Bassblog[バスブログ]

ダイワ「17イージス」は17セオリーよりもバスが釣れるリール!細糸フロロの極限フィネスを快適に楽しめる最高峰スピニング!

ダイワ(DAIWA)から「17イージス(AEGIS)」が登場。

「17イージス」は、ダイワのバス釣り専用スピニングリールの人気モデル「13イージス」のフルリニューアルモデルだ。この「17イージス」は、フロロカーボンラインに特化したモデルである「13イージス」の特徴はそのままに、話題の新モデル「17セオリー」をベースにイージスカラーのブラック&レッドを身に纏ったデザインとなっている。

ダイワのフラッグシップモデル「15イグジスト」を凌ぐ超軽量モデルとして話題の「17セオリー」をベースとして設計され、その良さを十分に引き継いている「17イージス」は、果たしてどのようなモデルとなっているのだろうか?

今回は、「17イージス」と「17セオリー」の違いも見つつ、バス釣りに特化したスペシャルモデル――ダイワ(DAIWA)の2017年新作スピニングリール「17イージス(AEGIS)」について詳しくご紹介しようと思う。

「17イージス(AEGIS)」の特徴

「17イージス」はバス釣り最高クラスのスピニングリール!

「17イージス」は、ZAION製超軽量エアローターやATD、マグシールドなど、上位機種にも搭載されるダイワの最新テクノロジーを惜しみなく注ぎ込んだバス釣り専用のスピニングリールだ。

特に「17イージス」の軽量化は、ダイワの最高級モデル「15イグジスト」を超える軽さだ。前モデルの「13イージス」と比較しても、実に15g〜25gの軽量化に成功している。その軽さの秘密は、新たに設計されたZAION製の新型コンパクトボディや、同じくZAION製の超軽量エアローターの搭載による。

ダイワ独自のカーボン素材「ZAION」は、高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂素材。非常に剛性かつ軽量な素材で、重量比強度はマグネシウムを上回る。さらに金属ではないので腐食にも強く、リールにとっては理想的な特性を持つ素材だ。

また、ZAIONによって軽量化されたエアローターにより、「17イージス」自体の軽量化だけでなく、低慣性化による高レスポンスな回転と軽快な巻き心地、そして高剛性がもたらす優れた巻き感度にも貢献している。

こうして、「17イージス」の回転性能の軽さは他モデルを寄せ付けないレベルにまで高まっており、まさに「17イージス」はバス釣りをするには最高クラスのスピニングリールとなっている。

フロロラインに特化した仕様が盛り沢山!

「17イージス」のここまでの性能を見ると、実は「17セオリー」とそれほどの違いは無い。しかし、「17イージス」と「17セオリー」の決定的な違いは、「17イージス」がフロロラインに特化した設計となっていることだ。

フロロ専用の「薄型アルミスプール」と「ABS R」

まずは「17イージス」のスプールだが、スプールを1gでも軽くするために極限まで削り込んだ「薄型アルミスプール」を搭載している。さらに、このスプールは、フロロラインがトラブル無く放出されて、飛距離が伸びるスプール構造「ABS R」を採用。

「ABS R」はフロロ専用のABSで、スプールが大口径かつ巻き取り面を逆テーパーに設計されている。これにより、硬さのあるフロロラインでもスプール前方のラインが押し出されにくくなり、バックラッシュなどのライントラブルの解消に寄与してくれるのだ。

ラインローラーもフロロ専用の「ツイストバスターII(R)」仕様

さらに、「17イージス」はラインローラーにもフロロラインに特化した「ツイストバスターII(R)」を搭載。糸フケやフワ巻きを抑えてくれるので、特にウエイトの軽いノーシンカー等を、風の中でも快適に使うことができるようになっている。

ドラグもフロロに優しい設計

「17イージス」のドラグには、上位機種にも搭載の新世代のドラグシステム「ATD(オートマチックドラグ)」を採用。「ATD」は、滑り出しが非常にスムーズで、アワセ切れなどのラインブレイクをしにくいのが特徴だ。また、魚の引きに追従しながら粘り強くドラグが効き続けるので、ファイト中の魚の違和感が減り、無駄に暴れるのを防いでくれる。

この「ATD」と巻き取りスピードとドラグ性能を向上させてくれる「大口径スプール」との相乗効果で、極細のフロロラインでもラインブレイクしにくいドラグなので、安心して魚とのファイトを楽しむことができる。感のあるやりとりを可能にする。

また、従来のドラグより大雑把な設定でも十分な対応をしてくれるので、ドラグの微調整が苦手な方でも安心して使うことができる。

「マグシールド」の搭載でソルトのライトゲームもOK!

