Bassblog[バスブログ]

「17アルテグラ」は16ナスキーよりもずっとタフな奴!ワンランク上の巻き心地を1万円から体験しよう!

シマノ(SHIMANO)の「17アルテグラ(ULTEGRA)」は、旧モデルの「12アルテグラ」から、実に5年ぶりのフルリニューアルとなるスピニングリールだ。

1万円前後の価格にミドルクラスの優れた機能を搭載し、シマノのスタンダードモデルとして不動の人気を誇る「アルテグラ」。

この新しい「17アルテグラ」は、旧モデルから立ち位置を大きく変えての登場となる。

今回は、シマノ(SHIMANO)の2017年新作スピニングリール「17アルテグラ(ULTEGRA)」について、その変化の詳細や特徴などを詳しくご紹介していこうと思う。

「17アルテグラ(ULTEGRA)」の特徴

ラインナップのカテゴリーを変えた17アルテグラ。

旧モデル「12アルテグラ」はクイックレスポンス

旧モデルの「12アルテグラ」は、シマノが誇る超軽量カーボン素材「CI4+」のマグナムライトローターを搭載し、軽快な巻き心地とレスポンスに優れたモデルだった。

そして、そのカテゴリーは、頂点をヴァンキッシュとするクイックレスポンスシリーズにラインナップされていた。

新モデル「17アルテグラ」はコアソリッド。

「17アルテグラ」はコアソリッドシリーズに

しかし、今回登場した「17アルテグラ」は、旧モデル最大の特徴でもあったCI4+製マグナムライトローターを脱ぎ捨て、剛性&滑らかな巻き心地重視するモデルへと変化を遂げた。

そして、そのカテゴリーは、ステラを頂きとするコアソリッドシリーズに組み込まれることとなった。

「17アルテグラ」は、旧アルテグラからその立ち位置を大きく変えてしまったのだ。

HAGANEギア搭載で、なめらかで心地の良い巻きを実現!

HAGANEギア搭載で、高次元の巻き心地を実現!

「17アルテグラ」は、シマノの誇る高品質テクノロジー「HAGANEギア」をシリーズ初採用。

旧モデル「12アルテグラ」に搭載されていた亜鉛ダイキャスト製のドライブギアから大きな進化を遂げている。

この「HAGANEギア」は、シマノが得意とする独自技術の精密冷間鍛造で、切削なしにミクロン単位の高精度で仕上げられたドライブギアだ。

高精度かつ強靭な超々ジュラルミン製のドライブギアは、旧モデルとは一線を画す、高次元でなめらかな巻き心地を実現している。

引き続き「X-SHIP」も採用。軽快なリーリングを約束。

このHAGANEギアに加えて、「17アルテグラ」は旧モデルに引き続き「X-SHIP」も採用。

  • ドライブギアの大径化
  • ピニオン&ドライブ両ギアの最適配置
  • ピニオンギアのべアリングによる2点サポート

という頑強なギアの組み合わせで、負荷に強い軽快なリーリングを保持してくれる。

安心の防水構造「コアプロテクト」で耐久性抜群!

安心の防水構造「コアプロテクト」で耐久性抜群!

「17アルテグラ」は、シマノ独自の防水構造「コアプロテクト」をボディとラインローラー部に初採用。

「コアプロテクト」は、撥水効果を利用することで水の侵入を防ぎ、回転抵抗を増やさずに優れた防水効果を実現した機構だ。

この「コアプロテクト」の採用により、旧モデルから飛躍的に耐久性を増した「17アルテグラ」は、タフなソルトシーンでも活躍してくれるモデルとなった。

また、ボディ・ラインローラー部の塩ガミに対する耐久性が増すことで、リールの本来の滑らかな回転性能が長続きする。

こうして「17アルテグラ」は、長く愛用できるリールとなっている。

体感自重を軽くし、タックルバランスを向上させる「Gフリーボディ」採用!

体感自重を軽くし、タックルバランスを向上させる「Gフリーボディ」採用!

