16スティーズSV TWを徹底解剖!新機構TWS搭載の極限ベイトリール!カスタムパーツでさらにパワーアップ!

16スティーズSV TWを徹底解剖!新機構TWS搭載の極限ベイトリール!カスタムパーツでさらにパワーアップ!
DAIWA - STEEZ SV TW

16スティーズSV TW (STEEZ SV TW)は、ダイワが誇るフラグシップブランド「スティーズ」の最新ベイトリールだ。

スティーズ(STEEZ)ブランドのベイトリールは、今からちょうど10年前の2006年に誕生した。

ダイワのフラッグシップモデルとして登場した初代のスティーズ103Hは、自重155gという超軽量化を実現して世界中を驚愕させた。

▼コチラが初代スティーズ103H

それから10年経った現在でも自重155gといえば、ベイトリールの軽量モデルに分類されることを考えれば、当時のスティーズ登場による衝撃の大きさは計り知れない。

その後、初代スティーズ103Hに続いて、スティーズシリーズにはこれまで6つのモデルが登場しており、モデル数の多さからも人気の高さを知ることが出来る。

スティーズ誕生から節目の10年となる2016年、新たなスティーズがフルモデルチェンジし、7代目のモデル16スティーズSV TWとして新登場する。

今回は、ダイワの2016年ベイトリール「16スティーズSV TW」について詳しくご紹介しようと思う。

16 スティーズSV TW (STEEZ SV TW)

16 スティーズSV TW (STEEZ SV TW)

DAIWA – STEEZ SV TW

2016年に新登場したダイワのフラッグシップベイトリール「16スティーズSV TW」。

▼その大きな特徴は下記の9つだ。

  1. ターンアラウンド式TWSの搭載(スティーズシリーズ初)
  2. SVスプールの採用
  3. 自重は160g(本体自重は変わらず、各パーツは軽量化)
  4. 大口径G1ジュラルミンドライブギア採用
  5. エアブレーキシステム採用
  6. 再調整不要のゼロアジャスター
  7. ボディの軽量化と高剛性化
  8. グリッピングしやすいボディフォルム
  9. ソルトウォーター対応モデルに

16スティーズSV TWで特に注目すべきところは、スティーズシリーズとして初めてターンアラウンド式TWSとSVスプールを同時採用したことだ。

ダイワの誇る最新機構を惜しみなく搭載しつつも、重量は不用意に軽すぎず、適度な軽さを維持してパワーアップを果たしているところも見どころだ。

それでは、16スティーズSV TWの各特徴について詳しく見ていこう。

スティーズ初のターンアラウンド式TWSを搭載

スティーズ初のターンアラウンド式TWSを搭載

TWS (T-WING SYSTEM)

ターンアラウンド式TWS (T-ウィングシステム)は、これまでタトゥーラやNEWジリオンにも搭載されてきた技術だ。

そして今回、スティーズシリーズとして初めて16スティーズSV TWにもこのTWSが搭載されることになった。

TWSは、回転数の上がったスプールの性能をフル活用するためにダイワが開発した機構だ。

レベルワインドがT型の大口径になっているため、ルアーをキャストした時のライン放出を妨げることがなく、バックラッシュを低減して飛距離の向上も実現。

ちなみに、初代のTWSは2011年に登場しており、この時のTWSはオープンフェイス式だった。(パカパカするタイプ)

16スティーズSV TWに搭載しているターンアラウンド型TWS(パカパカしない)が登場したのは2014年で、登場したばかりの新技術だ。
ターンアラウンド型TWSの構造

TWS (T-WING SYSTEM)

ターンアラウンド型TWSの構造は、キャスト時はT型の大開口部がラインをスムーズに放出する一方、リトリーブ時はクラッチON/OFFでTシェイプレベルワインドが半回転して、通常のレベルワインドのような狭域モードに切り替わるというもの。

ターンアラウンド型TWSの構造

TWS (T-WING SYSTEM)

