ボトムアップ「ブレーバー5.7」川村光大郎ブランド第一弾は、ネコリグのフォールでも誘えて、ボトムシェイクも秀逸な二刀流ワーム!

ボトムアップ「ブレーバー5.7」川村光大郎ブランド第一弾は、ネコリグのフォールでも誘えて、ボトムシェイクも秀逸な二刀流ワーム!
BOTTOMUP - BREAVOR 5.7″

ボトムアップ(BOTTOMUP)のブレーバー5.7インチ(BREAVOR 5.7″)は、川村光大郎さんの新メーカー第一弾ルアーとなるネコリグ向けワーム。

ブレーバーは、川村光大郎さんが最も得意とするネコリグでの使用をメインに開発されたワームだ。

ネコリグ用に設計された従来のストレートワームと大きく異なるのは、シャッドテールが付いているトコロ。

このシャッドテールがフォール中にもプルプルとアピールすることで、これまでアピール力の弱かったフォール中のバイトも誘える設計となっている。

その他にも、川村光大郎さんならではのこだわりが随所に込められているブレーバー。

ブレーバー(BREAVOR)という名前の意味は、ブレイク・ビヘイビアー(Breakbehavior)からきており、バスの本能を壊して思わず口を使ってしまうようなワームというのがコンセプトとなっている。

今回は、釣るためのこだわりがぎっしり詰まったボトムアップのブレーバー5.7インチ(BREAVOR 5.7″)について詳しくご紹介しようと思う。

ブレーバー5.7インチの使い方と特徴

ストレートワームとシャッドテールが融合!

ブレーバー5.7インチの使い方と特徴

BOTTOMUP – BREAVOR 5.7″

ブレーバー5.7インチは、ネコリグでの使用に特化して開発されており、ストレートワームにシャッドテールが付いた形状が特徴だ。

画像のシャッドテールの付け根をご覧いただくとわかると思うが、ブレーバーのシャッドテールはクビレからきれいに千切ることができ、通常のストレートワームとしても使うことも可能。

ひとつで2役こなすことができ、多彩なアクションでバスをバイトに持ち込めるワームだ。

基本のボトムシェイクアクションにもこだわりが!

ブレーバー5.7インチのボディ形状をよく見ると、ワームのハチマキの前後でリブの間隔と深さが異なっているのがわかる。

実は、ブレーバーはヘッド側をデコボコしたボトムでも適度に弾けるように太さと張りを持たせ、テール側は柔らかなアクションを重視して柔らく設計している。

詳しく言うと、テール側は若干細身のリングであるマイクロピッチリングという形状で、ヘッド側はリングではなく張りのある細かい逆向きのリブ形状となっている。

  • ヘッド側:デコボコしたボトムでも適度に弾ける太さと張り(細かい逆向きのリブ)
  • テール側:柔らかくアクション重視(マイクロピッチリング)

ブレーバーはヘッド部に張りを持たせることで、デコボコのボトムにネコリグのヘッドが引っ掛かっても、ヘッド側が曲がりっぱなしにならず、適度に弾いてくれるようになる。

これによってブレーバーは、シェイク時にボトムをコツコツ小突き回してくれ、生命感あふれるボトムシェイクを可能としているのだ。

この動きこそ、他のワームには真似出来ないブレーバー独自のシェイクアクション。

さらに、ブレーバーをシェイクすると、ボディーとは異なるリズムでシャッドテールがチロチロとレスポンス良く機敏にアクション。

この複合的な動きから出る艶めかしい波動により、バスもたまらずバイトしてしまうのだ。

ネコリグでのフォールバイトを増やす、魅惑のフォールアクション!

