「18タトゥーラ スピニングモデル」ダイワのLTコンセプトを採用し、バス釣りに特化した高スペックスピニングリール!

「18タトゥーラ スピニングモデル」ダイワのLTコンセプトを採用し、バス釣りに特化した高スペックスピニングリール!

18タトゥーラ スピニングモデル」は、バスフィッシングの本場アメリカで磨き上げられてきた「タトゥーラ」ブランドのスピニングモデルだ。

今や全米でのメインブランドともなった「タトゥーラ」ブランド。これまでベイトリールやロッドなどのアイテムを展開してきたが、遂に生まれた待望の「世界標準」スピニングリールが「18タトゥーラ スピニングモデル」だ。

2018年のダイワの目玉ともなるスピニングリールの新基準「LTコンセプト」を組み込んでおり、コンセプト通り「軽さ」と「耐久性」という相反する要素を両立。特にその軽さは、定価2万円程度の価格帯としては驚異的となる、2500番サイズで自重185gという軽さを誇る。

さらに、大口径ドラグノブ、ATD、タフデジギヤ、ロングキャストABSスプールを搭載し、バスフィッシングを楽しむための性能もブラッシュアップ。スピニングリールとしての高度な性能に加え、バス釣り特有の繊細かつアグレッシブな釣りにも完全対応できるスペックを完全装備している。

これまでのベイトリール「タトゥーラ」シリーズ同様、手に持つだけでワクワクするような新モデルとなっている。

今回は、ダイワの2018年新作スピニングリール「18タトゥーラ スピニングモデル」について詳しくご紹介しようと思う。

18タトゥーラ スピニングモデル (TATULA SPINNING MODELS)

ダイワの新基準「LTコンセプト」採用

2018年にダイワが新たに掲げる小型スピニングリール新基準「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプト。その意味は、文字通り「LIGHT(軽さ)」と「TOUGH(強さ)」という意味で、ダイワの持つ最新技術を駆使することで、従来逆のベクトルを持っていた相反する2つの要素:

  • LIGHT(軽さ)=軽くすればするほど強度は落ちる
  • TOUGH(強さ)=強度を増せば増すほど重くなる

の両立を実現している。

「18タトゥーラ スピニングモデル」に採用された「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプトは、同じく2018年にモデルチェンジされているダイワの汎用スピニングリール「18イグジスト」や「18カルディア」、「18フリームス」にも採用されている。

▼18カルディアの詳細はコチラ

「18カルディア」ダイワのLTコンセプトにより、クラスを超えた軽さと強さを手に入れた理想形スピニングリール!

「18カルディア」ダイワのLTコンセプトにより、クラスを超えた軽さと強さを手に入れた理想形スピニングリール!

2018.03.07.

▼18フリームスの詳細はコチラ

「18フリームス」ダイワのLTコンセプトで衝撃の高スペックを実現した低価格スピニングリール!

「18フリームス」ダイワのLTコンセプトで衝撃の高スペックを実現した低価格スピニングリール!

2018.03.11.
それでは、「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプトによって「18タトゥーラ スピニングモデル」がどのような性能を手に入れているのかを見ていこう。

圧倒的な軽さを手に入れた「18タトゥーラ スピニングモデル」

「LTコンセプト」採用により、圧倒的な軽さを手に入れた「18タトゥーラ スピニングモデル」。その自重は、どれほど軽いのだろうか?

同じくLTコンセプトを持つ「18カルディア」や、昨年登場した人気モデル「17セオリー」やバス釣り専用スピニングリール「17イージス」などの2500番台のスピニングリールと比較して見てみよう。

製品名18タトゥーラ
スピニングモデル
17セオリー17イージス18カルディア
2500S
(2506)
185g
22,700円
185g
31,000円
185g
34,000円
185g
22,500円

「18タトゥーラ スピニングモデル」は、「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプトによってボディやスプール、ハンドルなど各部を徹底的に作り込むことで、必要十分な強度を確保しつつも、2500番クラス(シャロースプール)でなんと自重185gを実現している。

