Bassblog[バスブログ]

「テキサステンヤ」釣り人のアイデア次第で可能性は無限大!快適な操作性とノリの良さが抜群の新リグ登場!

2016.11.09.ルアー
ジャッカル「ビンビン テキサステンヤ」

ジャッカル「ビンビン テキサステンヤ」が登場。

「テキサステンヤ」は、鯛ラバとひとつテンヤを融合させた海老&ワーム対応のマルチリグ。魚種もエリアも問わず、幅広い水深に対応で­きる万能なアイテムだ。

今回は、この「テキサステンヤ」の魅力に迫ろうと思う。

「テキサステンヤ」の使い方と特徴

「ビンビン テキサステンヤ」の特徴

「テキサステンヤ」は、海老エサにも、ワームにも対応可能な自由度の高さが特徴のマルチリグ。

海老エサを付ければ「遊動式ひとつテンヤ」として、海老ラバや竿テンヤ的なスタイルで釣りを楽しむことができる。ウエイト部となるヘッドがフリー状態なので、魚の針掛かりが良く、激しい首振りでもバレにくく、とても優秀なテンヤとして使用可能だ。

また、エサではなくワームを取り付ければ、テキサスリグやジグヘッドリグとして使うことができる。

快適な巻感を実現する、操作性重視のヘッド形状!

操作性重視のヘッド形状

「テキサステンヤ」のヘッド部分は、上部をスリムにすることでリフト時の水を受け流し抵抗感を軽減。適度な巻き感でリトリーブの釣りも快適にしてくれる。

また、ステイ時には餌が下にぶら下がる姿勢になるので、中層で魅せて喰わせる釣りにも適した構造だ。

大物も逃さない!太軸のオリジナルフック搭載

太軸!オリジナルフック

「テキサステンヤ」は、大物との強引なファイトを想定して、ひとつテンヤ級の太軸オリジナルフックを搭載。掛けた魚を逃がさず、安心。

海老エサにもワームにも対応できる万能性

海老/ワーム どちらもO.K

「テキサステンヤ」はその自由な構造により、餌釣りにもワームフィッシングにも対応可能。釣りに合わせてフックも交換できるので、アングラーの発想次第で可能性は無限大だ。

半固定遊動式構造により、激しいファイトでもバレにくい!

バレを防ぐ半固定遊動式構造

「テキサステンヤ」は、滑りの良い「超低摩擦フッ素パイプ(PTFEパイプ)」を使った遊動式構造。魚のとの激しいファイトでも、力を逃がしてバレ難さを劇的に向上。

また、操作時はリグが遊離しないように「ズレ留ゴム」を装着することで、快適な釣りをすることができる。

「フリーフック構造」により、抜群のノリの良さを実現!

ノリの良さ抜群のフリーフック構造

「テキサステンヤ」は、テキサスリグのように「フリーフック構造」を採用。

針が固定されず状況に合わせて流動的に動くので、魚がアタックした時の食い込みの良さが向上。これまで重いヘッドでなかなかノラなかった魚でも、簡単にノセてしまうことができるのだ。

「テキサステンヤ」の実釣・解説動画

ジャッカルより、「テキサステンヤ」の実釣・解説動画が公開されている。開発者である吉岡プロが、「テキサステンヤ」の可能性と特徴について実釣解説!ぜひチェックしてみよう!

「テキサステンヤ」のスペック

名称 重量 価格
ビンビン テキサステンヤ 6号 21g 750円
ビンビン テキサステンヤ 8号 28g 750円
ビンビン テキサステンヤ 10号 35g 750円
ビンビン テキサステンヤ 13号 45g 750円
ビンビン テキサステンヤ 60g 830円
ビンビン テキサステンヤ 80g 880円
ビンビン テキサステンヤ 100g 930円
ビンビン テキサステンヤ 130g 1,030円

「テキサステンヤ」のカラーバリエーション

「テキサステンヤ」のカラーバリエーションは、全8色。

「ビンビン テキサステンヤ」のカラーバリエーション
  1. レッド/ゴールド
  2. オレンジ/ゴールド
  3. チャートグローゴールドフレーク
  4. エビオレンジ
  5. チャートグロー/ゴールド
  6. スパークレッド
  7. スーパーグロー
  8. ラメグリキン

「テキサステンヤ」まとめ

「テキサステンヤ」は、針が状況に合わせて流動的に動く「フリーフック構造」を採用することで、今まで攻められなかった魚を仕留める可能性を持ったマルチリグだ。

ウエイトも21g〜130gと幅広くラインナップされているので、船からはもちろん、岸からの釣りでも活躍してくれるアイテムだ。

特に、重いウエイトを扱うときにはその特性が大きく生かされ、ノリが良く、掛けたらバラシにくいのはとてもありがたい特性だ。今まで攻められなかった深場も快適に攻略できるようになるだろう。

釣り人のアイデア次第で無限大に可能性が広がる新リグ。ぜひお試しあれ!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!