Bassblog[バスブログ]

「リップフラッシュ」タダ巻きもジャークもこなすオールマイティーなミノー!独自の喰わせる浮上アクションとは!?

2016.11.09.ルアー
シマノ「バンタム リップフラッシュ」

シマノから「バンタム リップフラッシュ115FMD」が登場した。

現代の主流では、巻いて使う「ミノー」と、ジャークさせて使う「ジャークベイト」は別々のルアーという位置づけが多く、「ミノー」はジャークが苦手で、「ジャークベイト」は巻きによる泳ぎがイマイチという欠点があった。

「リップフラッシュ」は、この2つの要素をうまく融合させ、泳ぎとジャーキングを両立させたとても使いやすいフローティングミノーだ。

▼また、新たに登場したモデル「リップフラッシュ115F」については下の記事で詳しく特集しています。

バンタム「リップフラッシュ」の使い方と特徴

バンタム「リップフラッシュ」の使い方と特徴

「リップフラッシュ」は、泳ぎとジャーキングどちらでも使える非常に汎用性の高いミノー。低~高速リトリーブ、ストップ&ゴー、ジャーキングなどの多彩なアクションに対応できるのが特徴だ。

ただ巻きによるアクションでは、フラットサイドボディがロールして強い明滅でアピールする。

また、現代のミノーは多くがサスペンド設計であるが、「リップフラッシュ」はあえてフローティングタイプとなっている。

ルアーをストップさせると、水平姿勢を保ちながらパタパタと揺れて浮上することでバスを誘うことができる。この浮上の時は意外とバスのバイトが多く、特に水面に出ようとするまさにその瞬間にバスが喰いついてくるのだ。

重心移動式「バックスライドバランサー」採用でキレの良いダートを実現

重心移動式カウンターウェイト

「リップフラッシュ」は、ジャーク時にあえてウェイトバランスを崩す新しい重心移動構造「バックスライドバランサー」を採用。

これにより、ダート時にウエイトが背中に入り込んで重心が変化。イレギュラーアクションを引き出し、キレの良いダートを発生させるのだ。

「リップフラッシュ」の使い方は、ロッドティップを下に向けて2、3回軽く叩くジャークをした後ストップさせるのがおすすめ。ダート後のパタパタ揺れる浮上アクションでバスにアピールし、バイトチャンスを作るのだ。

特に、キレの良いダートと、丁寧なストップによる浮上アクションという2つのメリハリをつけることでより効果的なアクションとなる。

バンタム「リップフラッシュ」の解説動画

シマノから、開発者である山木一人プロ解説によるバンタム「リップフラッシュ」の解説動画が公開されている。特に、ストップ時のパタパタと揺れる浮上アクションは要チェックだ。

バンタム「リップフラッシュ115FMD」のスペック

名称 全長 重量 価格
バンタム リップフラッシュ115FMD 115mm 14g 1,800円

※TBL930フック、大径ラトル搭載

バンタム「リップフラッシュ115FMD」のカラーバリエーション

バンタム「リップフラッシュ115FMD」のカラーバリエーションは、全10色。

バンタム「リップフラッシュ」のカラーバリエーション
  1. 100 ゴーストアユ
  2. 102 マットオチアユ
  3. 104 ゴーストワカサギ
  4. 105 オイカワ
  5. 106 ハス
  6. 107 マットギル
  7. 115 アルミワカサギ
  8. 116 アマゴ
  9. 205 コットンキャンディ
  10. 223 アルミクロキン

※210、211は艶めかしく光るIPインサートプレート仕様。

バンタム「リップフラッシュ115FMD」まとめ

「リップフラッシュ」は、低~高速リトリーブ、ストップ&ゴー、ジャーキングなど多彩なアクションに対応し、ミノーの持つポテンシャルを最大限に発揮できるルアーだ。

ひとつあれば様々な使い方ができるので、その日有効なミノーパターンを探す楽しさも味うことができる、使って楽しいミノー。

また、フローティング仕様による新しい「パタパタ浮上アクション」という武器も備えてので、ぜひ使ってその威力を確かめてみたいアイテムだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!