Bassblog[バスブログ]

「アイビス(ナダ nada)」柔らかいエラストマー素材が生み出す、究極サイレントバイブレーション。これで激戦区一人勝ちだ!

2016.11.09.ルアー
ナダ(nada.)「アイビス」

ナダ(nada.)から「アイビス」が登場。

「アイビス」は、ボディ素材に柔らかいエラストマーを採用することで、究極のサイレント仕様となったバイブレーション。

通常のバイブレーションでは反応しないプレッシャーの高いポイントの魚でも、艶めかしい振動でバイトさせてしまう力を持っているルアーだ。

「アイビス」の使い方と特徴

「アイビス」の使い方と特徴

「アイビス」最大の特徴は、何と言ってもそのボディ素材だ。柔らかいエラストマーを採用することで、究極のサイレント仕様と、ワーム的な艶めかしい振動を実現している。

「アイビス」がその力を存分に発揮する場面は、硬い素材で作られたハイアピールな鉄板系バイブレーションで魚が喰わないハイプレッシャな状況だ。

このような散々叩かれたポイントであっても、完全なサイレント&タイトアクションという、ハイアピールとは真逆のアクションによって、スレたシーバスもたまらずバイトさせることができるのだ。

「アイビス」のサイズ展開は70mmと80mmの2サイズ。よりタフな状況では70mmを使うことで更なるバイトチャンスを生むことができるだろう。

なお、使用時の注意として、ボディ内部のステンレスワイヤーが曲がった状態だと、本来のアクションが損なわれてしまうので、ワイヤーが真っ直ぐな状態であることを確認して使おう。

「アイビス」のスペック

名称 サイズ 重量 価格
アイビス 70mm 11g 790円
アイビス 80mm 16g 800円

「アイビス」のカラーバリエーション

「アイビス」のカラーバリエーション

「アイビス」のカラーバリエーションは、全8色。

  1. IWASHI
  2. BORA
  3. SHIRASU
  4. BLUE PINK
  5. nada
  6. PINK BACK RAINBOW
  7. AKAKIN
  8. GREEN GOLD

「アイビス」まとめ

「アイビス」は、ハイアピールな鉄板系バイブレーションとは真逆の特徴を持つ、「静」のバイブレーション。

完全なサイレント仕様と、柔らかい素材が生み出すタイトアクションで、半ワーム的な感覚で魚を「喰わせる」能力の高いルアーだ。

激戦区でハイプレッシャーなフィールドや、魚がいるのはわかっているのに、どうもバイトしてこないような時は、この「アイビス」の出番だ。

これまで諦めていた魚も、思わずバイトさせて取れるようにしてくれる頼もしいルアーだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!