17エクセラーは、コスパ最高のスピニングリール!1万円を切る低価格で、ダイワの最新技術を多数搭載!

17エクセラーは、コスパ最高のスピニングリール!1万円を切る低価格で、ダイワの最新技術を多数搭載!
DAIWA EXCELER

17エクセラー(EXCELER)は、ダイワ(DAIWA)のエントリースピニングリール「14エクセラー」の3年ぶりのフルリニューアルモデルだ。

実売価格1万円程度のお手頃価格に、ダイワが誇る防水&耐久テクノロジーであるマグシールドを搭載。

フレッシュウォーターはもちろん、タフさの要求されるソルトウォーターでも安心して使えるスピニングリールだ。

さらに17エクセラーは、

  • ATD:ライン滑り出しに優れた新世代ドラグ
  • エアローター:軽量化によって回転性能を高めたラインローター

なども搭載し、非常にコストパフォーマンスに優れたモデルとなっている。

17エクセラーのラインナップは2000番〜4000番と幅広く、ライトルアーから大物狙いのソルトゲームまでカバーしてくれる。

今回は、ダイワの2017年新作スピニングリール「17エクセラー」について詳しくご紹介しようと思う。

17 エクセラー (EXCELER)

低価格モデルとして、初めて高品質な防水・耐久技術を搭載!

ダイワが誇る防水・耐久テクノロジー「マグシールド」

MAG SEALED (マグシールド)

17エクセラー最大の目玉となるのは、ダイワが誇る防水・耐久テクノロジーであるマグシールドをボディに搭載したことだ。

マグシールドは、ボディとローターの隙間に磁性オイルの壁を作って、海水や埃などの侵入を防ぐダイワ独自の防水構造。

ボディとローターが無接点のため、使い始めの軽く滑らかな回転が長期間続くのが特徴だ。

今までミドルクラス以上のモデルにだけ搭載されていたマグシールドが、遂に1万円程度のモデル17エクセラーで味わえるようになったのだ。

簡単なメンテナンスだけでリールが長持ちさせてくれる機構が、このマグシールドだ。

回転もスムーズ!デザインも先進的でカッコイイ!

スムーズな回転と巻き感度、先進的な外観のエアローター

AIR ROTOR (エアローター)

17エクセラーは、スムーズな回転と巻き感度、そして先進的なデザインが格好良いエアローターを搭載。

エアローターは、最適な形状に設計された独自の構造により、従来のラインローターと同じ強度で大幅な軽量化を実現したもの。

ローターのバランスも向上し、17エクセラーはレスポンスの良い回転を発揮してくれる。

最新のドラグシステムで、大物とのファイトも安心!

ダイワの最新ドラグシステムATD(オートマチックドラグ)

ATD (オートマチックドラグ)

17エクセラーは、ダイワの最新ドラグシステム「ATD(オートマチックドラグシステム)」を新搭載。

このATDは、魚の引きに追従して滑らかに効き続ける新世代ドラグ。

滑り出しが非常にスムーズで、アワセ切れなどのラインブレイクを起こしにくいのが特徴だ。

最新のドラグシステムで、大物とのファイトも安心!

DAIWA EXCELER

また、魚の引きに追従しながら粘り強くドラグが効き続けるので、ファイト中の魚に与える違和感が減って、魚が無駄に暴れるのを防いでくれるのも良いところだ。

このATDを搭載したためか、17エクセラーは最大ドラグ力が14エクセラーよりも強くなっている。

その他にも、上位機種の優れた要素がいっぱい!

17エクセラーは、その他にも上位機種に搭載されている優れた要素を多く搭載している。

  • ピニオンギヤBB支持構造:軽やかな回転をもたらす
  • スーパーメタルボディ:高剛性のボディ
17エクセラーは価格は抑えながらも、充実した機能で、トラブルレスかつ快適に使える性能を実現している。

17エクセラーは14エクセラーからどう進化したのか?

ここでは、17エクセラーが14エクセラーからどのように進化したのかを見てみよう。

▼コチラが旧モデルの14エクセラー。

進化したポイントは3つ

17エクセラーが14エクセラーからの進化したポイントは、以下の3つだ。

  1. 防水機構マグシールドを新搭載
  2. 最新ドラグATDを新搭載
  3. デザインがカッコよくなった

やはり、上述した防水機構マグシールドと、最新のドラグシステムATDの搭載が大きな進化といえるだろう。

また、デザインもエントリーモデルらしいシルバーデザインから、ミドルクラスに匹敵するゴージャスなブラック×ゴールドのデザインに刷新されたところも良いところだ。

劣ってしまったポイントも…

逆に、17エクセラーが14エクセラーよりも劣ってしまったポイントも2つある。

  1. 自重が15~25g増加
  2. 価格が2,000~3,000円上昇

やはり、高機能なマグシールドとATDを搭載したことによって、定価が若干高くなってしまっている。

また、自重も番手によって異なるものの、増加。

高い性能との引き換えに、これらのマイナスポイントは致し方ないと言ったところだろうか。

17エクセラーと15フリームスの違いは?