この切り替わりにより、初代のオープンフェイス式TWSに較べて格段トラブルが少なく、快適なリトリーブを実現した。

旧TWSのようにボディがパカパカしないので、構造上の無駄な動きがなくなり、ボディ自体の強度も増して安心して使えるようになっている。

SVスプール採用で文字通りストレスフリー

G1ジュラルミン製の34mm径SVスプール

G1ジュラルミン製 SVスプール

16スティーズSV TWのスプールには、超軽量G1ジュラルミン製の34mm径SVスプールを採用。

G1ジュラルミンは、超々ジュラルミンの1.3倍もの強度を持つ金属。

このG1ジュラルミン製のSVスプールによって強度の向上と軽量化を同時に実現し、さらなるキャスト性能の向上をもたらしているのだ。

ちなみに、SVとはStress Free Versatile (ストレスフリー・バーサタイル)の略。

そのコンセプトを並木敏成プロは下記のような言葉で表している。

従来通りのルアーが使える事は当然として、軽量ルアーをもストレスなく投げることができ、しかもスプール強度も犠牲にしない。

それが次世代のバーサタイル。

一言で言えば、SVスプールはマグネット式ブレーキのメリットを極限まで引き出すために開発されたスプール機構と言えるだろう。

SVスプール採用で文字通りストレスフリー

SVスプール

このSVの搭載により、軽量化と回転性能の向上の実現とともに、使用するルアーに応じてブレーキ力が適宜調節されるようになった。

これにより、最小限の外部マグダイヤル調整だけで、なんと総重量4gの軽量ルアーからビッグベイトなどの重量級ルアーまで扱うことが可能となり、圧倒的な守備範囲の広さを実現した。

また、軽量ルアーが扱いやすくなったことの副産物として、全体的にバックラッシュしにくくなったところも嬉しい。

気になる16スティーズSV TWの自重

16 スティーズSV TW (STEEZ SV TW)

DAIWA – STEEZ SV TW

16スティーズSV TWの自重は160gとなった。

これはスティーズ100HやスティーズリミテッドSV 105XHと同じ自重だが、これまでで一番軽かった自重148gのスティーズリミテッドSV 103H-TNよりも12g重い設定だ。

モデル 自重(g)
スティーズ103H 155
スティーズ100H 160
スティーズ100SH 160
スティーズSV 150
スティーズLTD. SV 105XH 160
スティーズLTD. SV 103H-TN 148
スティーズSV TW 160

