Bassblog[バスブログ]

「ベイゲームXヒラメ」ヒラメゲームを楽しみ尽くすヒラメ専用ロッド。大判ヒラメに対しても粘り強さを発揮!

2016.11.09.ロッド
シマノ「ベイゲームXヒラメ」

シマノから「ベイゲームXヒラメ」が登場。

「ベイゲームXヒラメ」は、ヒラメのための絶妙バランスを実現したヒラメ専用ロッド。誘いの操作に対して鋭敏な反応を見せ、大判ヒラメに対しても粘り強さを発揮してくれる頼もしいロッドシリーズだ。

「ベイゲームXヒラメ」の特徴

ヒラメ専用設計ならではの完成度で、ヒラメゲームがより一層楽しくなるモデル

「ベイゲームXヒラメ」は、ヒラメゲームに求められる感度、操作性、喰い込み、パワーを高レベルに具現化。特に、穂先から穂持ちにかけてヒラメを逃さぬ絶妙な曲線は、ヒラメ専用設計ならではの完成度でヒラメゲームをより一層楽しい物にしてくれる。

「ベイゲームXヒラメ」の絶妙なカーブは、ヒラメに警戒心を与えない自然な喰い込みを促し、高感度のグラスソリッドを採用した穂先からは、ヒラメのアタリをダイレクトに伝達。この2つの相乗効果で、繊細なヒラメのアタリも逃さない。

「ベイゲームXヒラメ」のブランクスには「ハイパワーX」を採用し、そのバットパワーは大判ヒラメに対しても余裕の粘り強さを発揮。さらに、誘いの操作に対しても鋭敏な反応を持ち合わせている。

また、「ベイゲームXヒラメ」のシートには、軽量でフィット感に優れた「フィッティングサポート18CI4+シート」を搭載。握りやすく疲れにくく、「ベイゲームXヒラメ」の能力を余すことなく引き上げている。

「ベイゲームXヒラメ」のラインナップ

「ベイゲームXヒラメ」のラインナップは全4モデル。先に発売されている「ベイゲームXライトヒラメ」も合わせてご紹介。

ベイゲームXヒラメMH270/ベイゲームXヒラメH270

「ベイゲームXヒラメMH270」と「ベイゲームXヒラメH270」は、操作性に優れ、横流しの釣りにも適した7:3調子。

60~80号クラスのオモリをメインに荒根での釣りを想定し、剛性の高いバットの強みを抜群に発揮。汎用性とパワーの両立した、もっとも理想に近いモデルだ。

ベイゲームXヒラメM270/ベイゲームXヒラメM300

「ベイゲームXヒラメM270」と「ベイゲームXヒラメM300」は、ヒラメに違和感を与えず自然に喰わせることに特化した6:4調子。

80号クラスのオモリと平根メインの釣りを想定し、高感度・高操作性、胴調子でありながら剛性の高いバットも備える汎用性に優れたモデルだ。M300は長さを生かして置き竿でも仕掛けが安定する調子となっている。

ベイゲームXライトヒラメ220/ベイゲームXライトヒラメ240

「ベイゲームXライトヒラメ220」は、ライトヒラメに徹したショートレングスモデル。取り回しの良い長さにより、感度と仕掛けの操作性が抜群。また、短いながらも喰い込ませる能力も良いのが特徴だ。

「ベイゲームXライトヒラメ240」は、どんな状況でも対応できる万能的なミドルレングスモデル。ウネリのある荒れた海況でも余裕の曲がりで仕掛けが安定。横流しの釣りにも適している。

「ベイゲームXヒラメ」のスペック

「ベイゲームXヒラメ」と、「ベイゲームXライトヒラメ」を合わせたスペック表は以下の通り。

名称 全長 仕舞寸 自重 価格
ベイゲームXヒラメ M270 2.70m 138.5cm 172g 29,500円
ベイゲームXヒラメ M300 3.00m 153.5cm 195g 30,500円
ベイゲームXヒラメ MH270 2.70m 138.5cm 177g 30,000円
ベイゲームXヒラメ H270 2.70m 138.5cm 185g 30,500円
ベイゲームXライトヒラメ 220 2.20m 113.1cm 115g 27,000円
ベイゲームXライトヒラメ 240 2.20m 123.1cm 118g 28,000円
  • ネジレに強い強化構造ハイパワーX採用
  • グラスソリッド穂先
  • ベイゲームXヒラメ:軽量でフィット感に優れたフィッティングサポート18CI4+シート
    ベイゲームXライトヒラメ:軽量&高感度なマルチパーミングCI4+シート
  • オールSiCガイド
  • 軽量で操作性に優れた形状のEVAグリップ
  • 携帯性に優れたセンターカット2ピース

「ベイゲームXヒラメ」まとめ

「ベイゲームXヒラメ」は、ヒラメ専用設計ならではの完成度で、ヒラメゲームがより一層楽しくなるモデルだ。

ヒラメゲームに求められる感度、操作性、喰い込み、パワーを高レベルに実現した、まさにヒラメゲームを楽しむアングラーにとっては至れり尽くせりのシリーズ。

また、センターカット2ピースなので携行性も良く、快適なヒラメゲームを楽しむことができるのも嬉しいところだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!