「17アルテグラ」は、体感での自重を軽くする効果のある「Gフリーボディ」も初採用している。

この「Gフリーボディ」は、リールの重心を手元に近づけることでロッドとの一体感が向上。

リール自体の自重は変わらずとも、体感的な自重を軽くする構造だ。

これにより、長時間に及ぶキャストでの疲労を軽減し、ロッドの操作性も向上させてくれるのだ。

ただし、「17アルテグラ」の自重は増加

実は、「17アルテグラ」の自重は、旧モデルの「12アルテグラ」から比較して5〜20g程度重くなっている。

これは、超軽量カーボン素材「CI4+」のマグナムライトローターを採用していないことや、しっとりとした巻き心地重視のコアソリッドシリーズにラインナップされたことで、軽さよりも剛性を優先させた結果だろう。

しかし、「17アルテグラ」は旧モデルに採用されていなかったGフリーボディを新採用したことで、体感的な軽さはそれほどまでに重くなったとは感じないはずだ。

「17アルテグラ」は「12アルテグラ」とどう変わったのか?

「17アルテグラ」が進化したポイント

「17アルテグラ」が旧モデル「12アルテグラ」から進化(変化)したポイントをまとめみると、下記の通りになる。

  1. 「クイックレスポンスシリーズ」から「コアソリッドシリーズ」に変化
  2. ドライブギアが「亜鉛ダイキャスト」から超々ジュラルミン製「HAGANEギア」に進化
  3. 防水構造「コアプロテクト」を初搭載
  4. 体感自重を軽くする「Gフリーボディ」を初採用

逆に、劣ってしまったポイントもある。

進化とは逆に、「17アルテグラ」になって劣ってしまったポイントもある。

  1. CI4+製マグナムライトローター非採用
  2. 自重が5〜20g程度増加

「17アルテグラ」は、「クイックレスポンスシリーズ」から「コアソリッドシリーズ」に変化したことで、リールとして目指す方向性が変わり、軽量化よりもタフさ、巻き心地を重視。

その結果、軽さと高レスポンス性に劣ってしまうことになった。

しかし、総合すれば、「17アルテグラ」はこの価格帯としては素晴らしい耐久性と巻き心地を実現しており、コスパの良さは相変わらず素晴らしいといえるだろう。

「17アルテグラ」VS「16ナスキー」どちらが買いなのか?

「16ナスキー」に似てしまった「17アルテグラ」。

さて、ここまでご紹介してきた「17アルテグラ」の新機能だが、実は、ほとんどその全てを昨年登場した「16ナスキー」が搭載している。

「16ナスキー」は、「17アルテグラ」の下位機種であり、実売価格ではおおよそ2〜5千円程度安い。

だったら、「16ナスキー」の方がコスパもいいし、買いじゃないか。

と多くのアングラーが思うのではないだろうか。

しかし、「17アルテグラ」にも優れた点は多くある。

「17アルテグラ」と「16ナスキー」のスペック比較

ここでは、両モデルを比較しながら「17アルテグラ」の良さを見ていこう。

下の比較表では、違いのあるところにマーカーを引いてある。

製品名 17アルテグラ 16ナスキー
HAGANEギア ◯(超々ジュラルミン) ◯(超々ジュラルミン)
X-SHIP
コアプロテクト ◯(ボディ&ローター) ◯(ボディのみ)
Gフリーボディ
ボディ材質 高強度樹脂 高強度樹脂
ローター材質 高強度樹脂 高強度樹脂
ピニオンギア材質 超高強度真鍮 超高強度真鍮
ハンドル取付タイプ ネジ込式 キャップ固定式
ウォータープルーフ
ドラグ
ウォームシャフト
オシュレーション
ベアリング
(ボール/ローラー)
5/1 4/1
S A-RB
(防錆ベアリング)
価格 15,800〜20,000円 10,900〜13,500円
実売価格 1万円〜1万円半ば 8千円〜1万円程度

耐久性・タフさに違いあり!