実は、16スティーズSV TWは130g台への超軽量化も検討したという。

しかし、最高の使いやすさを求めた結果、高い剛性感と耐久性、確かな使い心地を実現するために、不用意な軽量化には至らなかったとのことだ。

とはいえ、TWSや大口径ギヤなどによりパーツが増え、重量化が避けられなかったにも関わらずこの160gという軽さを実現しているのは圧巻だ。

大口径G1ジュラルミン ドライブギアの搭載で更なる革新

大口径G1ジュラルミン ドライブギア

大口径G1ジュラルミン ドライブギア

16スティーズSV TWのドライブギアには、大口径G1ジュラルミンドライブギアを採用。

このドライブギアには、SVスプールにも採用されている軽量で強靭なG1ジュラルミン素材を初採用。

さらにギア径を従来のスティーズよりもさらにワンランク大口径化し、耐久性が更に向上し、滑らかな巻き心地が長持ちする心地の良いベイトリールとなっているのだ。

引き続きエアブレーキシステムを搭載

ダイワの誇る高機能ブレーキシステム エアブレーキシステム

エアブレーキシステム

16スティーズSV TWのブレーキシステムには、エアブレーキシステムを採用。

これは、2013年より発売されている前3機種のスティーズSVスティーズリミテッドSVスティーズリミテッドSV TNと同じブレーキシステムを引き継いでいる。

再調整不要のゼロアジャスター

再調整不要のゼロアジャスター

ゼロアジャスター

16スティーズSV TWの採用したゼロアジャスターは、メカニカルブレーキによるスプールのガタを押さえるのみの機能しかない。

つまり、メカニカルブレーキの再度調整は不要。

以前から、ベイトリールのメカニカルブレーキはリール性能を殺すだけで、スプールのガタつき防止以外に使う必要はないと言われてきていたが、とうとうそれが実現した形だ。

これによりブレーキの調整はマグダイヤルのみで可能となり、扱いやすさが更に向上している。

16スティーズSV TWのボディはコンパクト+軽量+高剛性

高精度マシンカット エアメタルハウジングで16スティーズSV TWのボディはコンパクト+軽量+高剛性

高精度マシンカット エアメタルハウジング

16スティーズSV TWのボディフレームには、高精度マシンカット エアメタルハウジングを採用。

マグネシウム合金によるボディにより、軽量化・高剛性化と回転性能や巻上性能の向上を実現している。

なお、16スティーズSV TWのボディはセットプレートのみ強度の強いアルミ製となっている。

グリッピングしやすいボディフォルム

16スティーズSV TWはグリッピングしやすいボディフォルム

グリッピングしやすいボディフォルム

16スティーズSV TWのボディシェイプは、リアを絞り込んだ形状になっており、手の小さなアングラーでもしっかりとグリッピングが可能になっている。

初代スティーズ以上に握りやすいボディで、手の小さな方や女性の手でもしっかりとフィットする。

16スティーズSV TWはソルト対応に

16スティーズSV TWはソルト対応となった。

これまでのスティーズシリーズは淡水用だったが、ソルト対応となったことで、ロックフィッシュやシーバスゲームも楽しめるようになった。

解説動画

ダイワのエンジニアによる、16スティーズSV TWの解説動画が公開されている。

16スティーズSV TWの特徴を旧モデルと比較しながら動画で解説しているので、とてもわかりやすい。

ぜひチェックしてみよう!

16スティーズSV TW (STEEZ SV TW)のスペック

16スティーズSV TWのラインナップ

DAIWA – STEEZ SV TW

16スティーズSV TWのラインナップは、ギア比違いとハンドルの左右で合わせて6タイプ。

当初は、ギア比6.3のノーマルギアとギア比7.1のHGのみのラインナップだったが、後からギア比8.1のXGが追加となっている。

なお、XGタイプはハンドル長が90mm、ラインキャパも12lb-40〜80mとなっている。

製品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
巻取長
(cm)
ナイロン
巻糸量
(lb-m)
ハンドル
(mm)
ベア
リング
価格
(円)
STEEZ SV TW
1016SV-H
6.3 160 5 67 14-45〜90
16-40~80
80 12/1 58,800
STEEZ SV TW
1016SV-HL
6.3 160 5 67 14-45〜90
16-40~80
80 12/1 58,800
STEEZ SV TW
1016SV-SH
7.1 160 5 75 14-45〜90
16-40~80
80 12/1 58,800
STEEZ SV TW
1016SV-SHL
7.1 160 5 75 14-45〜90
16-40~80
80 12/1 58,800
STEEZ SV TW
1012SV-XH
8.1 160 5 86 12-40~80
14-35~70
90 12/1 58,800
STEEZ SV TW
1012SV-XHL
8.1 160 5 86 12-40~80
14-35~70
90 12/1 58,800

付属品

  • クロロプレン製リールケース付属
  • シリアルナンバー入り

技術特性

  • TWS
  • SVコンセプト
  • G1ジュラルミン スプール
  • G1ジュラルミン ドライブギヤ
  • 高精度マシンカット エアメタルハウジング
  • ゼロアジャスター
  • ハイグリップIシェイプ ライトノブ
  • ソルト対応
  • ハンドルノブS交換可

16スティーズSV TWの発売日と最安値

16スティーズSV TWの発売日は、モデルによって異なる。

  • 1016SV-H:2016年5月発売
  • 1016SV-SH:2016年5月発売
  • 1016SV-HL:2016年6月発売
  • 1016SV-SHL:2016年6月発売
  • 1012SV-XH:2017年2月発売
  • 1012SV-XHL:2017年2月発売

すでに発売開始!

16スティーズSV TWは、すでに発売が開始されている。

執筆時に私が確認したところでは、最安値のアマゾンでは税込50,065円〜販売されていた。

16スティーズSV TWの価格は税抜58,800円だが、実売価格は5万円程度となっている。

価格の安いショップは先に完売してしまうことが多いので、気になる方はお早めに。

16スティーズSV TWのカスタムパーツでパワーアップ!