ストレートワームを使ったネコリグの場合、フォール時のアピール力がないため、フォール中にバスが食うことはほとんどない。

しかし、ブレーバー5.7インチはシャッドテールがあるおかげで、ネコリグのフォールで喰わせるという新しい食わせのテクニックを可能としている。

ブレーバーのシャッドテールは、軽いシンカーでもレスポンスよく動く設計。

バスがスレにくいように、あえてアピールしすぎず控えめにしたシャッドテールの細かい動きは、ボディーまで伝わって全身をバイブレーションさせる。

このシャッドテールが生み出す微振動により、ブレーバー5.7インチはこれまでのストレートワームには不可能だった、ネコリグのフォールによるバスのバイトチャンスを生み出すことを可能に。

その控えめなアクションは、過剰なアクションを嫌がる、タフなフィールドの低活性バスでもバイトに持ち込むことができるのだ。

テールをちぎれば、ストレートワームとしても使える!

ブレーバー5.7インチは、冒頭でも少しお話したように、シャッドテールをクビレからきれいに千切ることができる仕様になっている。

これは、シャッドテールを千切ってストレートワームとして使用することも想定して作られているからだ。

川村光大郎さんが言うには、ブレーバーをノーシンカーワッキーやジグヘッドワッキーで使用するときには、シャッドテールを千切って使う方がアクションが良くなるとのことだ。

CHECK!!

▶ ノーシンカーワッキーやジグヘッドワッキーの時は、シャッドテールを千切ろう!

また、サイトフィッシングで見えバスの反応を確かめるときも、シャッドテール付きで反応がなければ、テールを千切ってテールなしを瞬時に投入することができる。

このように、ワームのアクションを一瞬で変えることができるのもブレーバーの強みだ。

特に、ワームを使える僅かな時間でバイトチャンスを逃すことも多いサイトフィッシングでは、大きな武器となるだろう。

針持ちの良い素材なので、ワームも長持ち!

ブレーバー5.7インチは釣れるアクションだけでなく、使い勝手のよさにもこだわって設計されている。

ワームにシンカーをねじ込んで使うネコリグの場合、ワームの重さで針持ちが悪くなりやすく、バスのとのファイト中にワームが飛んでいってしまうことも非常に多い。

そこで、ブレーバーには針持ちの良いやや硬めで強度のある素材を採用。

ファイト中にワームが飛んでしまうことも減り、カバーにねじ込む釣りを続けていてもワームが傷みにくく、長持ちするようになっている。

また、適度な硬さのおかげでフッキング性能を維持しつつも、カバーに入ったときでもハリ先が勝手に飛び出しにくく、スナッグレス性を維持してくれるようになっている。

ワームを失いにくいので、高価なタングステンシンカーをロストしにくくなるのは非常にありがたいことだ。

ブレーバー5.7インチの適合フックは?

ブレーバー5.7インチをスナッグレスネコで使い場合の適合フックは、フィナ(FINA)のN.S.Sフックと、これにスイベルが付いたN.S.Sフック パーフェクションの#1/0と#2/0が最適サイズ。

通常は#1/0で事足りるが、フッキングを重視したい時は#2/0が良い。

  • N.S.Sフック:#1/0、#2/0
  • N.S.Sフック パーフェクション(スイベル付):#1/0、#2/0

また、ブレーバーにフックをセットするときは、目安となるポッチがハチマキ部に設けられているので、曲がらずにフックセットしやすく、ワーム本来の動きを適正に出すことができる。

このような細かな工夫も、アングラーにとっては嬉しいポイントだ。

流行りのヘビーネコリグにも対応!

ブレーバー5.7インチは、流行りの重めのシンカーを使ったヘビーネコリグにも対応。

ブレーバーのヘッド先端のフラット面は、広めの直径4mm設定。

直径3mmを超える3.5g〜5gの太いネイルシンカーでも無理なく収めることができる。

こうしてブレーバーは、軽いネコリグだけでなくヘビーネコリグも無理なく使うことができるのだ。

オープンウォーターやライトカバーだけでなく、濃いカバーからディープエリアまで幅広く対応できるワームとなっている。

ブレーバーは、味と匂いにもこだわりが!