マグシールドの搭載や、ATDの採用など、大きな進化を遂げた17エクセラー。

しかし、その一方で、17エクセラーの上位モデルとなる15フリームスと、スペックがかなり似てしまうという問題(?)が発生。

17エクセラーと15フリームスのスペックを比較したのが下表だ。

▼違いがあるところを赤字にしてある。

製品名 17エクセラー 15フリームス
ラインナップ 2004(250g)
2004H(250g)
2500(265g)
2506H(270g)
2508RH(265g)
2508H-DH(285g)
3000(305g)
3012H(315g)
3500H(400g)
4000(405g)
4000H(405g)
2004(250g)
2004H(250g)
2500(265g)
2506(270g)
2506H(270g)
2508(265g)
2508R-H(285g)
3000(305g)
3012H(315g)
3500(400g)
4000(405g)
マグシールド
(ボディ)
ボディ素材 スーパーメタル スーパーメタル
ローター素材 DS4 DS4
スプール素材 アルミ アルミ
ハンドルタイプ 折りたたみ式
アルミマシンカット
折りたたみ式
アルミマシンカット
ドライブギア デジギヤⅡ デジギヤⅡ
エアローター
ABSⅡ
クロスラップ
エアベール
ツイストバスターⅡ
ローターブレーキ
リアルインフィニット
ストッパー
シャワー洗浄可
ソルト対応
ドラグシステム ATD ATD
ピニオンギアBB支持
ベアリング数
価格 12,800円
〜15,500円
15,800円
〜18,600円

スペックも自重も同じ模様。

この表を見ていただくとわかると思うが、17エクセラーと15フリームスのスペックは全く同じになっている。

自重までピッタリ同じだった。

違うのはデザインだけかも…

両者で違うところは、若干のラインナップの差異と、価格の差、そしてデザインだ。

15フリームスの方が3,000円ほど価格が高いが、その違いは今のところデザイン面だけの違いと言って良さそうだ。

これを考えると、17エクセラーのお買い得感は、かなり凄いと思う。

17エクセラー(EXCELER)のスペック

17エクセラーのラインナップは、2004~4000Hまである豊富な11機種となっている。

ソルトルアーを意識したダブルハンドルモデルまで加わっており、例えば、

  • フレッシュウォーター(淡水):バス釣りやトラウトなど
  • ソルトウォーター(海釣り)
  • ライトゲーム
  • ショアジギング
  • オフショアルアー
  • 餌釣り

などなど、豊富な魚種、そして釣りに対応できるスピニングリールとなっている。

製品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
最大
巻取長
(cm)
フロロ
糸巻量
(lb-m)
PE
糸巻量
(号-m)
ハンドル
(mm)
ベア
リング
価格
(円)
2004 4.8 250 2 64 3-140
4-100
0.6-100 50 4/1 12,800
2004H 5.6 250 2 75 3-140
4-100
0.6-100 50 4/1 12,800
2500 4.8 265 7 72 8-200
12-150
1.5-200 55 4/1 13,200
2506H 5.6 270 3 84 4-170
6-100
1-100 55 4/1 13,200
2508RH 5.6 285 7 84 8-150
12-100
1-200 60 4/1 14,200
2506H-DH 5.6 285 3 84 4-170
6-100
1-100 90 4/1 14,500
3000 4.7 305 7 79 12-200
16-150
1.5-300
2-250
60 4/1 14,200
3012H 5.6 315 7 95 8-200
12-150
1.5-200 60 4/1 14,200
3500H 5.7 400 8 97 12-270
16-200
2-300
2.5-250
65 4/1 15,500
4000 4.9 405 8 87 16-250
20-200
3-250
4-180
65 4/1 15,500
4000H 5.7 405 8 101 16-250
20-200
3-250
4-180
65 4/1 15,500

付属品

  • 調整ワッシャー
  • RCSスプール対応用ワッシャー

技術特性

  • マグシールド
  • エアローター
  • ATD
  • スーパーメタルボディ
  • DS4(ローター素材)
  • アルミスプール
  • 折りたたみ式アルミマシンカットハンドル
  • デジギヤII
  • ABS II
  • クロスラップ
  • エアベール
  • ツイストバスターII
  • ローターブレーキ
  • リアルインフィニットストッパー
  • シャワー洗浄可
  • ピニオンギヤBB支持
  • ソルト対応
  • ハンドルノブS交換可

17エクセラーの発売日と最安値

17エクセラーの発売日は、2017年1月発売となっている。

すでに発売開始!

17エクセラーは、すでに発売が開始されている。

執筆時に私が確認したところでは、最安値のモデルでアマゾンの税込8,985円が最安値だった。

17エクセラーの価格は税抜12,800円〜15,500円だが、実売価格は9,000円〜1万円程度となっている。

価格の安いショップは先に完売してしまうことが多いので、気になる方はお早めに。

まとめ

低価格モデルとして、初めて高品質な防水・耐久技術を搭載!

DAIWA EXCELER

ダイワ(DAIWA)の2017年新作スピニングリール「17エクセラー(EXCELER)」は、防水機構マグシールドや新世代ドラグATD、高回転性能のエアローターなど、ダイワの誇る最新技術を搭載したスピニングリールだ。

その高品質なスペックにも関わらず、実売価格は1万円程度と非常にコスパに優れたモデルとなっている。

また、ラインナップも幅広く、バス釣りなどの淡水での釣りから、タフさを要求されるソルトウォーターの大物狙いでも、安心して使えるスピニングリール。

新しい釣りを始めようというアングラーや、これから釣りを始めようと思っている初心者の方にも最適なリールだ。

▼2017年新作リール特集も必見!!

「2017年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア・メガバス全32モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2017.02.19

17エクセラー好評発売中!

17エクセラーの最安値と在庫を見る

DAIWA : エクセラー - Web site

SHAREこの記事をシェアしよう!

17エクセラーは、コスパ最高のスピニングリール!1万円を切る低価格で、ダイワの最新技術を多数搭載!