「最強の釣り防寒着」極寒でも最強の温かさのヒーター付き(電熱)防寒ベストが凄い!

釣り防寒着
「最強の釣り防寒着」極寒でも最強の温かさのヒーター付き防寒ベストが凄い!

今回は「最強の釣り防寒着」をご紹介する。それは、極寒でも最強の温かさを発揮する「電熱ベスト(ヒーターベスト)」である。

真冬の極寒の水辺で釣りをするのは、正直ツライもの。基本的に防寒着は自分の体温を保温するものなので、血行が良い人ならすぐにぽかぽか温まるかもしれないが、そうでない人はじっとしていると体温を奪われて寒くなってくる。さらに、私のように冷え性だったりすると、手足がどんどん冷たくなり、動かなくなってしまう。

今回ご紹介する「最強の釣り防寒着」は、以前【釣りの防寒対策についてまとめてみた。おすすめ防寒着・防寒具の紹介】の記事でも紹介した、真冬の釣りの裏技としてオススメの「電熱ベスト(ヒーターベスト)」のことだ。

それでは、この電熱ベスト(ヒーターベスト)の「最強の釣り防寒着」ぶりをご紹介しよう。

「最強の釣り防寒着」で快適な釣りを楽しもう!

冬の釣りに「カイロ」だけでは限界があった

アイリスオーヤマ 衣類に貼るカイロ ぽかぽか家族
アイリスオーヤマ 衣類に貼るカイロ ぽかぽか家族

私はこれまで、極寒の釣行時には自分の体温以外に熱源を持とうと「使い捨てカイロ」を総動員していた。

貼るカイロを、腰やお腹などの身体の冷えやすい部位に貼り、さらに、貼らないカイロを、ズボンのポケットに入れて、手のひらを温めるようにしていた。もちろん、カイロは非常に便利で、手軽に使えるので冬の釣りでは重宝していた。

しかし、この方法では貼ったトコロだけが暑くなってしまい、あまり快適ではなかった。また、低温やけどなのか、貼ったところが痒くなったきたり、そこだけ汗をかいて汗疹がブツブツできてしまったこともあった。

カイロの厄介なところは、効きすぎて暑くなった時に剥がすのが面倒なところだ。釣り場で釣りを中断し、何重にも着ている服をめくってカイロを剥がし、また服を着直すのがかなり手間となるのだ。

カイロは安価だが、やはりもっと快適な方法はないだろうかと思っていた。そこで、「最強の釣り防寒着」と呼べるものに出会った。それが「電熱ベスト(ヒーターベスト)」だ。

「最強の釣り防寒着」=「電熱ベスト(ヒーターベスト)」

電熱ベスト(ヒーターベスト)は、冬の釣りで圧倒的に快適!

充電式ヒーター内蔵 電熱ベスト(加熱ベスト)
充電式電熱ベスト

「電熱ベスト(ヒーターベスト)」は、カイロのように冬の寒い釣り場で温かい熱源になってくれる。しかし、快適さはカイロの比ではない。ベストの形状をしているので、着ている服全体がムラなく温かくなってくれるのだ。

温度調整もスイッチひとつで簡単にできるので、カイロのように一点集中の熱源とは違い、低温やけどをしにくく、汗疹になって痒いブツブツが出来ることもなかった。また、効きすぎて暑くなってきたらすぐに電源を切ればいいのだ。

カイロのように、服をめくって剥がすような「面倒なこと」をする必要がないので、とても便利。まさに最強の防寒着だ。

機能面が充実!しかもコスパが良い!

速攻で温かくなり、温度調節が可能

カイロの場合は、温まるまでに結構時間がかかる。いくら頑張ってシャカシャカ振ったり揉んだりしても、じわじわとしか温まってくれない。温まるまでの時間は、貼るカイロの場合は約10分、貼らないカイロなら約30分かかると言われている。

