「河口湖のニジマス釣り」が楽しい!河口湖でニジマスとブラックバスを同時攻略してきた!

釣行記
「河口湖のニジマス釣り」が楽しい!河口湖でニジマスとブラックバスを同時攻略してきた!

冬の河口湖に「ニジマス釣り」に行ってきたので、実釣体験を交えながら、河口湖のニジマス攻略についてご紹介しようと思う。

河口湖といえばバス釣りのイメージが強いが、ニジマス釣りもかなり面白い。季節や状況によっては、ニジマスの活性が高くて初心者でも釣りやすい。この記事でご紹介するように、うまくハマれば入れ食い状態を体験できるのでオススメだ。

さらに、河口湖ではブラックバスも多く生息するため、ニジマス狙いでもバスが一緒に釣れることも多い。また、普段バス釣りをしている人でも、合間にニジマスを狙ってみても十分に楽しめるだろう。

今回の釣行は12月という冬場であったが、ニジマスは季節を問わず年中釣れる魚だ。涼しい季節のほうが釣れやすいとは言え、夏場でもチャンスは十分にあるので参考にして頂けたら幸いだ。

この記事でわかること
  • 河口湖のニジマス釣り攻略法
  • 河口湖でニジマスを釣るまでのプロセスと考え方
  • 河口湖のニジマスが釣れるルアー
  • 河口湖のブラックバスをスプーンルアーで攻略する方法

昼過ぎの河口湖に到着。釣り開始!

冬の河口湖
冬の河口湖。心地の良い晴れ。

12月の快晴の下、河口湖に到着したのは13時過ぎ。昼食を済ませて体が温まったところでニジマス釣りを開始した。今回はオカッパリでの河口湖釣行だ。

冬場は水温が上がる時間帯をメインにして釣りをしたかったので、13時過ぎ〜15時半頃までの一番温かい時間帯に短期集中で釣りをした。

もし季節が夏場などの暑い時期なら、気温の下がる早朝や夕方を狙ったほうが良いだろう。

今回の釣りであらかじめ考えていたポイントは、ディープエリア(深場)とシャロー(浅瀬)が隣接しているブレイク(かけ上がり)のあるエリア。

冬場の魚は、水温の安定したディープエリアを中心に活動をしているので、ディープエリアからすぐに上がって来ることができるエリアを狙う戦略だ。

さらに、このエリアにストラクチャーが絡むことで、ディープエリアから上がってきたニジマスやバスがベイトフィッシュを追い込みやすくなる。そこで、このエリアのストラクチャーを中心に打っていくプランだ。

ニジマス釣行のメインルアーはスプーン

おすすめのスプーンルアーたち
ニジマス釣行のメインルアー:スプーン

今回の河口湖釣行では、メインルアーに「スプーンルアー」をチョイス。ニジマス釣りではメジャーなルアーで、特に冬場は活躍してくれるアイテムだ。

スプーンルアーはメタル素材特有のフラッシング効果があるので、冬場のブラックバスにもよく効くルアーである。一石二鳥を狙い、ブラックバスも釣れることを期待しての選択だ。

スプーンのウェイトは2〜4gの物を使用。やや重めの選択にしたのは、オカッパリなので飛距離を出したかったからだ。

カラーはゴールドをベースに、赤色や青色、緑色などを、魚の様子を見ながらローテーションしていった。

▼おすすめのスプーンルアーや使い方のコツについては、下の記事で特集しているので参考にして欲しい。

冬の河口湖。水温の安定したポイントでファーストバイト!

冬の河口湖でポイント移動
水温変化の少ないワンドへ移動。

釣行の日は、朝から天気が良く、気温も平年の12月の河口湖としては高めだった。

最初の段階では、日がよく当たり、水温の上がりやすいシャローをメインに釣りをしていた。しかし、魚の反応はない。ベイトフィッシュはシャローに入ってきているが、どうもニジマスやブラックバスが入ってきている様子はなかった。

今回の釣行では、前日までに河口湖で気温の冷え込みがあった。

そのため、よく日の当たるシャローの水温は、昨日から急激に上昇していることが予想された。もしかすると、この急な水温変化を嫌がり、魚は水温の安定したエリアにいるのではと考えられた。

そこで、日光や風の影響を受けにくい、水温の安定しているエリアに移動。このときも、近くにブレイクがあり、魚にとってディープとシャローを行き来しやすいエリアを選んだ。

人間にとっては若干寒さを感じるエリアではあったが、昨日からの水温の変化が少ないため、ニジマスやブラックバスにとっては動きやすい環境だろうとの予想だ。

予想は的中し、移動してすぐに、この日最初のバイト。

しかし、1発目のニジマスは、惜しくも足元でジャンプされてバレてしまった。それでも、この1匹で魚の感覚をつかむことができて、俄然テンションが上ってきた。

スプーンのタダ巻きでニジマスが入れ食い状態に!

