Bassblog[バスブログ]

「17スティーズ スピニングモデル」は、バス釣り最強のスピニングリール!?バス釣りを最高レベルで楽しめるモデルが誕生。

ダイワ(DAIWA)の「17スティーズ スピニングモデル(STEEZ SPINNING MODEL)」は、2500番台でダイワ史上最軽量の178gを実現したバス釣り専用のフラッグシップスピニングリールだ。

ダイワの開発チームにより、極秘に進められていたという「17スティーズ スピニングモデル」のプロジェクト。

まさに、誰もが予想しなかった最強のバス釣りスピニングリールの登場に、多くのアングラーが驚いたはずだ。

バス釣りを最高レベルで楽しむために、極限までファクトリーチューンされた「17スティーズ スピニングモデル」。

驚異的な軽さだけでなく回転性能も最高レベルを実現し、ダイワが誇るバスフィッシングのフラッグシップブランド「スティーズ(STEEZ)」の名にふさわしいレーシングモデルとなっている。

今回は、バスアングラーに向けた最強のスピニングリール――ダイワ(DAIWA)の2017年新作リール「17スティーズ スピニングモデル(STEEZ SPINNING MODEL)」の魅力に迫ろうと思う。

「17スティーズ スピニングモデル」の特徴

必要なもの以外、全てを削ぎ落としたレーシングデザイン。

イグジストを超える軽さを実現。

「17スティーズ スピニングモデル」の最大の特徴は、やはりその軽さだろう。

2500番台に当たる「17スティーズ Type-2」の自重は178g。

ダイワの汎用スピニングリールの頂点である「15イグジスト2505F-H」の自重190gを、12gも下回る軽さだ。

超軽量なボディとエアローター。

ダイワの誇るカーボン素材、軽量かつ高剛性なZAION(ザイオン)

「17スティーズ スピニングモデル」は、この軽さを実現するために、ダイワの最高峰汎用リール「15イグジスト」同じ軽量かつ高剛性なZAION(ザイオン)製のボディとエアローターを採用。

しかし、「17スティーズ スピニングモデル」の凄いところは、このザイオン製ボディとエアローターの搭載だけではとどまらない。

この軽さを実現するために、バス釣りに必要なもの以外の全てを削ぎ落としてしまったのだ。

防水機構を排除。要メンテナンスに。

ダイワが誇る防水・耐久テクノロジー「マグシールド」

「17スティーズ スピニングモデル」は、ダイワのソルト汎用リールでは当たり前となった防水機構「マグシールド」や防水パッキンを、淡水仕様ではオーバースペックとなるため排除

そのために、「17スティーズ スピニングモデル」は完全な淡水専用モデルとなり、メンテナンスが前提となった。

要メンテナンスだが、この諸刃の刃とも言える極限の仕様により、手に入れたものも大きい。

圧倒的な回転性能とレスポンスを発揮!

「17スティーズ スピニングモデル」は、回転の軽さと滑らかさを生む超軽量素材ザイオン製のエアローターに加え、ボールベアリングに巻が重くなるグリス仕様ではなく、回転性能を損なわないオイル仕様を採用。

この2つの相乗効果により、「17スティーズ スピニングモデル」の回転性能はこれまでにない超軽量、かつ高感度を実現している。

その抜群の回転フィーリングにより、水中のわずかな変化をも瞬時に捉え、僅かな力でも瞬発的に反応するレスポンスの良さを発揮する。

まさにバスを釣るために、防御力を犠牲にしつつも最強の攻撃力を得たモデル。

メンテナンス前提の設計であるため、釣りが本当に好きなアングラーでなければ持て余してしまうモデルではあるだろう。

しかし、極限の感覚を求めるアングラーにとっては待ち望んだリールとなったはずだ。

バスに主導権を握らせないドラグシステム。

ダイワの最新ドラグシステム「ATD(オートマチックドラグ)」

「17スティーズ スピニングモデル」のドラグには、ダイワの新世代ドラグシステム「ATD (オートマチックドラグ)」を採用。

「ATD」は魚の引きに応じてスムーズにラインを送り出し、極細ラインでもラインブレイクしにくいのが特徴。

また、魚にも違和感を与えにくいため無駄に暴れることを防げるドラグだ。

デカバスに対しても主導権を握らず、快適なファイトを楽しむことができる。

圧倒的な軽量化を果たした、薄肉アルミスプール。

「17スティーズ スピニングモデル」のスプールには、肉薄アルミのABSIIスプールを採用。

肉薄アルミスプールの圧倒的な軽さにより、ドラグ性能も向上。

しかもこのスプールは、フロロ対応仕様ながら、あえてフロロ向きの逆テーパーを取り除いている。

超軽量リグでも圧倒的な飛距離を叩き出し、これまで以上のバイトチャンスをモノにできるのだ。

軽量かつ強靭なマシンカットハンドル。

「17スティーズ スピニングモデル」のハンドルには、安定した巻き上げ感覚をもたらす高剛性のアルミマシンカットハンドルを採用。

ハンドル内部は中空のため非常に軽く、マシンカットによる一体成型のため、強度は抜群。

また、ハンドルノブには、スティーズベイトにも採用されているI型ハイグリップノブを採用。

指に吸い付くようなグリップはブレにくく、巻感度の向上にも貢献している。

力強さと滑らかな巻き心地を発揮する、高精度ギアを搭載。

「17スティーズ スピニングモデル」のギアには、ダイワ独自のデジタル技術と高精度マシンカット加工による「ジュラルミン鍛造マシンカットデジギヤ」を採用。

この大口径のマシンカットデジギヤにより、「17スティーズ スピニングモデル」の特徴である軽快な巻き心地に加えて、滑らかで力強いリトリーブフィーリングを生み出してくれる。

