フリーノット ボウオン「ボディグリッドジャケット・パンツ」保温・防水性に優れ、動きやすさも抜群!秋〜春まで活躍する新設計の防寒&防水ウェア!

フリーノット ボウオン「ボディグリッドジャケット・パンツ」保温・防水性に優れ、動きやすさも抜群!秋〜春まで活躍する新設計の防寒&防水ウェア!
フリーノット - ボディグリッドジャケット・パンツ

ハヤブサのフリーノットが展開する防水防寒アウターシリーズ「BOWON(ボウオン)」の「ボディグリッドジャケット」と「ボディグリッドパンツ」は、ハヤブサ独自の新設計「BODY GRID(ボディグリッド)」を採用することで、抜群の保温性・防水性と動きやすさを両立した光電子®採用の新しい防寒・防水ウエアだ。

釣り具業界ではハヤブサだけが使用できる保温素材「光電子®」は、人の身体が動かずとも自然に発している遠赤外線を吸収し、それを増幅して身体に戻すという「輻射循環作用」により、体の中まで温めてくれる保温素材。

従来多くある保温素材は、人体から発生する汗などの水分を利用して保温するのに対し、「光電子®」は保温時に水分を必要としないので蒸れにくく、動いていなくても温かいので、とても快適な防寒着を作ることが出来る素材なのだ。

さらに、「ボディグリッドジャケット」と「ボディグリッドパンツ」には、対水圧20000㎜、透湿性10000gという優れた防水性能を持つハヤブサ独自の防水透湿素材「レインブレス」を採用。「BOWON(ボウオン)」シリーズ従来の商品と同様に防水性能にも優れたウェアに仕上がっている。

ちなみに「光電子®」は、先日ご紹介した光電子®ダウンウエア「ボディグリッドダウンジャケット」「ボディグリッドダウンパンツ」や、アンダーウェアシリーズ「レイヤーテック」でも使用されており、長年アウトドアシーンで製品展開されることでその性能が培われてきた、ノウハウの詰まった保温素材だ。

▼「ボディグリッドダウンジャケット・パンツ」のご紹介はコチラから。

フリーノット フォーオン「ボディグリッドダウンジャケット・パンツ」は快適素材を最適配置!ダウンで更に温かく、動きやすい快適防寒着!

2018.03.01

▼「レイヤーテック」新製品のご紹介はコチラから。

ハヤブサ フリーノット「レイヤーテック」は、冬のマストアイテム!『ジッとしていても温かい』アンダーウェアが、新生地採用で更に温かく快適に!

2018.02.25
今回は、ハヤブサのフリーノット「BOWON(ボウオン)」の「ボディグリッドジャケット」と「ボディグリッドパンツ」をご紹介しようと思う。

ボディグリッドジャケット・パンツの特徴

ボディグリッドジャケット・パンツの特徴

ボディグリッドジャケット・パンツの特徴

今回ご紹介する「ボディグリッドジャケット・パンツ」は、「光電子®」を生かしたウェアづくりを展開してきたフリーノットの防水防寒アウターシリーズ「BOWON(ボウオン)」が独自の新設計「BODY GRID(ボディグリッド)」を採用したダウンウェアだ。

「ボディグリッドジャケット・パンツ」の一番の大きな特徴となる「BODY GRID(ボディグリッド)」は、ハヤブサが新たに提案するウェア設計テクノロジーだ。

BODY GRID(ボディグリッド)とは?

「BODY GRID(ボディグリッド)」最大の特徴は、寒さを感じやすい部位には保温素材を採用して「保温力」を確保し、一方で、動きが大きい部位にはストレッチ素材を採用することで「動きやすさ」を確保しているという点だ。

具体的には、寒さを感じやすい背中の中央部と首筋、また肩から上腕にかけてには、毛足が長く保温性の非常に高い起毛素材を配置することで優れた保温性を確保。その他の裏地全体には短い起毛素材を配置することで保温性を確保しつつも滑りが良くなり、動きやすさを確保している。

このように、ひとつのアイテムの中に、各パーツに快適な素材を最適な場所に配置することで、「保温力」と「動きやすさ」という相反する要素の両立を実現。まさに動きを伴うアウトドアシーン=釣りに最適な防寒着となっている。

秋〜冬〜春の3シーズン使える高機能アウター

「ボディグリッドジャケット・パンツ」は、秋〜冬〜春の3シーズンに対応できるようにこだわって設計されている。

防寒着ではあるものの、中綿を多く入れすぎていないので着膨れすることがなく、インナーダウン等の防寒性のあるインナーを重ね着しやすいのも大きな特徴だ。そのため、極寒期には防寒性の高いフリースやダウンなどのインナーを着用し、秋や春には軽めのインナーを着用すれば、動きやすさを損なわずに快適な温度調節が可能なのだ。

特に、極寒期のインナーには、先日ご紹介したアンダーウェアシリーズ「レイヤーテック」の厚手生地を使ったアイテムを組み合わせれば、保温効果が倍増する。

▼「レイヤーテック」新製品のご紹介はコチラから。

ハヤブサ フリーノット「レイヤーテック」は、冬のマストアイテム!『ジッとしていても温かい』アンダーウェアが、新生地採用で更に温かく快適に!