この軽さは、2017年に登場して、その性能と軽さが話題となり大人気のヒット商品となった汎用スピニングリール「17セオリー」や「17イージス」の自重185g(2500番クラス)と全く同じだ。

それにもかかわらず、「18タトゥーラ スピニングモデル」は実売価格が1万円台後半と価格が安いので、もはや「17セオリー」、そして同じくバス釣りを対象としたスピニングモデル「17イージス」を喰いかねない価格破壊的な新型モデルとなっている。

▼17セオリーの詳細はコチラ

17セオリーにダイワの本気を感じる!最高級モデルを超える軽さと脅威のスペックを徹底解説!

17セオリーにダイワの本気を感じる!最高級モデルを超える軽さと脅威のスペックを徹底解説!

2017.01.26.

▼17イージスの詳細はコチラ

ダイワ「17イージス」は17セオリーより細糸フロロのフィネスゲームが超快適!バス釣り最高峰スピニングリール!

ダイワ「17イージス」は17セオリーより細糸フロロのフィネスゲームが超快適!バス釣り最高峰スピニングリール!

2017.01.31.

18タトゥーラ スピニングモデルの軽さの秘密

「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプト

「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプト

「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプトによって大幅に軽量化された「18タトゥーラ スピニングモデル」。

クラスを超えた軽さを提供するザイオン製ボディ

ダイワの誇るカーボン素材、軽量かつ高剛性なZAION(ザイオン)

ZAION (ザイオン)

その驚異的な軽量化の大きな秘密は、新設計の軽量コンパクトボディにある。「18タトゥーラ スピニングモデル」のボディには、ワンランク高いモデルの「17セオリー」にも使われている軽量素材「ZAION(ザイオン)」製ボディを採用。

この「ザイオン」は、カーボン繊維を織り込んだカーボン樹脂素材。高強度な金属素材マグネシウムよりも、さらに軽くて強く、腐食にも強いというダイワの誇るカーボン素材だ。

エアローター採用で高レスポンス&軽やかな巻き心地

スムーズな回転と巻き感度、先進的な外観のエアローター

AIR ROTOR (エアローター)

「18タトゥーラ スピニングモデル」には、ザイオン製コンパクトボディに加えて、徹底的な肉抜きによって、十分な強度を保ちつつも極限の軽量化を実現する「エアローター」を採用。

自重の軽量化に寄与するとともに、ダイワのスピニングリール特有の巻き始めの軽さや、リーリング時の軽さ、そして巻き感度の向上を実現している。

なお、「18タトゥーラ スピニングモデル」のエアローター素材は、「18カルディア」や「15ルビアス」と同じDS5(強化特殊プラスチック)製となっている。

「ZAION(ザイオン)」製ボディ、エアローター以外にも、「18タトゥーラ スピニングモデル」には新設計の軽量化されたハンドルや、後述する極限にまで肉薄加工された新設計の薄肉アルミ製スプールも採用されており、これが大幅な軽量化に寄与している。

この軽量化は、当然ながら釣果にも直結してくるものだ。リールが軽くなることによって、操作性や感度が向上し、これまで以上に繊細な操作を可能にしてくれる。さらに疲労も軽減されるので、長時間の釣行でも集中力が切れにくくなり、それが結果的に釣果の向上につながってくるのだ。

強靭さも兼ね備えた「18タトゥーラ スピニングモデル」

タフデジギヤ新採用で、シルキーな巻き心地が続く

シルキーな巻き心地が続くタフデジギヤ

タフデジギヤ

「LT(LIGHT TOUGH)」コンセプトを採用している「18タトゥーラ スピニングモデル」は、「軽さ(LIGHT)」だけでなく、「強さ(TOUGH)」にも優れている。

「18タトゥーラ スピニングモデル」は、リールの回転性能に大きく影響するギア部に、強くて滑らかな回転が続く「タフデジギヤ」を新採用。これにより、軽いリールにありがちなガタつきを抑え、シルキーな巻き心地を実現。しっかりとした剛性感溢れる巻き心地で、軽さだけでなく耐久性にも磨きがかかっている。

