Bassblog[バスブログ]

「17バスワンXT」はベイトリール初心者に最適モデル!中級機に迫る高性能で、コスパに優れたエントリーベイトリール!

シマノ(SHIMANO)から「17バスワンXT(BASS ONE XT)」が登場。

「17バスワンXT」は、シマノのエントリーベイトリールとして人気の「11バスワンXT」のフルリニューアルモデルだ。実に6年ぶりのリニューアルとなる「17バスワンXT」は、「16カシータスMGL」をベースモデルとしてカッコ良いブラックのデザインに一新。

見た目だけでなく、機能面も現代のバス釣りに合わせて最適化され、エントリークラスを超えたスペックでベイトリールの入門には最適なモデルとなっている。

今回は、シマノ(SHIMANO)の2017年新作ベイトリール「17バスワンXT(BASS ONE XT)」について詳しくご紹介しようと思う。

「17バスワンXT(BASS ONE XT)」の特徴

「17バスワンXT」は、エントリーモデルでも本格派ベイトリール!

「17バスワンXT」はエントリーモデルながら、オールラウンドに使えるバーサタイル性と扱いやすさで評価の高いベイトリールだ。

コンパクトで軽量化された「17バスワンXT」!

「17バスワンXT」は、旧モデルの「11バスワンXT」よりもボディサイズをコンパクト化。自重も10gの軽量化に成功している。

ボディサイズのコンパクト化に伴ってラインキャパシティも、20lb-100mの200番から16lb-100mの150番へとコンパクトになり、より現代のバスフィッシングに最適なボリュームになっている。またギア比も旧モデルの6.2から7.2にハイギア化され、小型ルアーのプラッギングやワーミングがしやすい仕様になっている。

スプールに小型化で飛距離アップ!?

「17バスワンXT」のスプール寸法は、旧モデルと同じ34mm径ながらスプール幅が25mmから22mmと小型化。ラインキャパも減少しており、旧モデルより全体的なスプール重量が軽くなるので、飛距離性能もアップしているはずだ。

また、このスプールには2つのベアリングによって支えられる「スーパーフリースプール」を採用。クラッチを切った際のスプールフリー性能を滑らかなベアリングによって極限まで軽くし、飛距離性能をより良くしてくれる。

本格仕様の遠心力ブレーキ「SVS」を標準装備!

「17バスワンXT」の最大の目玉と言えば、低価格モデルながらシマノの誇る遠心力ブレーキ「SVS」を搭載していることだ。この「SVS」により、キャスト時の敏速な立ち上がりと、フルキャスト時の伸びやかな弾道を実現。不快なバックラッシュも低減し、ストレスフリーで快適な釣りを楽しませてくれる。

防錆ベアリング「S A-RB」仕様。海水OKで耐久性にも優れる!

「17バスワンXT」が搭載するベアリングは、シマノの誇る防錆ベアリング「S A-RB」を採用。さらに、旧モデルよりもベアリング数を1つ増やし、合計4つのボールベアリングを搭載している。

防錆ベアリング「S A-RB」は、細かな塵の侵入を防ぐ構造で初期のなめらかな回転が長期間持続。使用後の手入れはシャワー洗浄程度で良く、面倒で大掛かりなメンテナンスをしなくてもリールを長持ちさせてくれる。

「17バスワンXT」は、この防錆ベアリングの搭載と外装の防腐処理により、海水での仕様も可能。ソルトルアーを楽しむにも最適なベイトリールとなっている。

「17バスワンXT」と「16カシータスMGL」の違いは?

ここからは、「17バスワンXT」と、そのベースとなった「16カシータスMGL」との違いを見てみよう。

製品名 17バスワンXT 16カシータスMGL
ギア比 7.2 6.3/7.2
自重 210g 190g
スプール寸法
(径mm/幅mm)
34/22 34/22
糸巻量(lb-m) 16-100 14-100
最大ドラグ力 5.0kg 4.5kg
スプールタイプ アルミ NEWマグナムライト
(超々ジュラルミン)
S3Dスプール
ブレーキ SVS NEW SVS ∞
ドラグ クロスワッシャ カーボングロスワッシャ
防錆ベアリング 4 2
総ベアリング数 4/1 4/1
価格 9,500円 21,000円
実売価格 7,500円程度 15,000円程度