バス釣り専用リールとして謳われている「17イージス」だが、海水にも対応しているで、バスやトラウトだけでなくアジング・メバリングなどのソルトルアーのライトゲームを楽しむこともできる。特にその防水性と耐久性は、ダイワの誇る「マグシールド」の搭載により、抜群の安定感を発揮する。

この「マグシールド」は、ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作り、海水や埃などの侵入を防ぐ機構。ボディとローターが無接点のため軽く滑らかな回転を長期間維持してくれる。これにより、簡単なメンテナンスだけでリールが長持ちするのだ。

もちろん、ソルトゲームには使わない方でも、塩だけでなく埃を防いでくれる「マグシールド」の有無によるリールの耐久性は大きく異なるので、安心の機能であることは間違いない。

「17イージス」と「17セオリー」の違いは?

さて、ここからは「17イージス」と、そのベースとなっている汎用スピニングリールモデル「17セオリー」の違いについて詳しく見ていこう。下の表では、「17イージス」と「17セオリー」の主なスペックの違いを比較してみた。

製品名 17イージス
2003F(-H)
17イージス
2505F(-H)
17セオリー
2004(H)
17セオリー
2506(H)
ギア比 4.8/5.6 4.8/5.6 4.8/5.6 4.8/5.6
巻取長(cm) 64/75 72/84 64/75 72/84
ハンドル長(cm) 50/55 50/55 40/45 50/55
自重 170g 185g 175g 185g
最大ドラグ力 2kg 3kg 2kg 3kg
糸巻量(lb-m) 3-100
4-90
4-140
5-100
3-140
4-100
5-140
6-100
ベアリング 7/1 7/1
スプール素材 肉薄アルミ アルミ
スプール構造 ABS R ABS II
ラインローラー ツイストバスターII (R) ツイストバスターII
エアローター ZAION ZAION
マグシールド ボディ ボディ
ドラグ ATD ATD
ソルト対応
価格 33,000円 34,000円 30,500円 31,000円
実売価格 25,000円前後 26,000円前後 23,000円前後 24,000円前後

「17イージス」は、「17セオリー」をベースとした事もあって基本的なスペックはすべて同じだ。両者ともに防水&耐久機構の「マグシールド」や、ZAION製超軽量エアローター、そして新世代ドラグシステムのATDも搭載している。汎用スピニングリールである「17セオリー」は、2000〜4000番台までの幅広いラインナップがあるとはいえ、2000〜2500番台に限定して見れば、ギア比のラインナップもボールベアリングの数も全く同じだ。

フロロラインに特化した「17イージス」

上でご紹介したように、「17イージス」はフロロラインに特化した機構が多く取り入れられており、この点が「17セオリー」と決定的に異なっている。具体的には、「ABS R」により逆テーパーに設計された超軽量薄肉アルミ素材のスプールや、細いフロロラインでも快適に機能するラインローラーの「ツイストバスターII (R)」に違いが見られる。

自重は「17イージス」の方が軽い!?

両モデルの自重を比較してみると、2000番台は「17イージス」の方が5g軽くなっている。恐らくこれは、「17イージス」が採用した超軽量薄肉アルミ素材のスプールによるのではないだろうか。この超軽量薄肉アルミ素材のスプールは、フラッグシップモデル「15イグジスト」と同じ機構でもある。

「17イージス2505F(-H)」にしてみても、スプールが大口径化されているにも関わらずその重量は同じ2500番台の「17セオリー」と同じ185g。こうやって見ると、2000〜2500番台に関してはこの「17イージス」がダイワの最軽量クラスのスピニングリールと言ってもいいだろう。

スプールが浅溝化している「17イージス」

両モデルの糸巻量を比較してみると、17イージス2003Fの3lb-100mに対して、17セオリー2004は3lb-140m。また17イージス2505Fの5lb-100mに対して、17セオリー2506は5lb-140mとなっており、「17イージス」のスプールが「17セオリー」よりも浅溝になっていることがわかる。

「ABS R」による逆テーパー形状と合わせて、「17イージス」は細いフロロラインでの使い勝手がより快適になっているということだ。

「17イージス」のハンドルは長めの設計

「17イージス」は、ハンドル長にもこだわりが見られる。ギア比ごとにハンドル長をノーマルギア(ギア比4.8)は50cm、ハイギア(ギア比5.6)は55cmとしており、同サイズのリールに通常採用されているハンドルよりも長い設計となっている。この長さは、特にバス釣りでは扱いやすい長さと言えるだろう。