ソルト対応だが、マグシールドは不採用

ダイワが誇る防水・耐久テクノロジー「マグシールド」

MAG SEALED (マグシールド)

「18タトゥーラ スピニングモデル」は、ソルトに対応できるスピニングリールとなっているが、淡水でのバス釣りを主に対象としているため、ダイワの誇る防塵・防水技術「マグシールド」は不採用となっている。

ここは、同じく2018年にLTコンセプトをもとに発売された汎用スピニングリール「18イグジスト」、「18カルディア」そして「18フリームス」とは違うところだ。

この「マグシールド」は、強い磁性を持たせた特殊なオイル「マグオイル」を使用することで強力な油膜を作り、海水や塵などの異物の侵入を防ぐ防塵・防水システム。しかし、このマグシールドをあえて不採用にすることで、若干でもあったオイルによる回転性能への干渉を無くし、ダイワが「エアリーなハンドル回転」と表現するように、巻きはじめからの軽快な回転性能を実現している。

新型スプール「ロングキャストABS」採用で飛距離性能が向上!

「18タトゥーラ スピニングモデル」は新型スプール「LC-ABS(ロングキャストABS)」採用している。

この「ロングキャストABS」は、スプール前ツバ部分(ライン放出時の接点)の形状を見直すことで、軽量化、飛距離性能の向上、ライントラブルの低減を実現した新型スプールだ。

その飛距離は、従来のABS IIと比べて約5%も向上。さらに、バックラッシュの発生率の低減化にも成功し、快適なキャスト性能を実現している。これは、例えば20mのキャストが21m、また30mのキャストなら31.5m飛ぶということだ。この1〜1.5mというのは結構大きく、これまで以上にアプローチの幅を広げることが出来るだろう。

また、スプール素材には、より精度の高い加工が可能なアルミ素材を採用し、極限まで薄肉加工。これにより、「18タトゥーラ スピニングモデル」の驚異的な軽量化を実現しているのだ。

ATD(オートマチックドラグ)を採用し、ドラグノブの操作性も向上

ダイワの最新ドラグシステムATD(オートマチックドラグ)

ATD (オートマチックドラグ)

「18タトゥーラ スピニングモデル」のドラグシステムは、滑り出しが非常にスムーズで、アワセ切れなどのラインブレイクをしにくいのが特徴の「ATD(オートマチックドラグ)」を採用。

魚の引きに追従しながら粘り強くドラグが効き続けるので、ファイト中の魚の違和感が減り、無駄に暴れるのを防いでくれる。また、ドラグの効き方に独特の粘りがあるので、大物とのファイト中にドラグを弱めに設定していたとしても、粘りを発揮して一気に走られることはなく、ファイト中に何度もドラグを再調整する必要がないのも大きなメリットのひとつだ。

ドラグノブの形状も作り込まれており、大きく掴みやすいノブにすることで操作性が高まっている。デカバスとのファイト中の、とっさのドラグ調整でも楽に対応できるようになっている。

使いやすいパーフェクトラインストッパー

使いやすくなったラインストッパー

パーフェクトラインストッパー

細かなところではあるが、「18タトゥーラ スピニングモデル」の新型スプールには新型のラインストッパー「パーフェクトラインストッパー」が採用されている。

PEなどの細いラインから、リーダーに使うための太いラインにも完全対応した新型の非常に使いやすいラインストッパーだ。ラインの掛けやすさはもちろんのこと、一度掛ければ誤って簡単に外れてしまうこともなく、それでいて外しやすい構造だ。また、パーツ自体も軽く、万が一破損してしまっても修理可能という便利なギミックとなっている。

18タトゥーラ スピニングモデルと17イージスを比較

「18タトゥーラ スピニングモデル」と、同じくバス釣りを対象としたスピニングリール「17イージス」の違いはどのようなものだろうか?

下の表では、18タトゥーラ スピニングモデルと17イージスの主なスペックの違いを比較してみた。

▼17イージスの詳細はコチラ

ダイワ「17イージス」は17セオリーより細糸フロロのフィネスゲームが超快適!バス釣り最高峰スピニングリール!