小型ルアーは「16カシータスMGL」のほうが扱いやすい

「17バスワンXT」と「16カシータスMGL」の違いを見ると、やはり大きな違いは「16カシータスMGL」が軽量の超々ジュラルミン製「NEWマグナムライト」を採用している点だろう。また、両者のスプール寸法は同じながら、ラインキャパシティは「16カシータスMGL」の方が少ないので、スプール自体が浅溝であることがわかる。

ブレーキも「17バスワンXT」のSVSに対し、「16カシータスMGL」は最新の遠心力ブレーキ「NEW SVS ∞」を搭載。自重も「17バスワンXT」は「16カシータスMGL」よりも20g重い210gとなっており、これらを総合的に見ても、特に軽量ルアーを使うことに関しては「16カシータスMGL」の方がかなり快適に使えるリールとなっている。

やはり、軽量ルアーを投げるためには高度かつ精密な技術が必要になってくるため、価格も高くなるということか。

「17バスワンXT」の方が「16カシータスMGL」よりも耐久性に優れる!?

しかしながら、「16カシータスMGL」の半額で買える「17バスワンXT」にも、優れた点を見つけることができる。

それは、「16カシータスMGL」は防錆ベアリングを2つしか搭載していないのに対し、「17バスワンXT」の防錆ベアリングは4つ搭載しており、2つも多くなっているところだ。また、最大ドラグ力も、「16カシータスMGL」の4.5kgに対して「17バスワンXT」は5.0kgと僅かながら強くなっているのだ。

ボディのフレーム素材は、両者ともに「高強度樹脂」を採用し、リールの心臓部であるドライブギアも同じく高強度真鍮製。同じ素材で作られている「16カシータスMGL」と「17バスワンXT」の剛性・強度は、データ上は同じ程度となる。しかし、最大ドラグ力を大きく設定している「17バスワンXT」の方が実質的な剛性は強いのではないだろうか。

さらに、外装を防腐処理されて全てのベアリングが防錆となっている「17バスワンXT」は、耐久性の面では「16カシータスMGL」よりも優れているはずだ。

リールをガンガン使い倒したい人には「17バスワンXT」が最適

このように見ると、軽量ルアーの飛距離性能という点で「16カシータスMGL」には劣るものの、「17バスワンXT」は耐久性に優れたリールである事がわかる。

それでも、ベイトリールでクランキングしたりスピナーベイトやバイブレーションを巻くには十分な性能。逆に、重量のあるルアーなら「17バスワンXT」の方が安定感があるかもしれない。とにかくフィールドにたくさん出て、ガンガンルアーを投げまくりたいというアングラーには「17バスワンXT」は最適なベイトリールだろう。

「17バスワンXT(BASS ONE XT)」のスペック

品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
巻取長
(cm)
ナイロン
糸巻量
(lb-m)
ベア
リング
価格
(円)
17バスワンXT
RIGHT
7.2 210 5.0 77 12-130
14-110
16-100
4/1 9,500
17バスワンXT
LEFT
7.2 210 5.0 77 12-130
14-110
16-100
4/1 9,500

17バスワンXTの機能

  • SVS
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

「17バスワンXT」の発売日と最安値

「17バスワンXT」の発売日は、モデルによって異なる。

  • 17バスワンXT RIGHTモデル:2017年3月発売予定
  • 17バスワンXT LEFTモデル:2017年5月発売予定

「17バスワンXT」の価格は9,500円となっているが、実売価格は7,500円前後となっている。一部の通販店舗ではすでに予約販売が開始されている。私が確認したところでは、最安ショップは税抜6,650円〜販売されていた。

「17バスワンXT」は、これまでご紹介してきた性能を搭載していながらも、価格はなんと6千円台。非常にコストパフォーマンスに優れた、素晴らしいエントリーベイトリールということは間違いないだろう。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

「17バスワンXT(BASS ONE XT)」まとめ

「17バスワンXT」は、カッコ良いブラックのデザインに一新し、機能面も現代のバス釣りに合わせて最適化され、エントリークラスを超えたスペックでベイトリールの入門には最適なモデルだ。

税抜6千円台から購入できる最強のコスパに、ベイトリールとしての十分な性能と優れた耐久性を持ち合わせているので、これからベイトリールを初めてみようという、ベイトリール初心者にオススメのモデル。

また、釣り好きの子供にプレゼントするのにも最適だろう。デザインも現代風でカッコよくなったので、子供がもらったらかなり喜ぶのではないだろうか。

▼2017年新作リール特集も必見!!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!