト。

1作目の「マクベス」がカバークランクだったのに対し、「コザック」は投げて巻くというクランクベイトの基本を形にしたバーサタイルクランクとなっています。

コザックとマクベスの違い
  • コザック:巻きに特化したクランクベイト
  • マクベス:カバー特化型クランクベイト

バーサタイルクランクとなる「バンタム コザック」は、低速巻きから早巻きまで、あらゆるリトリーブスピードに対応するクランクベイト。

タイプもSR、MR、DRと3タイプラインナップされ、シャローから中層、ボトムまで多様なレンジを巻いて来ることが出来ます。

障害物に積極的に当てて使うカバー攻略に特化した「マクベス」に対して、「コザック」は主にオープンウォーターで巻いて使うクランクベイトです。

もちろん回避能力もあるので、軽めのカバーに当てて使うことも可能です。

▼マクベスの詳細はコチラ

巻きに強いクランクベイトは、すでに数多く存在しているのも確かです。

しかし、「コザック」の特徴を詳しく見ていくと、やはり従来のクランクベイトにはない多くの新しい工夫を見つけることが出来ます。

今回は、シマノのバンタム(Bantam)「コザック (KoZaK)」について詳しくご紹介します。

「バンタム コザック」の使い方と特徴

シマノ(SHIMANO) バンタム コザック
シマノ(SHIMANO)
バンタム「コザック」はシャッドとクランクの中間的ルアー?なぜ投げて巻くだけで釣れてしまうのか?

「コザック」は基本、投げて巻くだけで釣れるクランクベイト

「コザック」という名前は、スキー競技モーグルの基本的な技から由来しており、クランクベイトとしての「基本」を求めてのネーミングがされています。

また、開発者である山木一人プロが、

投げて巻いて釣るクランクにおいて、こうだったらいいなという理想を追求したのがコザックなんだ

と言っているように、「コザック」は投げて巻いて釣っていくことを目的として作り込まれたクランクベイト。

障害物やボトムに当てることで、バイトチャンスを意図的に作り出して使うようなクランクベイトではなく、魚のいる所をガンガン通して釣っていくスタイルの、まさしくベーシックなクランクベイトです。

もちろん、「コザック」にはある程度の障害物回避能力もあるので、軽いストラクチャーに当てて使うことも可能です。

それでは、「コザック」が何故ただ巻くだけで釣れるクランクベイトなのか、その秘密に迫っていきます。

タイトなロール系アクションで、高速巻きにも完全対応

「コザック」のアクションは、クランクベイトによくあるウォブリングアクションではなく、巻き抵抗を抑えたロールを軸としたタイトアクションが特徴。

そのため、アクション時のバランスを保ちやすく、高速巻きでも安定したアクションを実現しています。

また、巻き抵抗が抑えられているので、長時間巻きまくっていても疲れにくいのもメリット。

まさに、巻きに特化したクランクベイトなのです。

もちろん、スローリトリーブでもしっかりと水を噛んでくれるので、低速でのアクションでもバランス良く動いてくれます。

中層のバスに、違和感を与えず食わすことが可能

シャローベントリップを採用したコザック
シャローベントリップ

「コザック」のリップには、独自のフォルム「シャローベントリップ」を採用。

このシャローベントリップにより、「コザック」は水平に近いアクション姿勢を実現しています。

通常のクランクベイトの場合、潜る時の姿勢はどうしても頭を下げた姿勢になってしまいます。

これは、ボトムをついばむベイトフィッシュを演じる場合には良いのですが、中層に浮いているバスを狙う場合には違和感のある姿勢となってしまいます。

このように、高速巻きに対応しつつも、水平姿勢を保てるところが「コザック」の強み。

これまで、高速巻きが出来たクランクベイトでも、頭下がりの潜行姿勢に違和感を持ってバイトに至らなかったバスも多くいたはず。

そんなバスたちを取ることが出来るのが「コザック」です。

低速〜高速まで水平姿勢を崩さないので、その日の状況を自分で試しながら探ることで、釣れるリトリーブ速度を効率的に探せるのも「コザック」の良いところです。

シャッドとクランクの中間的なイメージで使える

「コザック」のアクションは、巻き抵抗を抑えたロール系アクションなので、ウォブリング系アクションのように水を派手に押さず、通常のクランクベイトに対してはアピール力は控えめに設定されています。

山木一人プロが、

シャッドじゃ弱いけど、ラウンドのクランクじゃ強いという時に、どこでも使えるクランク

と言うように、「コザック」はシャッドとクランクの中間的なイメージで使うことが出来るルアーです。

アピール力の強さ

ミノー > シャッド > コザック >クランクベイト

同じくバンタムのシャッドルアーには、昨年登場した「パブロシャッド」があります。

このパブロシャッドはダートアクションなどのトリッキーなアクション以外にも、高速巻きにも対応しており、巻いて釣れるシャッドルアーでした。

▼パブロシャッドの詳細はコチラ

この「パブロシャッド」ではアピール力が弱いかな?という状況で活躍するのが「コザック」。

コザックの場合は、ダート系のアクションは厳しいですが、ボトムにコツコツ当てて使うことは出来きます。

ある程度シャッドルアーとアクションの互換性もあるので、シャッド感覚で使えるクランクベイトと考えても良さそうです。

コザックのスペック

「コザック」のラインナップ
コザックSR、MR、DR

「コザック」のラインナップは、SR(シャローレンジ)、MR(ミディアムレンジ)、DR(ディープレンジ)の3タイプ。

各タイプともにそれぞれ12色ずつのカラーバリエーションがあります。

名称サイズ重量潜行深度価格(税抜)
KoZaK SR54mm8g約1.0m1,450円
KoZaK MR54mm8g約1.5m1,450円
KoZaK DR54mm8g約2.5m1,450円
  • フックサイズ:TBL930 #6×2
  • フローティングタイプ
  1. Yマットタイガー
  2. ゴーストワカサギ
  3. モロコ
  4. シャンパンブラウン
  5. イブシギン
  6. ローアユ
  7. クロキン
  8. ライムチャート
  9. パーチ
  10. ブルーチャート
  11. Gセクシーシャッド
  12. ピンクヘッドクラウン

コザックをお得に買う方法

シマノ(SHIMANO) バンタム コザック
シマノ(SHIMANO)
バンタム「コザック」はシャッドとクランクの中間的ルアー?なぜ投げて巻くだけで釣れてしまうのか?

バンタム コザックは、価格競争が激しいネットショップなら安く購入しやすいです。

また、ネットショップはカラーバリエーションも充実しているので、好きなカラーとタイプの組み合わせを選べて便利。

価格の安いショップは先に完売してしまうことが多いので、気になる方はお早めに。

まとめ

バンタム「コザック」は、バンタムシリーズ2作目となるクランクベイトです。

投げて巻くというクランクベイトの基本を形にしたバーサタイルクランクで、低速巻きから早巻きまで、あらゆるリトリーブスピードに対応。

タイプもSR、MR、DRと3タイプラインナップされ、シャローから中層、ボトムまで多様なレンジを巻いて来ることが出来ます。

コザックの控えめなロール系アクションは、あらゆるレンジで水平姿勢を保ち、これまでのクランクベイトを見切っていたバスも取れる力を持っています。

主にオープンウォーターで巻いて使うクランクベイトでもありますが、回避能力もあるので、軽めのカバーに当てて使うことも可能。

通常のクランクベイトよりもアピール力は控えめなので、シャッドでは弱いかなというような状況で投入したいルアーです。

▼バンタムルアーのまとめもチェック!