Bassblog[バスブログ]

「レベルクランクミッド」リップラップが楽しくなる!巻き心地の軽いミドルレンジクランクベイト!

2016.11.09.ルアー
「レベルクランクミッド」

レイドジャパンから「レベルクランクミッド」が発売された。

「レベルクランクミッド」は、1.5~2Mレンジのハードボトムをテンポよく攻略することのできる、話題の新作ミッドランナーだ。

「レベルクランクミッド」の使い方と特徴

レベルクランクミッド

「レベルクランクミッド」では、これまでのクランクベイトにない新しい要素として、

  1. 急潜行しないこと
  2. 潜りすぎないこと
  3. ボトムに突き刺さらないこと
  4. 巻き抵抗を軽めにすること

ということをクリアするように開発された。これらの要素を実現することで、従来のクランクベイトで攻めあぐねていたミドルレンジをテンポよく攻略することが可能になった。

具体的には、水深1.5~2Mに沈むリップラップなどのハードボトムを、根掛かりせずに舐めるようにかわしていくようなアクションをする。

「レベルクランクミッド」は、このような通常のシャロークランクでは浅すぎて、ミドルレンジのクランクでは潜りすぎてしまう位置にあるハードボトムを攻略するのに特化したクランクだといえる。

特に「レベルクランクミッド」の大きな特徴は、独特な形状のリップ。ここに「レベルクランクミッド」が釣れる秘訣が隠されている。

潜行角を浅く保つ「カタパルトリップ」

カタパルトリップ

「レベルクランクミッド」持つ特徴的な形状の「カタパルトリップ」。

このリップは、潜行角を浅く保ち、必要以上に潜らせないための新しい構造だ。ラインアイ後方の突起(カタパルト)によって、リップが受ける水流を大きくつかむので、水の抵抗によるボディの立ち上がりを押さえ、潜る角度を浅く保つことができる。

通常のリップの場合、潜行時に水を受けるとボディが立ち上がってしまい、潜る角度が急になってしまう。この姿勢だと、ボトムに対して突き刺さるように潜っていくので、根がかりしやすくなってしまう。簡単にいえば、ボトムに対して突っ込みすぎてしまうのだ。

また、水の抵抗が大きいため、巻き抵抗が大きくなり、釣りをテンポよくこなすのがしんどいものになってしまう。

これに対して、「レベルクランクミッド」の「カタパルトリップ」は、カタパルト構造で水の抵抗を拾い上げ、ボディの立ち上がりを抑える構造になっている。これによって、ボディが水平姿勢をキープし、潜行角を浅く保つことが可能となるのだ。

このように「レベルクランクミッド」は、ボトムを優しくなめるような浅い角度のまま潜行することができるので、障害物をタイトに攻めることができ、さらに根掛かりしにくいルアーとなっている。

もし障害物に引っかかった場合でも、いきなりガッツリ引っかかってしまうのではなく、軽く引っかかる程度となり、ロッドを優しくあおってやれば簡単に外すことができるはずだ。

また、カタパルト構造のおかげで水を左右に逃すので、巻き抵抗が軽くなって、テンポよくミドルレンジを攻略できるところも嬉しい。

おなじみの「竜骨リブ」。浮力と強度に優れた構造。

竜骨リブ

「レベルクランクミッド」は、レベルクランクやレベルシャッドでもお馴染みの「竜骨リブ」を採用。

「竜骨リブ」は、ルアーの駄肉を排除しつつも高浮力を得るため、「ボディ強度の確保」と「ボディ内壁厚の極薄シェイプ」を実現した、レイドジャパン独自の構造。

ボディの浮力増大によって搭載ウェイトを重くすることが可能となり、飛距離UPに貢献。また、引っ掛かり時の生還率を高めるとともに、キビキビとしたアクションのハイレスポンス化と、平打ち時の素早い復元能力で、よりアグレッシブなボトムノックを可能にしている。

固定ウエイトでも飛距離は抜群

内蔵ウェイトは固定式を採用しているが、ウェイトポジションとリップの絶妙な設計により、ロングリップ+固定重心とは思えないほど抜群の飛距離を実現している。

「レベルクランクミッド」の水中アクション動画

レイドジャパンより、「レベルクランクミッド」の水中アクションの動画が公開されている。リップラップを見事に根掛かりせず、舐めるようにかわしていく様子を見ることができる。

「レベルクランクミッド」のスペック

名称 全長 タイプ 自重 カラー 価格
レベルクランクミッド 59.5mm フローティング 約3/8oz(9g) 全12色 1,600円

通常のレベルクランクはスーパースローシンキングだが、「レベルクランクミッド」はフローティングになっているのが特徴的だ。

「レベルクランクミッド」のカラーバリエーション

「レベルクランクミッド」のカラーバリエーションは全12色。

「レベルクランクミッド」のカラーバリエーション
  1. LCM001. BLUE BACK CHART
  2. LCM002. SHIMANASHI TIGER
  3. LCM003. PINK BACK CHART 2
  4. LCM004. CRYSTAL MUSTARD
  5. LCM005. LEMON BACK
  6. LCM006. REAL KINKURO
  7. LCM007. MOJITO
  8. LCM008. PEARL SHAD
  9. LCM009. CRYSTAL TONIC
  10. LCM010. JEWEL WAKASAGI
  11. LCM011. CHI GILL
  12. LCM012. YASHIZARI

プリスポーンを考慮した今の時期なら、12番目のザリガニカラー「YASHIZARI」がオススメだ。

「レベルクランクミッド」まとめ

障害物が絡むミドルレンジのボトム攻略に特化した「レベルクランクミッド」。

従来のクランクでは、根がかりや重い巻き心地が原因で攻めづらかったミッドレンジの釣り。しかし、バスにとってはこのレンジがとても過ごしやすく、ゴールデンレンジとも呼べる深さだ。

そんなミドルレンジに沈む様々な障害物を、テンポ良くスピーディに攻略できる新たな武器となるクランクが「レベルクランクミッド」だと言えるだろう。

「レベルクランクミッド」はリップラップが楽しくなる、巻き心地の軽いミドルレンジクランクベイトだ。これまで攻めあぐねていたリップラップがある方は、ぜひ使ってみてはいかがだろうか。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!