ダイワ「17イージス」は17セオリーより細糸フロロのフィネスゲームが超快適!バス釣り最高峰スピニングリール!

2017.01.31.

▼違いが見られるところを赤字にしてある。

製品名18タトゥーラ
スピニングモデル
LT2000S-XH
18タトゥーラ
スピニングモデル
LT2500S(-XH)
17イージス
2003F(-H)
17イージス
2506F(-H)
ギア比6.25.3/6.24.8/5.64.8/5.6
巻取長(cm)8175/8764/7572/84
自重170g185g170g185g
最大ドラグ力5kg5kg2kg3kg
糸巻量(lb-m)3-150
4-100
4-120
6-100
3-100
4-90
4-140
5-100
ベアリング6/17/1
スプール素材薄肉アルミ薄肉アルミ
スプール構造LC-ABSABS R
ラインローラーツイストバスターIIツイストバスターII R
エアローターDS5ZAION
マグシールドなしボディ
デジギアタフデジギアマシンカット
ドラグATD (フィネス)ATD (フィネス)
ソルト対応
価格22,200円22,700円33,000円34,000円
実売価格20,000円前後20,000円前後23,000円前後24,000円前後

18タトゥーラ スピニングモデルは17イージスに劣らないほどの基本性能

18タトゥーラ スピニングモデルと17イージスを比較してみると、基本性能に関しては、18タトゥーラ スピニングモデルは17イージスにほとんど見劣りしないほどの性能を誇っていることがわかる。しかし、詳しく見ていくと使うラインや用途によって向き不向きがありそうだ。

自重は、全く同じ

特に自重に関しては、2500番、2000番クラスともに18タトゥーラ スピニングモデルは17イージス全く同じ自重となっている。

最大ドラグ力は18タトゥーラ スピニングモデルの方が強い

さらに、最大ドラグ力を比較してみると、18タトゥーラ スピニングモデルの方が17イージスよりも強力になっていることもわかる。より大物とのファイトを想定するならば、18タトゥーラ スピニングモデルの方が安心して使うことが出来るだろう。

18タトゥーラ スピニングモデルはPEラインや太めのライン向き

もう一つの大きな違いは、17イージスは完全に細いフロロラインの仕様を前提にしたモデルであったのに対して、18タトゥーラ スピニングモデルはPEや太めのラインを使用するのに向いているということだ。

17イージスには、フロロラインを快適に使うための、フロロライン専用ABS「ABS R」や、フロロライン専用のツイストバスター「ツイストバスターII R」を採用している。また、スプールも浅溝で、ラインキャパに関しても細糸にちょうど良い設定である。

それに対して、18タトゥーラ スピニングモデルはPEラインや太めのフロロでも十分に巻けるラインキャパシティを備えており、ABS、ツイストバスター共にフロロラインに特化したものではなく、PEラインを巻いても快適に使用できるような設計になっているのだ。

巻き心地や耐久性は17イージスの方が良い

17イージスが優れている点は、巻き心地や耐久性の高さだろう。17イージスはベアリング数が18タトゥーラ スピニングモデルよりも多く、軽量かつ高強度のザイオン製エアローターを搭載しており、より軽快でスムーズな巻き心地を備えている。また、マグシールドを搭載しているため、初期性能の持続が長く続くので、耐久面でも17イージスの方が優れていることがわかる。このあたりはやはり1万円以上ある価格差によるところだろう。

用途によって使い分けが必要だが、18タトゥーラ スピニングモデルのコスパはかなり良い

このように18タトゥーラ スピニングモデルと17イージスの性能差を比較してみると、同じバス釣り向けのスピニングモデルではあるものの、用途によってそれぞれの強みがあり、使い分けが必要であることがわかる。

  • 17イージス:細いフロロラインに特化。巻き心地、耐久性は高次元。より繊細なフィネス向け。
  • 18タトゥーラ スピニングモデル:PEや太めのラインを無理なく使える。大物でも対応できるドラグ。パワーフィネスでも使えるタフさを備える。