ラインローラーのコアプロテクトは結構大きい

まず、両者の大きな違いは、ラインローラーのコアプロテクトの有無だ。

つまり、

  • 16ナスキー:コアプロテクトは「ボディ」だけ
  • 17アルテグラ:コアプロテクトは「ボディとラインローラー」の両方

であるということだ。

ライントラブルや巻き心地の良し悪しに直結するラインローラー。

特に、長く使えば使うほど、ここにコアプロテクトが有るのと無いのとでは大きな違いが出てくるはずだ。

防錆ベアリングも多い「17アルテグラ」

また、防錆ベアリングの数にも違いが見られる。

  • 17アルテグラ:防錆ベアリング「S A-RB」1つを含む、計6個のボールベアリング(ボディ5+ローラー1)
  • 16ナスキー:防錆ベアリング「S A-RB」無し。計5個のボールベアリング(ボディ4+ローラー1)
ベアリング数1つの差ではあるものの、耐久性の面で「17アルテグラ」は「16ナスキー」に優れていることがわかる。

ハンドル取付タイプが、ネジ込式とキャップ固定式の違い

もう一つの大きな違いは、ハンドル取付タイプの違いだ。

  • 16ナスキー:キャップ固定式
  • 17アルテグラ:ネジ込式

これは、かなり大きいと思う。

ネジ込式とキャップ固定式の違いをおさらい

ここで、ネジ込式とキャップ固定式の違いをおさらいしておこう。

ネジ込式は、ハンドルをネジ加工されたドライブギアに直接止めて固定するタイプだ。

力を無駄なく直接ギアに伝え、ハンドルの遊びやブレ、ガタつきが少ないのが特徴だ。

一方、キャップ固定式は、ドライブギアに開けた穴の中にハンドルのシャフトを通し、逆側のキャップでシャフトを固定するタイプだ。

キャップ固定式はドライブギアとハンドルが直接止まっていないので、長く使っているとガタつきが出やすく、巻き感度が悪くなりやすいのが特徴だ。

タイプ ネジ込式 キャップ固定式
止め方 ネジ加工されたドライブギアに、
ハンドルを直接止める
ドライブギアの穴にハンドルシャフトを通し、
逆側のキャップでシャフトを固定
特徴 力を無駄なく直接ギアに伝える
ハンドルの遊びやブレ、ガタつきが少ない
 長く使っているとガタつきが出やすい
巻き感度が悪くなりやすい

巻き感が良く、剛性も耐久性も強い「ネジ込式」

このように、キャップ固定式に対して、ネジ込式は圧倒的に巻き感が良く、剛性も耐久性も強い。

もしかすると、この決定的な違いが「17アルテグラ」をコアソリッドシリーズにラインナップする一方で、ほぼ同じ性能を持つ「16ナスキー」を同シリーズに入れなかった理由なのかもしれない。

自重も軽い「17アルテグラ」

自重に関しては、番手ごとに異なるので比較表では省略しているが、「17アルテグラ」の方が「16ナスキー」よりもだいたい10〜15g程度軽くなっている。

この軽さという面からも、「17アルテグラ」にはメリットがあることがわかる。

2〜5千円の差をどう捉えるか

さて、このように見ていくと、「17アルテグラ」と「16ナスキー」は、意外と耐久性と巻き心地に差がありそうだ。

確かに、昨年の「16ナスキー」のデビューが鮮烈すぎて、一見すると目新しさのない「17アルテグラ」の良さは埋もれがちで、「16ナスキー」で十分じゃないかと思ってしまいがちだ。

しかし、番手によっては実売の価格差が2千円程度しかなく、その価格差でこれまでご紹介したようなタフさと巻き心地の良さを体感できるとなると、これはお買い得だなと私は思う。

