Bassblog[バスブログ]

「17クロナークMGL」でビッグベイトやカバー打ちが更に快適に!シマノの誇るパワーゲーム向けベイトリールが更に進化!

シマノ(SHIMANO)から「17クロナークMGL(CHRONARCH MGL)」が登場。

「17クロナークMGL」は、3年前に海外から日本版として上陸したモデル「14クロナークCI4+」の3年ぶりのフルリニューアルモデル。「CI4+」の名前を脱ぎ捨て、新たに搭載された「NEWマグナムライトスプール」に由来する「MGL」をその名に関しての登場となる。

ヘビーカバーを打つ釣りやビッグベイトなど、特にパワーゲームでそのタフさを発揮し、それでいてコンパクトボディで扱いやすいことから人気のモデルとなっている「クロナーク」。新モデルの「17クロナークMGL」には、さらに軽量ルアーを心地よく使える低慣性スプール「MGL」を搭載し、重量級ルアーから比較的軽量なルアーまで守備範囲を広げ、バーサタイル性を増したモデルとなっている。

その他にも、「17クロナークMGL」はこの価格帯としては初となるマイクロモジュールギアを新採用して巻き心地も剛性も格段にアップ。「クロナーク」+「マイクロモジュールギア」は、クロナークの得意とするパワーゲームでは、まさに鬼に金棒と言ったところだろう。

ボディデザインも現代風のミニマルでシックなガンメタ調のモノトーンに刷新しており、樹脂製ボディを感じさせない高級感を身にまとう。

今回は、シマノ(SHIMANO)の2017年新作ベイトリール「17クロナークMGL(CHRONARCH MGL)」について詳しくご紹介しようと思う。

「17クロナークMGL(CHRONARCH MGL)」の特徴

NEWマグナムライトスプールがもたらす、快感のキャスト性能!

「17クロナークMGL」の最大の目玉となるのは、その名にも冠されている低慣性スプール「MGL=NEWマグナムライトスプール」を採用したことだ。

「MGL」は昨年「16メタニウムMGL」に初搭載となったシマノの新技術。スプール胴径へのブランキングとスプール薄肉化に加え、これまで技術的に不可能とされてきたスプール側面の穴あけに成功して軽量化を実現。飛距離性能は、従来比で約20%もアップしているという。

さらにスプールの軽量化に伴い、慣性モーメントも従来のマグナムライトスプールから約10%もダウン。キャスティング時のスプールの滑り出しがスムーズになり、ビッグルアーの飛距離は格段に向上し、軽量系のルアーも飛ぶようになっている。

ブレーキ調整が簡単&スピーディなNEW SVS∞を採用!

「17クロナークMGL」は、遠心ブレーキでありながら外部ダイアルのみでブレーキ調節が可能な「NEW SVS∞(インフィニティ)」も初採用。こちらも、昨年「16メタニウムMGL」に初搭載となったシマノの新技術だ。

「NEW SVS∞」の良さは、キャスティング時は基本的に4個のブレーキシューをオンにしておけば、面倒な内部ブレーキシューの調整がほぼ不要になることだ。外部ダイアルのみでブレーキがセッティング可能となり、わざわざサイドプレートを外す必要がないのでとにかく簡単。

スピーディなブレーキセッティングが可能なので、これまで以上に釣りに集中することができるようになるのが嬉しい。また、旧「SVS∞」では、オイルが切れた時に異音が発生する不具合があったが、この不具合も解消されている。

「MGL」と「NEW SVS∞」の搭載により、「17クロナークMGL」はこれまで以上に飛距離を向上させ、扱えるルアーの守備範囲を広げたバーサタイルモデルとなっているのだ。

マイクロモジュールギア搭載で、官能的な巻き心地と強剛性を実現!

「17クロナークMGL」は、シマノのミドルクラスモデルとしては初となる「マイクロモジュールギア」を採用している。「マイクロモジュールギア」は、これまでアンタレスやメタニウム、カルカッタコンクエストなどの上位機種にのみ搭載されていた機構だ。

「マイクロモジュールギア」構造としては、ドライブギアとピニオンギアの歯を極限まで小型化し、従来比2倍にまで歯数を増量。ドライブギアの強度を低下させることなく、限りなくシルキーで滑らかな巻き心地を実現。さらに歯数が増えることで強度も向上している。まさに、「17クロナークMGL」の得意とするパワーゲームにはありがたい機能だ。

ただし、ギア素材は「16メタニウムMGL」の超々ジュラルミンに対して、「17クロナークMGL」はアンタレスやカルコンと同じ超高強度真鍮となっている。つまり、重さはあるものの、よりパワーゲーム寄りの素材だということだ。

「17クロナークMGL」のフレーム素材はCI4+ではない?その意図は!?

