Bassblog[バスブログ]

「春のバス釣り」春のブラックバスを釣るコツと攻略法をまとめてみた

2016.11.09.春のバス釣り
「春のバス釣り」春のブラックバスを釣るコツと攻略法をまとめてみた

今回は、「春のバス釣り」の攻略法についてまとめてみた。

春のバス釣りは、デカバスを狙って釣りやすい季節。とりわけ重要なのは、バスにとっての一大イベントである「スポーニング(産卵)」があるということ。

スポーニングについては、【「ブラックバス季節の釣り方」バス釣り季節別の攻略法まとめ】の記事にも書いたが、

  1. 産卵前のプリスポーニング(プリスポーン)
  2. 産卵期のスポーニング(ミッドスポーン)
  3. 産卵後のアフタースポーニング(アフタースポーン)

の3つに分けて考えると理解しやすい。詳しくはこちらの記事をご参考に。

バスのスポーニング自体は、フィールドの最低水温から9℃程度水温が上がったあたりから始まる

目安としては、4〜5月頃だと考えればいいだろう。バスが好むのは、日当たりの良いハードボトムのシャロー。特にデカバスは、2〜3回スポーニングを行うことも多く、シャローにいる期間が長いので、春のバス釣りではデカバスを狙って釣りやすい季節になるのだ。

「春のバス釣り」のコツと攻略法

上述したように、春のバスにはスポーニングというイベントがあり、卵を産むために力を蓄える必要がある。そのため、スポーニングの直前プリスポーン期間にはたくさんエサを食べることになる。

プリスポーン時期のバス釣り

早春のプリスポーン期間は、一年でデカバスが最も釣りやすいシーズンだと言ってもいいだろう。特に、ディープで長い冬を越し、腹を空かせてようやくシャローに上がってきたバスにとって、ルアーは新鮮に見えていることだろう。

プリスポーンの時期になると、体力のあるデカバスからシャローに上がってくる。特に大きなバスは、3月初旬にはシャローで活発に活動をすることになり、この時期が一年で最もデカバスが狙いやすい時期となる。

その後、4月に入ると個体数の多い中型〜小型のバスもシャローに上がり始め、数釣りを楽しむことができる。

プリスポーン時期の大潮は狙い目

プリスポーンバスを狙う上で重要なポイントは、「大潮」の日だ。一見、潮の干満は海の釣りに関係するもので、池や湖では関係なさそうに見えるが、バスの本能的に「大潮」の日には産卵が促されるのだろう。特に普段は口を使わないようなデカバスが意外とあっさり釣れるようになる。

更に言うと、特に夜は狙い目だ。この時期の夜釣りは本当にデカバスがよく釣れる。と言うか、私自身この時期の夜釣りで40cm以下を釣ったことがない。もしかすると、小バスは身の危険を感じで身を潜めてしまっているのかもしれない。

そんなわけで、春の夜釣りは釣れればサイズが40〜60cmはあるし、数も出やすい。毎晩フィールドに通うのが楽しくてたまらないのがこの時期の特徴だ。

ミッドスポーン時期のバス釣り

ミッドスポーンの時期になると、先にオスのバスがシャローに入ってネスト(産卵床)を作り始める。その後、メスのバスがシャローに上がり始め、オスのバスが作ったネストを見て回り、気に入ったネストを見つけると、そこでスポーニングを行う。

スポーニング期のオスのバスはネストで、卵から孵った稚魚が独立する大きさになるまで子育てをする。オスのバスが卵の孵化から稚魚を守り続けるのは、だいたい1ヶ月程度と言われている。

バスはこの時期、卵や稚魚を狙う外敵に対して攻撃して追い払うようになるが、このとき攻撃する外敵を捕食はしない。その理由は、この時期のバスはホルモンの分泌で空腹を感じないためだと言われている。

しかし、バスのネストを狙った釣りは、バスへのダメージがあまりにも大きいのでオススメできない。ネストのバスを見つけても、釣ろうとはせずに温かく見守ってあげよう。

アフタースポーン時期のバス釣り

スポーニングが終わると、メスのバスはネスト付近に数日間は留まるが、その後少しディープよりのエリアに落ち、サスペンドして体力の回復を待つようになる。

一方、オスのバスはネストの卵が孵化し、稚魚が十分な大きさに成長するまで稚魚を外敵から守り続けることになる。アフタースポーンのバスは、疲れ切っているためかなかなか口を使わなくなってしまうので釣りづらい。