2018.02.25

また、「ボディグリッドジャケット・パンツ」の裏地には、保温性に優れた「光電子®リコット起毛」と「光電子®シープバック超厚手」を採用。もともと防水性能の高い「ボウオン」シリーズのアイテムに、2種類の「光電子®」素材を効果的に組み合わせることで、雪の降る真冬はもちろん、天候が崩れやすい秋や春先といった、防寒に加えて防水性能が欲しい季節でも大活躍してくれる高機能アウターとなっている。

ボウオン ボディグリッドジャケット

ボウオン「ボディグリッドジャケット」は、ハヤブサの新設計テクノロジー「BODY GRID(ボディグリッド)」を採用した光電子®ジャケットだ。

表生地には2層構造の防水透湿素材「レインブレス」を採用し、袖口には雨水の浸入を防ぐ二重ライナー構造を採用、さらにフロントジップやポケットのジッパーを止水仕様することで優れた防水性能を実現している。

熱が逃げやすく体を冷やしやすい背中や首筋、また肩から上腕にかけてには、毛足が長く保温性の非常に高い起毛素材を配置することで優れた保温性を確保。抜群の保温性で真冬でも安心の温かさを実現している。また、裏地には「光電子®リコット起毛」と「光電子®シープバック超厚手」を採用することで保温性に加えて起動性を確保。

秋〜冬〜春の3シーズンに対応できる高機能防寒・防水ジャケットだ。

サイズ カラー 価格
S~3L ブラック・ライトグレー 39,000円

※3Lサイズは41,000円

ボウオン ボディグリッドパンツ

ボウオン「ボディグリッドパンツ」は、ハヤブサの新設計テクノロジー「BODY GRID(ボディグリッド)」を採用した光電子®ダウンパンツだ。

表生地には2層構造の防水透湿素材「レインブレス」を採用し、左大腿部ポケットのジッパーを止水仕様することで優れた防水性能を実現している。

熱が逃げやすく体を冷やしやすい大腿部と腰部には、毛足が長く保温性の非常に高い起毛素材を配置することで優れた保温性を確保。抜群の保温性で真冬でも安心の温かさを実現している。また、裏地には「光電子®リコット起毛」と「光電子®シープバック超厚手」を採用することで保温性に加えて起動性を確保。

秋〜冬〜春の3シーズンに対応できる高機能防寒・防水パンツだ。

サイズ カラー 価格
S~3L ブラック 29,000円

※3Lサイズは31,000円

まとめ

ハヤブサのフリーノットが展開する防水防寒アウターシリーズ「BOWON(ボウオン)」の「ボディグリッドジャケット」と「ボディグリッドパンツ」は、ハヤブサ独自の新設計「BODY GRID(ボディグリッド)」を採用することで、抜群の保温性・防水性と動きやすさを両立した光電子®採用の新しい防寒・防水ウエアだ。

寒さを感じやすい部位には毛足の長い保温素材を、動きが大きい部位には毛足が短く滑りの良い素材を配置というように、「快適素材を最適配置」することで「保温力」と「動きやすさ」を両立。また、表生地には2層構造の防水透湿素材「レインブレス」を採用しているので防水性能にも優れ、真冬の釣りから天候が崩れやすい秋や春の釣りでも快適に動くことが出来る。秋〜冬〜春の3シーズンという非常に幅広いシーズンを通して使うことが出来る、優れた高機能アウターだ。

レイヤードを前提として作り込まれているため、自分でインナーを組み替えることで細かな温度調整が可能なのも大きなメリットのひとつ。釣りに出て、「意外と今日は暑かった」とか、「思っていたよりも今日は寒いな」と思うような場合にもインナーを別に用意しておけば、サッと着替えて対応できる優れものだ。

▼防寒アイテムまとめもチェック!

人気の「釣り防寒着」おすすめランキング。選び方からコスパ最強の安い防寒着も!

2015.12.16

ボディグリッドジャケット・パンツ好評発売中!

ボディグリッドジャケット・パンツの最安値と在庫を見る

SHAREこの記事をシェアしよう!

フリーノット ボウオン「ボディグリッドジャケット・パンツ」保温・防水性に優れ、動きやすさも抜群!秋〜春まで活躍する新設計の防寒&防水ウェア!