Bassblog[バスブログ]

「ディッシュワーム」ゲーリー新製品は、青木大介プロが3年以上温めた破壊力抜群のデカバスキラーだ!

2016.11.09.ルアー
ゲーリーヤマモト「ディッシュワーム」

ゲーリーヤマモトから「ディッシュワーム」が登場。

「ディッシュワーム」は、青木大介プロが3年以上温めた破壊力抜群のデカバスキラー。2013年4月のJB TOP50早明浦ダム戦では、青木プロが2,554gのビッグフィッシュ賞のバスをこの「ディッシュワーム」で釣り上げている。

その後、さらなる改良を重ねてついに待望のリリースとなった「ディッシュワーム」。その詳細を見ていこう。

「ディッシュワーム」の使い方と特徴

「ディッシュワーム」の使い方と特徴

「ディッシュワーム」は、青木大介プロがファーストプロトでいきなりビッグフィッシュ賞を獲得するほどの強力な破壊力を持った「I字系ワーム」だ。

強力な破壊力を持った「ディッシュワーム」

青木大介プロが、2013年4月のJB TOP50早明浦ダム戦のプラクティスから連日ビックフィッシュを食わせまくっていたという「ディッシュワーム」。プロトができる前は、「ラミネートプロセンコー」をカットして使っていたとのこと。

プロト段階の「ディッシュワーム」

まさに、青木大介プロのシークレットルアー。ぜひ使ってみたい!

「ディッシュワーム」の使い方

「ディッシュワーム」の使い方は、オフセットフックのノーシンカーで水面直下をスローにただ巻き(I字引き)するのが効果的だということ。この「表層でのノーアクション」が、表層を意識しているバスに抜群の威力を発揮し、デカバスにもスイッチを入れて思わず口を使わせてしまうのだろう。

また、青木大介プロはトーナメント時に「I字引き」して浮いてきたバスを、トゥイッチで喰わせたとのこと。トゥイッチを入れてバスに喰わせのタイミングを与えるのも効果的な様子だ。

ノーシンカー以外でも、ダウンショットやジグヘッドでのシェイキングでも使えるし、スプリットやライトキャロでのスローな釣りにも対応。サイズが3インチなので、スモラバのトレーラーにも対応できる万能ワームだ。

素材は、「ソルティ×ノンソルティ」のラミネートタイプ。ゲーリーならではの艶かしさで、釣れること間違い無しだろう!

「ディッシュワーム」のスペック

名称 サイズ 重量 価格
ディッシュワーム 3インチ 2.3g 950円

「ディッシュワーム」のカラーバリエーション

「ディッシュワーム」のカラーバリエーション

「ディッシュワーム」のカラーバリエーションは、全8色。

  1. 002/002N:スモーク(ソリッド)
  2. 363/363N:グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレーク
  3. 374/374N:クリアーピンク
  4. 036/000N:クリームホワイト
  5. 341/000N:ダークブラウンブルーギル/クリスタルクリアー
  6. 343/000N:ウォーターメロンブルーギル/クリスタルクリアー
  7. 379/000N:ライトグリーンパンプキン/パープル&グリーンフレーク/クリスタルクリアー
  8. 985:グリーンパンプキン/スモールブルーフレーク/チャート/スモールパープルフレーク

「ディッシュワーム」まとめ

もともとは、「ラミネートプロセンコー」をカットした青木大介プロのシークレットテクニックから生まれた「ディッシュワーム」。

ゲーリーの「ソルティ×ノンソルティ」ラミネート素材ではないと出せない、独特で艶めかしい波動が、バスを次々と惹き付けてくれることだろう。

これからの季節は、バスが表層を意識する場面が増えてくるので、まさに「ディッシュワーム」が大活躍してくれる季節。発売が楽しみなルアーだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!