それでも、季節が梅雨に入ると体力が回復してきて活発に捕食するようになってくる。

春のブラックバスの居場所・釣れるポイントとパターン

以上、春バスの行動をざっと見てきたが、ここからは実際に春バス釣れるポイントとパターンについて見ていこう。

春のバス釣りでは、シャローにネストをつくることもあり、バスが常にシャローを意識していることを押さえておこう。

プリスポーン時期に釣れるポイント

プリスポーン時期の3月は、越冬場所のディープからシャローに上がるために様子をうかがっていることもあり、シャローとディープつなぐ道筋にあるストラクチャーに付くようになる。専門用語では、これを「コンタクトポイント」と言ったりもする。

毎年バスがスポーニングを好むエリアは決まっているので、そこを覚えておけば、ディープとシャローを結ぶ道筋も自ずと見えてくるだろう。

初めて行くフィールドならば、バスが越冬しそうなディープと、スポーニングに好みそうなハードボトムで日当たりの良いシャローをつなぐエリアのストラクチャーを見つけていけばいい。

ミッドスポーン時期に釣れるポイント

4月に入って水温の温かい日が続いてくると、スポーニングに向けて活性の上がってきたバスが次々とシャローに入り、産卵前の荒食いを始めるようになる。

なので、基本的にはシャローを狙えばOK。特に、この時期のバスはシャローのストラクチャーに付くことが多く、シャローのカバーを打てばかなり美味しい思いができるはずだ。

あるストラクチャーでバスが1匹釣れても、時間をおけば同じストラクチャーに他のバスが付くことも多く、一日に同じポイントで何匹も釣ることができるのもこの時期の特徴だ。

この時期に良いシャローの見分け方だが、基本的にはバスがスポーニングをするのに好む場所ということになる。それは、日当たりが良いハードボトムというのが教科書通りだが、実は日当たりがそれほど良くなくても、水温が安定して高ければ良い。

その理由は、バスの卵が孵化する期間は水温が高い方が早く、卵が早く孵化すれば、ネストで危険を顧みず卵を守る期間が短くなるので、バスにとっては好都合だからだ。

アフタースポーン時期に釣れるポイント

5月〜6月のアフタースポーン時期になると、バスそれぞれの個体によるスポーニング時期の違いから、プリスポーン・ミッドスポーン・アフタースポーンの3種類のバスが入り混じった状態になる。

基本的には遅い時期に遅れてスポーニングに入るのは小さなバスだが、デカバスが2回目のスポーニングに入ってくることもある。

この時期にデカバスを釣りたかったら、2回目のスポーニングに入ってくる個体を狙うか、アフターを狙うことになる。しかし、上述したようにアフターのバスは釣るのが難しいので、サイズを選ばずに遅れてスポーニングに入る個体をシャローで狙って楽しむほうが、釣りは楽かもしれない。

春にバスが釣れるルアー

ここからは、春に釣れるルアーについて見ていこう。

プリスポーン時期に釣れるルアー

春の「三寒四温」と言われるように、この季節は気温の上下が激しく、水温が安定しないので、バスのコンディションも日によって大きく変化してくる。そのため、昨日まで釣れていた釣りが、天候の変化によって、翌日にはパッタリ釣れなくなることもよくある難しい時期だ。

早春の3月初め頃はまだ水温も低く、バスの動きは鈍目だ。しかし、ようやく春を迎えて腹を空かせている状態なので、丁寧にバスの目の前にルアーを通せばバイトしてきてくれる。

狙うポイントは、ディープ〜シャローの間にあるコンタクトポイントになるため、ミドルレンジになることが多く、深く潜ることのできるロングビルミノーやスイムベイト、スピナーベイトが有効だ。

春のロングビルミノー

ロングビルミノーなら、アクションはこの時期有名な「ポンプリトリーブ」が良い。「ポンプリトリーブ」のやり方は、ロッドを立ててルアーをアクションさせ、ロッドが立ち上がったら、今度はロッドを戻しながら糸ふけを取り、その間にルアーをポーズさせる。

このポーズ時に、ツンと軽くラインを引っ張られるようなアタリが出るのが特徴だ。かなり小さなアタリが多いので、糸ふけを取るときは慎重に、集中して行おう。水温が低く、バスの活性が低い時はポーズを長目に取ってあげると効果的だ。