18タトゥーラ スピニングモデルは17イージスよりも定価で1万円以上も安いにも関わらず、17イージスに負けない高性能を誇っていることがわかり、非常にコストパフォーマンスに優れたモデルであることがわかる。

ただし、実売価格では17イージスもかなり安くなっており、18タトゥーラ スピニングモデルに対してその差は現在のところ3,000円〜4,000円程度。このわずかな価格差で17イージスの高性能もかなり安いと見ることもできる。

最終的には、自分の釣りのスタイルに合わせて、どちらのモデルかを選ぶのがいいだろう。

18タトゥーラ スピニングモデルと18カルディアを比較。どう進化したのか?

「18タトゥーラ スピニングモデル」と、同じくLTコンセプトを携えて2018年に新登場した「18カルディア」。その違いはどのようなものだろうか?

下の表では、18タトゥーラ スピニングモデルと18カルディアの主なスペックの違いを比較してみた。

▼18カルディアの詳細はコチラ

「18カルディア」ダイワのLTコンセプトにより、クラスを超えた軽さと強さを手に入れた理想形スピニングリール!

「18カルディア」ダイワのLTコンセプトにより、クラスを超えた軽さと強さを手に入れた理想形スピニングリール!

2018.03.07.

▼違いが見られるところを赤字にしてある。

製品名18タトゥーラ
スピニングモデル
LT2000S-XH
18タトゥーラ
スピニングモデル
LT2500S(-XH)
18カルディア
LT2000S-XH
18カルディア
LT2500S(-XH)
ギア比6.25.3/6.26.25.3/6.2
巻取長(cm)8175/878175/87
自重170g185g170g185g
最大ドラグ力5kg5kg5kg5kg
糸巻量(lb-m)3-1506-1003-1506-100
ベアリング6/16/1
スプール素材薄肉アルミ薄肉アルミ
スプール構造LC-ABSLC-ABS
ラインローラーツイストバスターIIツイストバスターII
エアローターDS5DS5
マグシールドなしボディ
デジギアタフデジギアタフデジギア
ドラグATD (フィネス)ATD
ソルト対応
価格22,200円22,700円21,900円22,500円
実売価格20,000円前後20,000円前後19,000円前後20,000円前後

18タトゥーラ スピニングモデルと18カルディアの基本スペックは全く同じ

18タトゥーラ スピニングモデルと18カルディアを比較してみると、その基本スペックは全く同じだということがわかる。数少ないスペックの違いは、マグシールドの有無、ドラグの違い、若干の価格差くらいである。

デザインも主な違いのひとつ

基本スペックに関してはほとんど違いの見られない18タトゥーラ スピニングモデルと18カルディアだが、見た目は大きく異なっている。シルバー×ガンメタのシンプルモダンデザインという18カルディアに対して、ブラックで覆われた漆黒の18タトゥーラ スピニングモデル。スプールに配されたレッドの差し色は、角度によって見え隠れして格好良い。

デザインに好みはあるものの、18タトゥーラ スピニングモデルはバスフィッシングらしさを感じさせ、タトゥーラブランドを意識したデザイン。隣に17イージスを並べても統一感があり、同ブランドのタトゥーラのロッドと合わせてもぴったりだ。

18タトゥーラ スピニングモデルのスペック

「18タトゥーラ スピニングモデル」のファーストラインナップは、全3機種となっている。

製品名ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
最大
巻取長
(cm)
フロロ
巻糸量
(lb-m)
ベア
リング
価格
(円)
LT2000S
-XH
6.21705813-150
4-100
6/122,000
LT2500S5.31855755-120
6-100
6/122,700
LT2500S
-XH
6.21855875-120
6-100
6/122,700