そのまま使用しても素晴らしい性能を誇る16スティーズSV TW。

16スティーズSV TWのカスタマイズパーツを使えば、軽量化や飛距離と巻心地の向上など、リール性能をさらにパワーアップさせることが可能だ。

かっ飛びチューニングキットAIRベアリング

ダイワかっ飛びチューニングキットAIR 1030AIR&1030AIR

ダイワかっ飛びチューニングキットAIR 1030AIR&1030AIR

ヘッジホッグスタジオ(HEDGEHOG STUDIO)
価格 ¥ 3,380

ヘッジホッグスタジオのAIRベアリングは、日本製小径セラミックボールと高強度一体成形ハウジングの採用により、超高回転ベイトフィネスに対応するベアリング。

1g程度の超軽量ルアーに対応できるほどの回転レスポンスを持ちながら、通常のベアリングと同じ感覚で、1oz(28g)クラスのルアーまでガンガン投げることができるという優れもの。

対応できるルアーの範囲が大きく広がり、様々なルアーを万能にこなしてくれるバーサタイルなリールにしてくれるベアリングだ。

BFCライトフィネス ハンドルノブ

ZPI BFC ライトフィネス ハンドルノブ プレミアムモデル(2個入り)

ZPI BFCライトフィネス ハンドルノブ プレミアムモデル(2個入り)

ZPI
価格 ¥ 4,700

リールの固定位置(リールシート)から最も遠い位置にあるハンドルノブは、リール本体の軽量化以上に感度の向上、操作性の向上に繋がるため、アクセサリーに留まらない重要な高機能部品だ。

リール本体を5g軽量化する事と、ノブやハンドルを3g軽量化する事を比較すると、体感重量はノブやハンドルを軽量化した方が軽く感じ、持ち重りも大幅に改善できる。

このベイトフィネスの為に開発されたBFCライトフィネスノブは、従来比40%以上の軽量化に成功。

握りやすいフォルムと最適な表面加工を採用し、形状デザインにもこだわっている。

さらに、プレミアムモデルはスタンダードモデルにグリップ性能の高いソフトコート加工を追加。

雨天時やワームオイル等の付着した手でも高いグリップ性能を発揮してくれる。

プロトーナメンターが納得する全天候型トーナメントスペックの軽量ノブだ。

ダイワ用 オフセットハンドル

ZPI ダイワ用 オフセットハンドル

ZPI ダイワ用 オフセットハンドル

ZPI
価格 ¥ 11,000

カーボン素材を採用した、高感度・高強度のオフセットハンドル。

オフセット形状により、重心をリールシート寄りにしてよりバランスの安定性を向上する事が可能。

オートクレーブ製カーボンをペントルーフ断面にマシンカット。

抜き穴を多角形にする等、応力の分散することで軽量化と高強度を両立している。

あえてトップコートを廃してマットでレーシーな外観とし、機能とデザインを両立させたカッコ良いハンドルだ。

まとめ

ダイワ(DAIWA)の2016年ベイトリール「16スティーズSV TW (STEEZ SV TW)」は、ダイワの最新テクノロジーであるTWSとSVの融合により、これまで以上にトラブルレスでストレスフリーなモデルとなっている。

ライン放出力に優れたTWSと、最適なブレーキ力を持つSVというベイトリールの核が大きな相乗効果を生むことにより、革新的な進化を遂げた16スティーズSV TW。

随所に採用されている新素材超軽量のG1ジュラルミンにより、これまでよりも軽量化・高剛性化・巻き心地の向上・巻き上げパワーの向上と、まさに隙のないレベルアップを実現している。

まさに16スティーズSV TWは、最高品質のニューモデルだ。

▼TWS+SVの新作ベイトリール「17タトゥーラSV TW」も要チェック!

「17タトゥーラSV TW」のキャスト性能は16ジリオンSV TWよりも良い!?ダイワ史上最高のスキッピング能力を備えたコスパモデル!

2017.01.29

▼2017年新作リール特集も必見!!

「2017年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア・メガバス全32モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2017.02.19

16スティーズSV TW好評発売中!

16スティーズSV TWの最安値と在庫を見る

DAIWA : スティーズ SV TW - Web site

SHAREこの記事をシェアしよう!

16スティーズSV TWを徹底解剖!新機構TWS搭載の極限ベイトリール!カスタムパーツでさらにパワーアップ!