ちなみに私のおすすめのロングビルミノーは、ジャッカルの「ダウズビドー」だ。最近新色も加わって、バリエーションが増えたのも嬉しい。

春のスイムベイト

スイムベイトを使う場合は、ルアーをボトムまで沈め、ボトムすれすれをゆっくり引いてくるのが効果的だ。時々ボトムでステイさせてあげたり、ストラクチャー付近ではシェイクしてあげたりして、動きに変化を付けるとよく釣れる。

今季、注目したいのは、メガバスの「マグスロウル」。”動”の「マグドラフト」の対のルアーとして、”静”の「マグスロウル」がリリースされている。スローに動かしてもしっかりアクションしてくれるので、この時期には使いやすいスイムベイトだ。

特集記事を書いたのでぜひご覧頂きたい。

ミッドスポーン時期に釣れるルアー

水温が十分に上がりスポーニング直前になると、活性の上がったバスは活発にエサを追うようになる。特にこの時期は、スピナーベイトやクランクベイトが有効だ。

春のスピナーベイト

スピナーベイトが有効になってくるのは、プリスポーンの中でも、特にスポーニング直前のバスだ。スポーニング直前のバスはかなり神経質になっており、イライラしやすい。そこで、大きめのスピナーベイトで派手にバスの目の前を通してやると、怒ったように攻撃するかのようなバイトがある。

私のお気に入りは、O.S.Pの「ハイピッチャー」。特に赤系の実績が良い。

春のクランクベイト

クランクベイトもこの時期にはとても有効だ。特に、この時期によく釣れるカラーが「プリスポーンダイナマイト」と呼ばれる、赤系の色。また、同じく赤系のザリガニカラーもよく釣れる。

昔からある定番のクランクは、エバーグリーンの「コンバットクランク」。爆発するとかなりの釣果が期待できるルアーだ。

なぜ赤系が有効かというと、ザリガニ自体がバスの産卵を脅かす外敵であることもあるし、「赤」自体がバスにとって威嚇色であるということも関係している。

また、今季注目のルアーはレイドジャパンの「レベルクランクMID」だ。カタパルトリップという特殊な形状のリップおかげで、潜行角度が浅く、根掛かりしにくいのが特徴だ。詳しくは、特集記事をご参考に。

春のリザードワームとクローワーム

この時期に特に有効になってくるのは、リザードワームとクローワーム。リザード=イモリも、クロー=ザリガニも、バスの産卵を脅かす外敵。そのシルエットが、バスを本能的に刺激するため、この時期の神経質なバスには特に効果的だ。

特に今季注目のワームが、「リザードクロー」。ぜひ特集の記事をご覧頂きたい。

アフタースポーン時期に釣れるルアー

産卵が終わったバスは、しばらく体力回復のためディープ寄りのエリアにサスペンドするようになる。このアフタースポーンのバスは、かなり釣るのが難しい。

しかし、上述したように、全てのバスが同時にスポーニングを行うわけではなく、同じフィールド内に時間差でアフタースポーン、プリスポーン、ミッドスポーンのバスが入り交じる状態になるので、アフターのバス意外を狙った釣をする方が得策だろう。

季節が夏に近づき、アフタースポーンのバスも体力が回復してくると、また活発にエサを追うようになってくる。この時期のバスを狙う場合は、そのフィールドのベイトフィッシュの動きに注目すると攻略しやすい。

オカッパリの場合はシャローを中心に狙うことになるが、この場合はスピナーベイトやシャロークランク、ラバージグのカバー打ちが面白い。

この時期になるとバスの活性もかなり高まるので、遠くにあるルアーでもバスの方から見つけて来て、ルアーの後ろをスーッと近寄ってくることも多い。特にトップウォーターへの反応が良くなる季節で、かなりエキサイティングな釣りを楽しめる季節だ。

まとめ

プリスポーンのメスバスをGET

以上が、「春のバス釣り」の攻略法のまとめだ。

かなりざっくりした話になってしまったので、次回以降の記事では更に細かくテーマを分けて、春のバス釣りを詳しく掘り下げた内容をお話しようと思う。

春はバスの活性が上がり、バス釣りが一年で最も楽しめる季節だ。ぜひ、この季節に自己記録更新を目指してデカバスを狙ってみて欲しい。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!