「17クロナークMGL」のボディ素材は、シマノのスペック表を見ると「高強度樹脂」となっており、旧モデルの「14クロナークCI4+」からはスペックダウンしている。この意味では、「14クロナークCI4+」から「CI4+」を外した意味も頷けるところではある。

また、これまで「マイクロモジュールギア」を搭載してきたモデルは、全て金属フレームだったが、「17クロナークMGL」は初のマイクロモジュールギア搭載の樹脂ボディモデルとなる。フレーム強度的な問題から「高強度樹脂」の採用になっているのだろうか。

とはいえ、ボディ素材を軽さが最大の売りでもあるCI4+から高強度樹脂に変更しつつも、「17クロナークMGL」自重は、MGLの恩恵もあってか、旧モデルと同じ185g。飛距離に直結する部分を軽量化し、剛性を必要とするボディはしっかりと固めてきている。非常にバランスの取れた仕上がりなのではないだろうか。

ラインキャパは従来通りの16lb-100m。メタニウムの深溝スプールと同じ!

「17クロナークMGL」のラインキャパシティは、旧モデルと同じ16lb-100m。実はこれ、夢屋の「16メタニウムMGL」深溝スプールと全く同じスペックだ。スプール寸法も全く同じサイズの34mm系の22mm幅となっている。

得意とするパワーゲームに照準を合わせた深溝スプール仕様により、「17クロナークMGL」は太いラインでもたっぷり巻くことが可能。それでいて、「17クロナークMGL」の小型ボディは自重185gと、「16メタニウムMGL」の175gに肉薄する軽さで、取り回しの良さが抜群。軽量タックルでのパワーゲームを可能にしてくれるのだ。

期待される浅溝スプールの登場

旧モデルの「14クロナークCI4+」ユーザーならご存知だと思うが、「14クロナークCI4+」には夢屋から浅溝スプールが発売されていた。こちらは、12lb-100mで、「16メタニウムMGL」の通常スプールと全く同じラインキャパだ。もしかすると、「17クロナークMGL」にも浅溝スプールが発売されるかもしれない。

もしこれが実現すれば、「16メタニウムMGL」とほぼ同様のキャスト性能で小型の軽量プラグを気持ちよく投げられるようになるだろう。

「17クロナークMGL(CHRONARCH MGL)」のスペック

「17クロナークMGL」のラインナップは、旧モデルにはなかったギア比8.1のエクストラハイギアモデルが追加。ノーマルギア(ギア比6.2)とハイギア(ギア比7.1)の右巻き・左巻きと合わせて合計6モデルのラインナップとなっている。

品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
巻取長
(cm)
ナイロン
糸巻量
(lb-m)
ベア
リング
価格
(円)
17クロナークMGL
150 RIGHT
6.2 185 5.0 66 12-130
14-110
16-100
8/1 35,000
17クロナークMGL
151 LEFT
6.2 185 5.0 66 12-130
14-110
16-100
8/1 35,000
17クロナークMGL
HG 150 RIGHT
7.1 185 5.0 76 12-130
14-110
16-100
8/1 35,000
17クロナークMGL
HG 151 LEFT
7.1 185 5.0 76 12-130
14-110
16-100
8/1 35,000
17クロナークMGL
XG 150 RIGHT
8.1 190 4.5 86 12-130
14-110
16-100
8/1 35,000
17クロナークMGL
XG 151 LEFT
8.1 190 4.5 86 12-130
14-110
16-100
8/1 35,000

17クロナークMGLの機能

  • マイクロモジュールギア
  • X-SHIP
  • CI4+
  • NEWマグナムライトスプール
  • S3Dスプール
  • NEW SVS∞(インフィニティ)
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

「17クロナークMGL」の発売日と最安値

「17クロナークMGL」の発売日は、2017年2月発売予定となっている。

「17クロナークMGL」は、旧モデルから格段のスペックアップを遂げていながらも、価格は据え置きの35,000円。実売価格は26,000円前後となっている。一部の通販店舗ではすでに予約販売が開始されている。私が確認したところでは、最安ショップは税抜23,800円〜販売されていた。

価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

「17クロナークMGL(CHRONARCH MGL)」まとめ

シマノ(SHIMANO)の2017年新作ベイトリール「17クロナークMGL(CHRONARCH MGL)」は、低慣性スプール「MGL」を搭載することで、得意の重量級ルアーから比較的軽量なルアーまで守備範囲を広げたバーサタイルモデルだ。

この価格帯としては初となるマイクロモジュールギアを新採用し、巻き心地も剛性も格段にアップ。特にタフさを要求されるパワーゲームでは、これまで以上に信頼感の増すモデルとなった。

「17クロナークMGL」は「16メタニウムMGL」に対して価格が1万円程度安いにも関わらず、そのスペックは肉薄しており、小型ルアーをメインで使うのでなければ十分すぎる性能だ。

実売価格2万円台から購入できるコスパの良い「17クロナークMGL」で、マイクロモジュールギアの官能的な心地よさと、「MGL」の気持ち良く伸びるキャスト性能をぜひ味わってみてはいかがだろうか。

▼2017年新作リール特集も必見!!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!