Bassblog[バスブログ]

「レボロケット」超ハイスピードリールだからこそ、釣れる魚がいる!アブガルシアの新コンセプトスピニングリール!

アブガルシア(AbuGarcia)の「レボロケット(Revo ROCKET)」は、ギア比7.0の超ハイスピードギアを搭載し、圧倒的な巻取りスピードの速さを実現したスピニングリールだ。

アブガルシア従来のスピニングリールよりも、巻取りスピードが約12%もアップしている「レボロケット」。

その巻取りの速さを生かして、ピックアップ速度を高めたスピーディな釣りや、糸ふけを瞬時に巻き取り確実なフッキングを可能にしてくれる。

さらに、ソルトシールドベアリングやIM-C6ボディなど、アブガルシアの誇る最新技術も搭載。

そんな釣れるスピニングリールとして磨き抜かれた「レボロケット」の魅力とは、どのようなものだろうか?

今回は、アブガルシア(AbuGarcia)の2017年新作スピニングリール「レボロケット(Revo ROCKET)」について詳しくご紹介しようと思う。

「レボロケット(Revo ROCKET)」の特徴

超ハイスピード!圧倒的な巻きの速さ!

アブガルシア(AbuGarcia)「レボロケット」(Revo ROCKET)

「レボロケット」最大の特徴は、ギア比7.0という超ハイスピードギア搭載による、圧倒的な巻取りスピードの速さだ。

その巻取りスピードは、従来のアブガルシアのスピニングリールと比べて約12%もアップ。

なんと、1番手上のサイズのモデルをも超える最大巻取長を実現している。

レボロケットとレボPRM(従来モデル)の巻取長比較

ちなみに、従来のアブガルシアのスピニングリールとして「レボPRM」と「レボロケット」の最大巻取長を比較したのが下表だ。

番手 レボPRM
(ギア比6.2)
レボロケット
(ギア比7.0)
2000 83cm 93cm
2500 87cm 98cm
3000 96cm 108cm
4000 98cm

例えば、上表のマーカーを引いたところに注目すると、

  • 「レボPRM」の3000番が最大巻取長96cm

であるのに対し、

  • 「レボロケット」は2500番台で最大巻取長98cm

もある。

つまり、「レボロケット」の2500番台は、「レボPRM」の3000番を上回る巻取りスピードを実現しているのだ。

これまで巻取りスピードを早くしたくて3000番クラスのスピニングリールを使っていた状況でも、「レボロケット」ならコンパクトで取り回しの良い2500番台を使うことができるというわけだ。

スピニングリールのハイスピード化によるメリットは?

スピニングリールがハイスピード化されることによるメリットは多くある。

上述したように、リールサイズをワンランク小さくできることで、より取り回しの良さが向上し、軽量化による疲れの軽減にもつながる。

その他にも、

  1. ルアーの回収スピードが上がり、スピーディーな釣りが可能
  2. 突発的なボイル打ちに素早く対応できる
  3. フッキング時の糸ふけを即座に巻取り、確実なフッキングができる
  4. 強風時のラインメンディングが素早くできる
  5. カバー内で掛けた魚を瞬時に引きずり出せる

などのメリットがある。

特に、ストライクポイントが限られた点の釣りとなる、

  • 適正なディスタンスを取りつつ狙う虫パターン
  • 一定のレンジのみを狙うディープの釣り

などでは、美味しいポイントを過ぎたらすぐに回収したいもの。

そこで「レボロケット」なら、狙いのポイントやレンジを過ぎたら、すぐに回収して次のポイントにルアーを打つことができる。

「レボロケット」なら、釣りのテンポがとてもスピーディーなるのだ。

カーボンと金属の”良いトコ取り”をした優秀ボディ!

「レボロケット」のボディには、「IM (インサートモールド) – C6ボディ」を採用。

この「IM-C6ボディ」とは、

  1. 高強度アルミ鋳造合金で作られたワンピースのギアボックス「X-Crafticギアボックス」
  2. アブガルシアが誇る軽量素材「C6カーボン」によるボディ

の2つをシームレスに融合した機構だ。

1.とにかく堅牢な、X-Crafticギアボックス

繋ぎ目のない堅牢なアルミ素材でドライブギアをサポートする「X-Crafticギアボックス」

金属素材ならではの安定性で、軸心がブレず快適な巻き心地をもたらす。

2.軽い!だけど強い!C6カーボン。

一方、アブガルシア独自の新素材「C6カーボン」は、マグネシウムに匹敵する剛性を持つ軽量なカーボン素材。

この軽量かつ高剛性な「C6カーボン」によって作られたボディ素材を、「X-Crafticギアボックス」と融合させたのが「IM-C6ボディ」だ。

このボディによって、「レボロケット」はカーボンの軽さと金属の堅牢さを両立した理想のボディを実現しているのだ。

ラインローターが軽いので、巻き心地が軽く、高レスポンス!