それに、カイロの場合は、一度温まった後は温度調整が効かない。

それに対して、「電熱ベスト(ヒーターベスト)」は、商品によって個体差はあるものの、おおむねスイッチを入れてから約3秒で効いてくる。まさに、速攻だ。

それに、スイッチで簡単に温度調整できるのもありがたいところだ。

電熱ベストカイロ
温まる時間約3秒約10〜30分
温度調整調整可能調整不可
電熱ベストとカイロの比較

ヒーター内蔵だけど、着心地は抜群で軽い

「電熱ベスト(ヒーターベスト)」では、遠赤外線加熱技術を採用している。そのため、人体に有害な放射線を発生させることなく、急速に温かさを生むことができる。

また、この技術のおかげで、使用する素材も柔らかくて薄く、軽量化することが可能となっている。他の防寒着と重ね着をしても、それほどごわつかないので快適だ。

ボリュームのあるダウンのように着膨れしないので、釣りの邪魔にならないのが良いところだ。

ヒーターの電源はUSBの軽量バッテリー

「電熱ベスト(ヒーターベスト)」の電源は、コードレスの軽量バッテリーを使用している。充電式で何度も繰り返し使えるのが嬉しい。

基本的にUSBで充電できるので、スマホのような手軽さで使うことができる。また、バッテリーはコンパクトで軽量なので安心だ。

多くの場合、低温で使用していれば、フル充電で10時間近く使え、高温でも5時間近く持つので、釣行での使用は十分だ。

また、基本的にはバッテリーを自分で交換できるので、バッテリーが寿命を迎えても交換することで長く使えて経済的だ。

電気代が安いのでコスパが最高!

「電熱ベスト(ヒーターベスト)」の気になる電気代は、ほぼゼロと考えていいと思う。

基本的に、毎日フル充電で使っても1ヶ月で約12円くらいだろう。週末だけに釣りに行くなら、3円もかからない計算だ。

カイロを1シーズンで何パックも買うより、数シーズン使える電熱ベストのほうが、長い目で見てコスパが良くなるだろう。

うれしい撥水加工!

「電熱ベスト(ヒーターベスト)」は、上位モデルの場合、釣りには嬉しい撥水加工となっているモデルが多い。

ベスト自体は、他の防寒着と重ね着するのであまり意味は無いかもしれないが、撥水加工だと汚れが付きにくいので、長く使えてありがたい。

お手入れも簡単、手洗いOK

「電熱ベスト(ヒーターベスト)」は、電気を使っているので洗うのは無理なのでは?と思うかもしれない。しかし、なんと手洗いが可能だ。

冬とはいえ、電熱ベストは発熱するので、意外と汗をかくもの。こまめに洗濯できれば、気持ちよく釣りを楽しめて快適だ。また、シーズンが終わったときに手洗いをしておけば、翌年も快適に使うことができる。

「最強の釣り防寒着」電熱ベスト(ヒーターベスト) まとめ

今年もすでに完売アイテムあり。買うならお早めに!

以上が、最強の釣り防寒着「電熱ベスト(ヒーターベスト)」についてのまとめだ。

電熱ベストには、ベストタイプ以外にも、袖付きのジャケットタイプやパンツタイプのラインナップもある。どれも釣り人には便利なアイテムだ。

超極寒のフィールドで釣りをする場合は、これらのアイテムを追加して使うと良いだろう。

この「電熱ベスト」は、使い勝手の良さから、シーズンに入るとよくテレビや新聞で取り上げられる。そのたびに、ネットショップでは人気商品が品切れ状態となることも多い。気になる場合は、在庫のあるうちに手に入れて快適な釣りを楽しもう!

格安の「電熱ベスト(ヒーターベスト)」も登場!

充電式ヒーター内蔵 電熱ベスト
充電式電熱ベスト

アマゾンや楽天では、格安の「電熱ベスト(ヒーターベスト)」が登場している。

メーカーによってヒーターの数や位置が若干異なるが、概ねの性能は同じだ。気に入ったデザインがあれば、デザインでチョイスしても良いだろう。

ただし、注意点としては、格安タイプにはバッテーリーが付属していない事が多いので、別途モバイルバッテリーを購入する必要がある。また、格安タイプだと、撥水加工もないことが多いので、悪天候時はジャケットの下などに着用すればいいだろう。

低価格のアイテムは、とりあえず「電熱ベスト(ヒーターベスト)」を試してみたい!という方にはおすすめだ。価格を抑えたい方はぜひチェックしてみよう。

これからの厳しい寒さの中での釣りは、旧来のカイロや防寒着だけでなく、ぜひ文明の利器である電気を使った「電熱ベスト(ヒーターベスト)」を利用してみてはいかがだろうか。