付属品

  • リールバッグ
  • 調整ワッシャー
  • 取扱説明書

技術特性

  • DS5(ローター素材):ダイワ独自の技術によって作られたリール専用のファイバー強化特殊プラスチック。
  • 薄肉アルミ製スプール:軽量かつ剛性に優れた金属スプール
  • アルミマシンカットハンドル:安定した巻き上げ感覚を生む高剛性マシンカットハンドル
  • タフデジギヤ:上述。
  • LC-ABS:上述。
  • クロスラップ:クロスして巻き取ることでスプール巻糸部へのラインの食い込みや糸のズレを防ぐ機構。ライントラブルを低減し、心地よい飛びを実現。
  • エアベール:糸をラインローラーまで流れるように送り出し、糸絡み激減させるベール形状。中空構造により重量を変えずに大幅な強度アップも実現。
  • ツイストバスターII:ラインローラーにテーパーをかけて糸を転がし、ローラー回転で発生する糸ヨレを大幅に解消する構造。
  • ラインローラーBB(1BB):ラインローラー部にボールベアリングを搭載。回転フィーリングの向上と糸ヨレ軽減に寄与。
  • ローターブレーキ:ベールオープン時にローターの回転にブレーキをかけ、キャスト時に動いたハンドルでベールが返るのを防止。
  • シャワー洗浄可:流水による水洗いが可能
  • ソルト対応
  • ハンドルノブS交換可

18タトゥーラ スピニングモデルの発売日と最安値

18タトゥーラ スピニングモデルの発売日は2018年05月発売予定となっている。

すでに発売開始!

ダイワ(DAIWA) 18タトゥーラ スピニングモデル

ダイワ(DAIWA) 18タトゥーラ スピニングモデル

ダイワ(DAIWA)

18タトゥーラ スピニングモデルは、すでに予約発売が開始されている。

私が確認したところでは、18タトゥーラ スピニングモデルLT2500の最安値は楽天市場で税込20,655円〜販売されていた。

18タトゥーラ スピニングモデルLT2500の価格は税抜22,700円=税込24,516円だが、実売価格は税込20,000円程度となっている。大体4,000円ほど安くなっているようだ。

価格の安いショップは先に完売してしまうことが多いので、気になる方はお早めに。

まとめ

ダイワの2018年新作スピニングリール「18タトゥーラ スピニングモデル」は、バスフィッシングの本場アメリカで磨き上げられてきた「タトゥーラ」ブランドのスピニングモデルだ。

今や全米でのメインブランドともなった「タトゥーラ」ブランド。これまでベイトリールやロッドなどのアイテムを展開してきたが、遂に生まれた待望の「世界標準」スピニングリールが「18タトゥーラ スピニングモデル」だ。

2018年のダイワの目玉ともなるスピニングリールの新基準「LTコンセプト」を組み込んでおり、コンセプト通り「軽さ」と「耐久性」という相反する要素を両立。特にその軽さは、定価2万円程度の価格帯としては驚異的となる、2500番サイズで自重190gという軽さを誇る。

さらに、大口径ドラグノブ、ATD、タフデジギヤ、ロングキャストABSスプールを搭載し、バスフィッシングを楽しむための性能もブラッシュアップ。スピニングリールとしての高度な性能に加え、バス釣り特有の繊細かつアグレッシブな釣りにも完全対応できるスペックを完全装備している。

デザインも、かっこいいブラック1色の漆黒デザインで、これまでのベイトリール「タトゥーラ」シリーズ同様、手に持つだけでワクワクするような新モデルとなっている。


▼2018年新作リール特集も必見!!

「2018年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア全モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2018.02.23
▼2017年新作リール特集も必見!!

「2017年新作リール」シマノ・ダイワ・アブガルシア・メガバス全32モデルまとめ。スピニング&ベイトリール【バス釣り向け】

2017.02.19

18タトゥーラ スピニングモデル好評発売中!

ダイワ(DAIWA) 18タトゥーラ スピニングモデル

ダイワ(DAIWA) 18タトゥーラ スピニングモデル

ダイワ(DAIWA)

18タトゥーラ スピニングモデルの最安値と在庫を見る

DAIWA : タトゥーラ(スピニングモデル) - Web site

SHAREこの記事をシェアしよう!

「18タトゥーラ スピニングモデル」ダイワのLTコンセプトを採用し、バス釣りに特化した高スペックスピニングリール!