ブレーバー5.7インチは、味と匂いにもこだわりがある。

現在、市場に出ている多くのワームに付けられている匂いやフレーバーは、エビやイカがメインだ。

この成分にはアミノ酸が含まれており、付いていない場合より付いていて方がバスの反応は、もちろん良い。

しかしブレーバーには、ワーム自体を小魚をイメージして使う場合でも違和感がないように、さらに魚粉もプラスしてブレンド。

これまでエビやイカの匂いに違和感を持ったバスも、逃さずバイトに持ち込めるはずだ。

ネコリグ以外でも、もちろん釣れる!

ブレーバー5.7インチはネコリグに特化した設計ではあるが、もちろんネコリグ以外の使い方でもバスが釣れる。

特に、テスト段階ではダウンショットリグでの釣果も多くあがっていたというので、ダウンショットも効果的な使い方だろう。

ちなみに、ダウンショットでは、テールを千切らずに使うほうが良いとのことだ。

また、前述したように、クビレのところからシャッドテールをカットすれば、ノーシンカーワッキーやジグヘッドワッキーとして魅力的なアクションを出すこともできる。

その他にも、通常のノーシンカーやテキサスリグなんかでもかなり釣れそうだ。

解説動画

ボトムアップブレーバー

川村光大郎さんによるブレーバー5.7インチの解説動画が公開されている。

また、動画内ではブレーバーの水中アクションも見ることが出来る。

ぜひチェックしてみよう!

ブレーバー5.7インチ(BREAVOR 5.7)のスペック

名称 サイズ 入数 価格
BREAVOR 5.7″ 5.7インチ 8本 750円

カラーバリエーション

ブレーバー5.7インチのカラーバリエーション

BREAVOR 5.7″ – color variations

ブレーバー5.7インチのカラーバリエーションは、全12色。

  1. M001 スモーキンベイツ
  2. M002 クリアピンク
  3. M003 スカッパノン
  4. M004 ダークシナモンブルー&ペッパー
  5. M005 グリパンペッパー
  6. M006 ギャラクシーブラック
  7. M007 ライムチャート
  8. T201 ナチュラルシャッド
  9. T202 DOZEU
  10. T203 K.O.シュリンプ
  11. T204 ウィードシュリンプ
  12. T205 グリパンチャート
全部使いたくなってしまうくらいに、どのカラーにも川村光大郎さんのこだわりを感じる。

ブレーバー5.7インチ(BREAVOR 5.7)の発売日

ボトムアップブレーバー 5.7インチの発売日は2017年3月発売予定。

すでに発売開始!

ブレーバー5.7インチは、通販店舗ですでに予約販売が開始されている。

かなりの人気が予想されるので、気になる方はお早めにご予約を。

まとめ

ボトムアップ(BOTTOMUP)のブレーバー5.7インチ(BREAVOR 5.7″)は、川村光大郎さんの新メーカーボトムアップの第一弾ルアーとなるネコリグに特化したワーム。

ストレートワームにシャッドテールが付いた形状が特徴で、これまでアピール力の弱かったネコリグでのフォール中のバイトを狙える設計だ。

また、デコボコのボトムでも破綻しない生命感溢れるシェイキングアクションや、針持ちの良い設計、瞬時にアクションを変更できるカット可能なテールなど、釣るための工夫がこれでもかというばかりに詰め込まれたアイテムだ。

人気の商品で入手が難しいかもしれないが、もし手に入ればこの春から即投入したいワーム。発売が楽しみだ。

ブレーバー5.7好評発売中!

ブレーバー5.7の最安値と在庫を見る

(予約品) ボトムアップ BREAVOR 5.7 M005 グリパンペッパー (3月入荷予定)

SHAREこの記事をシェアしよう!

ボトムアップ「ブレーバー5.7」川村光大郎ブランド第一弾は、ネコリグのフォールでも誘えて、ボトムシェイクも秀逸な二刀流ワーム!