特に、タフさが要求される環境でガンガン釣りをしたいというアングラーにとっては、「17アルテグラ」の方が長い目で見れば耐久性があって安心して使えるはずだ。

逆に、そんなに過酷な釣りはしない、釣りに行く回数も少ない、とにかく価格重視、というアングラーにとっては、価格の安い「16ナスキー」で十分だろう。

もちろん、16ナスキーもコスパに優れた素晴らしいリールだからだ。

どちらを選ぶかは、どんな釣りをしたいかという、アングラーの考え方次第かなと思う。

「17アルテグラ(ULTEGRA)」のスペック

品番 ギア比 自重
(g)
ドラグ力
実用/最大
(kg)
フロロ
糸巻量
(lb-m)
PE
糸巻量
(号-m)
最大
巻取長
(cm)
ハンドル
(mm)
ベア
リング
価格
(円)
1000 5.0 200 2.0/3.0 1.5号-120
2号-85
2.5号-70
0.8-240
1-190
66 40 1/4/1 15,800
C2000S 5.0 205 2.0/3.0 3-110
4-85
5-65
0.6-150
0.8-110
1-80
66 40 1/4/1 15,800
C2000HGS 6.0 205 2.0/3.0 3-110
4-85
5-65
0.6-150
0.8-110
1-80
79 45 1/4/1 15,800
2500 5.0 240 3.5/9.0 2号-140
2.5号-125
3号-100
1-320
1.2-220
1.5-160
73 55 1/4/1 16,800
2500S 5.0 240 2.5/4.0 4-130
5-100
6-80
0.6-200
0.8-150
1-110
73 55 1/4/1 16,800
2500HGS 6.0 240 2.5/4.0 4-130
5-100
6-80
0.6-200
0.8-150
1-110
88 55 1/4/1 16,800
C3000 5.0 240 3.5/9.0 2.5号-160
3号-130
4号-100
1-400
1.5-270
2-180
73 55 1/4/1 16,800
C3000HG 6.0 240 3.5/9.0 2.5号-160
3号-130
4号-100
1-400
1.5-270
2-180
88 55 1/4/1 16,800
3000XG 6.2 250 3.5/9.0 2.5号-160
3号-130
4号-100
1-400
1.5-270
2-180
91 55 1/4/1 19,000
4000 4.8 285 6.0/11.0 3号-190
4号-145
5号-115
1-500
1.5-320
2-210
77 55 1/4/1 19,000
4000XG 6.2 285 6.0/11.0 3号-190
4号-145
5号-115
1-500
1.5-320
2-210
99 55 1/4/1 19,000
C5000XG 6.2 285 6.0/11.0 4号-170
5号-135
6号-115
1.5-370
2-320
3-190
105 55 1/4/1 20,000

17アルテグラの主な技術仕様

  • HAGANEギア
  • X-SHIP
  • コアプロテクト
  • Gフリーボディ
  • AR-Cスプール
  • S A-RB
  • 海水OK

「17アルテグラ」の発売日と最安値

「17アルテグラ」の発売日は2017年2月発売予定となっている。

「17アルテグラ」すでに販売開始!

「17アルテグラ」は、すでに販売が開始されている。

執筆時に最安値を確認したところでは、1000番のモデルがアマゾンで税込11,494円〜販売されていた。

おおよその実売価格は、安いモデルで1万円前後、高いモデルでも1万円半ばくらいだ。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

「17アルテグラ(ULTEGRA)」まとめ

シマノ(SHIMANO)の2017年新作スピニングリール「17アルテグラ(ULTEGRA)」は、シマノの誇る「HAGANEギア」や「コアプロテクト」などを新採用し、旧モデルとは一線を画す耐久性と、高次元でなめらかな巻き心地を実現したスピニングリールだ。

クイックレスポンスシリーズからコアソリッドシリーズに立ち位置を変え、低価格なコスパモデルながら、タフなソルトシーンでも安心して使えるモデルとなっている。

水没の恐れがあるウェーディングや、過酷な磯の釣りで使うための一台として、また初心者がエントリーモデルからのステップアップとして使うにも最適なモデルだ。

▼2017年新作リール特集も必見!!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!