「17スティーズ スピニングモデル」のラインナップ

「17スティーズ スピニングモデル」のラインナップは、「type-I (タイプ1)」と「type-II (タイプ2)」の2機種となる。

タイプ1、タイプ2という表記の理由は、「17スティーズ スピニングモデル」のサイズがこれまでの番手に該当しないサイズとなっているからだ。

しかし、おおよそのサイズとして、

  1. Type-I (タイプ1)が2000番
  2. Type-II (タイプ2)が2500番

に相当している。

ギア比はハイスピードというその名の通り、タイプ1とタイプ2両方とも「5.6」のハイギア仕様だ。

ここでは、タイプ1、タイプ2それぞれの簡単な特徴をご紹介しよう。

17スティーズ type-I Hi-SPEED

「17スティーズ type-I Hi-SPEED」は、極細ライン対応の42mm径スプールで、3lb-80mのラインキャパ。

巻取長は74cmだ。

自重は168gと非常に軽く、かなり小刻みなシェイクを長時間するような釣りでも疲れにくく、釣りに集中できるモデルだ。

極細フロロラインをトラブルなく快適に使うことができるので、難攻不落のタフレイクはもちろん、極細ラインを必要とされるクリアウォーターや、感度や操作性重視のディープエリアの攻略にも最適だ。

17スティーズ type-II Hi-SPEED

「17スティーズ type-II Hi-SPEED」は大口径の48mm径スプールで、陸っぱりからボートまで幅広く対応できる5lb-80mのラインキャパ。

巻取長は84cmだ。

大口径スプールのためライン放出性能が良く、遠投能力に優れるので飛距離の欲しい陸っぱりには最適だ。

また、軽いリグでのフリーフォール時にも滑らかにラインが出てサポートしてくれる。

この飛距離性能と回転レスポンスを生かして、I字系やプロップベイトなどを魚に違和感なく定速で巻いたり、着水と同時に急潜行させる高速リトリーブからリズミカルなジャークまでをも高次元にこなしてくれる。

「17スティーズ スピニングモデル」のスペック

品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
フロロ
糸巻量
(lb-m)
最大
巻取長
(cm)
ハンドル
(mm)
ベア
リング
価格
(円)
TYPE-I
Hi-SPEED
5.6 168 2 2.5-100
3-80
74 45 12/1 50,000
TYPE-II
Hi-SPEED
5.6 178 3 4-110
5-80
84 50 12/1 50,500

17スティーズ スピニングモデルの付属品

  • リールバッグ
  • 調整ワッシャー
  • RCSスプール対応用ワッシャー

17スティーズ スピニングモデルの機能

  • ATD
  • エアローター
  • ZAION(ザイオン)ボディ
  • 肉薄アルミスプール
  • アルミマシンカットハンドル
  • マシンカットデジギヤ
  • リニアシャフト
  • ABS II
  • クロスラップ
  • エアベール
  • ツイストバスターII
  • ラインローラーBB(2BB)
  • ローターブレーキ
  • リアルインフィニットストッパー
  • シャワー洗浄可
  • 淡水専用
  • ハンドルノブS交換可

「17スティーズ スピニングモデル」の発売日と最安値

「17スティーズ スピニングモデル」の発売日は2017年4月発売予定となっている。

「17スティーズ スピニングモデル」すでに発売開始!

ダイワ 17スティーズ スピニングモデル

ダイワ 17スティーズ スピニングモデル

  • ダイワ(DAIWA)
  • 価格 ¥ 45,000〜

「17スティーズ スピニングモデル」は、すでに予約販売が開始されている。

私が確認したところでは、「17スティーズ type-I」が最安ショップでは税抜45,000円〜販売されていた。

おおよその実売価格は、「17スティーズ type-I」が4万円後半、「17スティーズ type-II」が5万円前半くらいだろう。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

「17スティーズ スピニングモデル」まとめ

ダイワ(DAIWA)の2017年新作スピニングリール「17スティーズ スピニングモデル(STEEZ SPINNING MODEL)」は、バス釣りを最高レベルで楽しむために極限までファクトリーチューンされたスピニングリールだ。

ダイワ史上最軽量の2500番台で178gという自重を実現し、軽さだけでなく回転性能も最高レベルを実現。

まさにバス釣り向けの最強スピニングリールと呼ぶにふさわしいレーシングモデルとなっている。

防水性を犠牲にし、メンテナンス前提の仕様であるため、使い手を選ぶところは有るが、そこを犠牲にしつつも得た性能は他を圧倒する次元にまで到達している。

バス釣りを最高に楽しみたいアングラーにダイワが贈る「17スティーズ スピニングモデル」。

極上のフィーリングがもたらす、最高のバス釣りをぜひ体感してみてはいかがだろうか。

▼2017年新作リール特集も必見!!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!