価格は「17イージス」の方が微妙に高価

価格面で見ると、「17イージス」は「17セオリー」に対して3,000円〜2,500円高く設定されている。これは、フラッグシップモデル「15イグジスト」と同じ超軽量薄肉アルミ素材のスプールを採用していることによる違いによるのではないだろうか。

「17イージス(AEGIS)」のスペック

製品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
巻取長
(cm)
ハンドル長
(cm)
フロロ
糸巻量
(lb-m)
ベア
リング
価格
(円)
17イージス
2003F
4.8 170 2 64 50 3-100
4-90
7/1 33,000
17イージス
2003F-H
5.6 170 2 75 55 3-100
4-90
7/1 33,000
17イージス
2505F
4.8 185 3 72 50 4-140
5-100
7/1 34,000
17イージス
2505F-H
5.6 185 3 84 55 4-140
5-100
7/1 34,000

「17イージス」付属品

  • リールバッグ
  • 調整ワッシャー
  • RCSスプール対応用ワッシャー

「17イージス」その他の機能

  • 肉薄アルミスプール:上述
  • アルミマシンカットハンドル:安定した巻き上げ感覚を生む高剛性マシンカットハンドル
  • マシンカットデジギヤ:デジタル設計と高精度マシンカットのジュラルミンデジギヤ。滑らかでパワフルな巻き上げを生む。
  • リニアシャフト:メインシャフトとピニオンギヤを独立して支える構造。摩擦抵抗をなくし高負荷な巻取りでもパワーロスを減少。
  • ABS R:上述
  • クロスラップ:クロスして巻き取ることでスプール巻糸部へのラインの食い込みや糸のズレを防ぐ機構。ライントラブルを低減し、心地よい飛びを実現。
  • エアベール:糸をラインローラーまで流れるように送り出し、糸絡み激減させるベール形状。中空構造により重量を変えずに大幅な強度アップも実現。
  • ツイストバスターII(R):ラインローラーにテーパーをかけて糸を転がし、ローラー回転で発生する糸ヨレを大幅に解消する構造。Rはフロロライン専用の設計だ。
  • ラインローラーBB(1BB):ラインローラー部にボールベアリングを搭載。回転フィーリングの向上と糸ヨレ軽減に寄与。
  • ローターブレーキ:ベールオープン時にローターの回転にブレーキをかけ、キャスト時に動いたハンドルでベールが返るのを防止。
  • リアルインフィニットストッパー:ボディ内の特殊ワンウェイクラッチによりローター・ハンドルの逆転ガタを解消。タイトで高精度な巻き上げを実現。
  • シャワー洗浄可:流水による水洗いが可能
  • ソルト対応
  • ハンドルノブS交換可

「17イージス」の発売日

「17イージス」の発売日は2017年03月発売予定となっている。

なお、「17イージス」はアマゾンをはじめてとして、早速の通販店舗ですでに予約販売が開始されている。私が確認したところでは、最安ショップは2000番台が税抜23,100円〜販売されていた。おおよその実売価格は2万円半ばくらいとなるだろう。

「17イージス」はかなりの人気商品となっており、価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

「17イージス(AEGIS)」まとめ

ダイワ(DAIWA)の2017年新作スピニングリール「17イージス(AEGIS)」は、ZAION製超軽量エアローターやATD、マグシールドなど、上位機種にも搭載されるダイワの最新テクノロジーを搭載し、細糸フロロを扱うバス釣りでは最高クラスのスピニングリールだ。

ベースとなった「17セオリー」と比較しても、フラッグシップモデル「15イグジスト」と同じ超軽量薄肉アルミ素材のスプールを採用し、その形状は細糸フロロを念頭に置いた「ABS R」により大口径かつ逆テーパー設計。またラインローラーもフロロラインに特化した「ツイストバスターII(R)」を採用し、向かい風での極限フィネスゲームでも徹底的にサポートしてくれる。

自重に関しても「17イージス」の方が「17セオリー」よりも軽く、価格差約3,000円を考慮しても、バス釣りで使うには「17イージス」の持つアドバンテージは有り余るほどだろう。

これまで以上に超軽量フィネスゲームを快適に楽しませてくれる「17イージス」で、今年のバス釣りを楽しんでみてはいかがだろうか?

▼2017年新作リール特集も必見!!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!