その後、ラン&ガンを繰り返すうちに、ストラクチャーの絡むシャローにニジマスのハニースポットを発見。バイトが出るようになった。

しかし、アタリはあれど、なかなか魚が乗らない状態が続く。このときはボトム付近を巻いていたが、どうも食いつきが悪い。

もしかすると、ニジマスはボトムではなく表層を意識しているのではないか?

そう思い、ルアーをボトムまで沈めるのをやめ、着水後、すぐにタダ巻きをすることにした。これが的中し、表層付近を巻くことで、怒涛のニジマスラッシュが始まった。

まさに、投げれば釣れる状態だ。

河口湖のニジマス釣り
河口湖の美しいニジマス

ニジマスの活性がとても高く、スプーンを次々に引ったくっていく。

河口湖のニジマス釣り
河口湖のニジマス釣り

ニジマスは口が切れやすいので、ドラグを緩めにして巻き合わせをして対応してやる。

ニジマスがルアーを引ったくった瞬間に強く合わせてしまうと、ニジマスの口が切れてバレてしまうので注意が必要だ。

河口湖のニジマス釣り
河口湖のニジマス釣り

15匹まで釣ったところで、この釣りを一旦終了。河口湖のルールで一日に釣ってOKなニジマスの数の上限が15匹までだからだ。

河口湖のニジマス釣り
河口湖のニジマス釣り

予定よりも時間が残っていたので、ポイントを移動することに。せっかくなので、同じくスプーンルアーで、ブラックバスも狙ってみようと思った。

まるまる太ったブラックバスもヒット!

ディープエリアとシャローの間にあるブレイクを、少し大きめの4gのスプーンで探ってみる。

ブレイクのボトムにコツコツ当てつつ、小刻みなリフト&フォールで丁寧に探っていると、モソッとした小さなバイト。

丁寧にフッキングをすると、重さも引きも、先ほどのニジマスとは明らかに違う。弱めに設定していたドラグが鳴り響き、慌てて調整する。

慎重なファイトの末、上がってきたのは、まるまる太ったグッドコンディションのブラックバス。ハイシーズンに放流されたブラックバスの残りだろう。

河口湖の冬バスGET
河口湖の冬バスをGET!
「河口湖のニジマス釣り」が楽しい!冬の河口湖へ行ってきました。ブラックバスも!
ブラックバスも美しい魚だ

15時半を回ったところで、この日の河口湖釣行は終了。最後は冬のブラックバスを釣って締めくくりとなった。

河口湖のニジマス釣りは熱い!

以上が、今回の河口湖のニジマス釣行記だ。

今回の釣行で思ったのは、河口湖はとにかくニジマスもブラックバスも魚影が濃い。河口湖漁業協同組合が魚を定期的に放流してくれているおかげだろう。アングラーにとってはありがたい限りである。

河口湖のメインターゲットであるブラックバスは、紅葉が終わる晩秋〜冬季にかけてオフシーズンとなる。この季節の河口湖は、富士山も美しく、釣り人も少ないので釣りをのんびり楽しめておすすめだ。

特に、魚影が濃い河口湖では、魚が群れでスクールしていることも多いので、活性の高い魚に出会えれば、貸切状態で入れ食いを楽しめる。また、どのポイントもプレッシャーが低く、好きなポイントに入りやすいので、とても釣りやすい。

今回の河口湖での釣りは、すべてのニジマスをスプーンルアーで釣っている。

今回は、表層をただ巻きしただけで入れ食い状態を体験できたので、難しい技術も必要なかった。初めて釣りをする初心者の方でも、簡単にできる釣りだ。

▼おすすめのスプーンルアーやその使い方については、こちらの記事をご参考に。

普段はブラックバスをメインに釣りをしている方でも、同じフィールドでニジマスを狙ってみるとかなり楽しめるのではと思う。

また、河口湖はレジャースポットとしても人気があるので、初心者の方はレジャーと一緒に、ニジマス釣りも楽しんでみてはいかがだろうか。