Bassblog[バスブログ]

「HRFパドルホッグ」使う地方ごとに釣れるカラーをラインナップ!地域の特性を活かしてロックフィッシュを攻略しよう

2016.11.09.ルアー
ダイワ「HRFパドルホッグ」

ダイワから「HRFパドルホッグ」が登場する。

「HRFパドルホッグ」は、バス用のホッグラーム「PUパドルホッグ」をベースに、ロックフィッシュで人気のカラーをラインナップしたアイテムだ。

「HRFパドルホッグ」のアクションや使い方、特徴的なカラーも合わせて見ていこう。

「HRFパドルホッグ」の使い方と特徴

「HRFパドルホッグ」の特徴

「HRFパドルホッグ」のベースは、バス用ワームである「PUパドルホッグ」。

ちなみに「PUパドルホッグ」は「FECO エコタックル」認定商品でもあり、バス釣りではトーナメンターも愛用している高実績のワームだ。

この「PUパドルホッグ」が大型のロックフィッシュで大きな実績を出してきたことにより、ソルトモデルで待望の登場となったのが「HRFパドルホッグ」。

ベースは「PUパドルホッグ」でありつつも、日本各地の地方ごとに実績のあるカラーを集めたロックフィッシュ用ワームとなっている。

食い込みの良い3インチのコンパクトボディで、アイナメ・カサゴ・ソイ・キジハタ(アコウ)・ヒラメ・マゴチ等の、幅広いターゲットに効く強力アイテムだ。

食い渋りに強いコンパクトボディには、釣れる仕掛けがいっぱい!

食い渋りに強いコンパクトボディには、釣れる仕掛けがいっぱい!

「HRFパドルホッグ」は、障害物回避能力に長けており、シェイキングのみならず、フォールでも両手とサイドレッグを揺らしアピールする。

上の図を元に、各パーツの特徴を見てみよう。

  1. 扁平なボディは針持ちが良く、フッキングしやすいフォルム。
  2. サイドのレッグは、フォールでもシェイクでも微妙な動きでアピール。
  3. 大きな爪は水を強く押し、着底時にパタッと倒れたときにバイトチャンスを作り出す。
  4. ホッグワームの要であるパドルは、外側は厚く、中が薄い設計。水をしっかりと噛み、ゆっくり倒れ込んでナチュラルアピール。
  5. 二本の細長いヒゲは、僅かな水流でも生命感の溢れる動きで魚にアピールする。

さらに、集魚力を高めバイトした魚が離しにくい「シュリンプパウダー&フレーバー」を配合。動きに合わせて、味と匂いで魚に強烈アピールできる。

「HRFパドルホッグ」のスペック

名称 サイズ 入数 価格
HRF パドルホッグ 3インチ 7本 750円

「HRFパドルホッグ」のカラーバリエーション

「HRFパドルホッグ」のカラーバリエーションは、全10色。

それぞれのカラーが厳選されて良く作りこまれている。自分の使うエリアに合わせてカラーチョイスをしよう。

「HRFパドルホッグ」のカラーバリエーション
  1. リュウグウハゼ
    リュウグウハゼは、東北でデカアイナメの特効餌として古くから使われている魚。なんと、カラーリングは1本ずつハンドペイントしているとのこと。
  2. スーパーグロー(夜光)
    強発光のスーパーグローカラー。夜釣りや、濁りが強い時にシルエットを際立たせてアピールできるのでGOOD。
  3. ネオン
    キジハタゲームでは鉄板のカラーだ。魚の状態に左右されにくい万能カラー。
  4. ロックチャート
    オールマイティーに使える人気のツートンカラー。全国どこでも使える万能系だ。アイナメ、キジハタ、ソイなどにオススメ。
  5. アピールパドル(ケイムラ発光)
    全国的に人気の「日本海クリア」に、パドルのカラーリングでアピール力をプラス。ちなみにこれもパドル部分はハンドペイント。
  6. ホロオレンジ
    瀬戸内海側のキジハタ釣りには最適なカラー。ツートンカラーでアピール力が高い。
  7. ケイムラ艶クリア(ケイムラ発光)
    これは、日本海側のキジハタ釣りに最適なカラー。ケイムラクリアにパープルラメを配合し、強いキラメキを抑えつつ、ナチュラルなアピールを可能にしている。アピールさせすぎないので、激戦区やタフな状況で効果的。
  8. アピールレッド
    北日本で人気のカラーだ。アピール力が強く、アイナメゲームで効果絶大。
  9. 日本海クリア(ケイムラ発光)
    日本海側のキジハタ釣りで人気の高いカラー。アイナメ、ソイなどにも効果的だ。
  10. マイワシ
    名前の通り、イワシやキビナゴがメインベイトの時に効果絶大のカラー。

「HRFパドルホッグ」まとめ

「HRFパドルホッグ」は、日本各地の地方ごとに実績のあるカラーを集めており、ロックフィッシュゲームを楽しむアングラーには嬉しいホッグワームだ。

もちろん、全国的にどこでも有効なカラーもラインナップされている。各カラーの特性をつかみ、状況に合わせて使い分けることで釣果UPに結びつけよう!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!