「レボロケット」のローターには、上述したアブガルシアが誇る新素材C6カーボン製の「C6カーボンローター」を採用。

C6カーボンを使うことによって、ラインローターは優れた強度と耐久性を持ちながらも、大幅に軽量化。

このC6カーボンローターを装備した「レボロケット」は、ハイギアながらも滑らかで軽い巻き心地と、回転レスポンスの良さを実現。

こうして「レボロケット」は、タフさと軽さを両立したスピニングリールとなっている。

レボロケットは、ハイギアだけど、巻き心地も良い!

「レボロケット」のドライブギアは、アブガルシア独自のコンピュータ解析技術によって、最適なギア形状を生み出す「COGギアデザイン」を採用。

さらにこのギア形状を、同じくアブガルシア独自の製法による精密マシン加工「AMギアリングデザイン」を使って、高強度アルミ製のギアを鍛造。

この「COGギアデザイン」と「AMギアリングデザイン」の両技術によって作られたドライブギアにより、「レボロケット」は、かつて無いほどの滑らかな巻き心地と耐久性を実現している。

脅威の耐久性で、過酷な環境でも安心して使える!

「レボロケット」が持つ全11個のボールベアリングのうち、ピニオンギアとラインローラー部には「Salt Shield (ソルトシールド) ベアリング」が搭載されている。

「Salt Shield ベアリング」は、撥水コートを内部にも外部にも全てに施しているアブガルシア新開発のボールベアリングだ。

回転異音の原因となる塩ガミを激減させ、初期の滑らかな回転性能が長期間持続。

リールを長く愛用できるようになる、優れたボールベアリングだ。

この「Salt Shield ベアリング」を搭載している「レボロケット」は、バス釣りなどのフレッシュウォーターはもちろん、過酷な状況のソルトウォーターでも安心して使えるスピニングリールとなっている。

「レボロケット(Revo ROCKET)」のスペック

「レボロケット」のラインナップの特徴としては、シャロースプールモデルの他にも、ソルトの大物にも対応可能なラインキャパを持つ「MS」タイプもラインナップされている。

品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
最大
巻取長
(cm)
ベア
リング
フロロ
糸巻量
(lb-m)
PE
糸巻量
(号-m)
ハンドルノブ 価格
(円)
Revo Rocket
2000S
7.0 192 3 93 11/1 4-100 0.6-100 フラット 26,000
Revo Rocket
2500S
7.0 207 5.2 98 11/1 6-100 0.8-150 フラット 26,500
Revo Rocket
2500MS
7.0 208 5.2 98 11/1 12-120 2-150 ミッドラウンド 26,500
Revo Rocket
3000S
7.0 225 5.2 108 11/1 8-150 1.2-150 ミッドラウンド 27,000
Revo Rocket
3000MS
7.0 234 5.2 108 11/1 16-150 2-220 ビッグラウンド 27,000

レボロケットの技術特性

  • Salt Shield ベアリング
  • HPCRベアリング
  • ロケットラインマネジメントシステム
  • ユニフローベール
  • AMギアリングシステム
  • 高強度耐摩耗アルミニウム青銅ピニオンギヤ
  • COGギアデザイン
  • ウォーターシールドカーボンマトリックスドラグシステム
  • C6カーボンローター
  • IM-C6カーボンボディー
  • K-Clutchアンチリバース
  • EVAノブ
  • 超々ジュラルミンメインシャフト(3000サイズはステンレス)

「レボロケット」の発売日と最安値

「レボロケット」の発売日は2017年2月末発売予定となっている。

「レボロケット」すでに発売開始!

「レボロケット」は、通販店舗ではすでに販売が開始されている。

執筆時に私が確認したところでは、最安値のモデルで税込19,094円が最安値だった。

おおよその実売価格は、2万円前半くらいだろう。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

「レボロケット(Revo ROCKET)」まとめ

アブガルシア(AbuGarcia)の2017年新作スピニングリール「レボロケット(Revo ROCKET)」は、ギア比7.0の超ハイスピードギアを搭載し、圧倒的な巻取りスピードの速さを実現したスピニングリールだ。

その巻取りの速さを生かして、ピックアップ速度を高めたスピーディな釣りや、糸ふけを瞬時に巻き取り確実なフッキングを可能にしてくれたりと、釣れるリールとして活躍してくれるだろう。

また「レボロケット」は、ソルトシールドベアリングやIM-C6ボディなど、アブガルシアの誇る最新技術も搭載して、巻き心地も耐久性も抜群だ。

フレッシュならバス釣りはもちろん、流れのあるエリアでのトラウトゲームにも最適。

ソルトなら、アジング・メバリングなどのライトゲームから、高速プラッギング、シーバスや青物まで、様々な釣りに対応できる優れたリールだ。

巻取りスピードが足りなくて、これまで取り逃がしていた魚を捕れるようにしてくれるリール「レボロケット」。

超ハイスピードモデルだからこそ、釣れる魚を「レボロケット」で獲ってみてはいかがだろうか?

▼2017年新作リール特集も必見!!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!