Bassblog[バスブログ]

「17セオリー」にダイワの本気を感じる!最高級モデルを超える軽さと脅威のスペックを徹底解説!

ダイワ(DAIWA)から「17セオリー(THEORY)」が登場。

「17セオリー」は、ダイワから新登場のミドルクラス汎用スピニングリールだ。コスパに優れた価格帯ながら、ダイワの汎用スピニングリールのフラッグシップモデル「15イグジスト」よりも軽いという、驚異的な軽量化を実現したモデルとなっている。

また、「17セオリー」は軽量化だけでなくマグシールドやZAION製の超軽量エアローター、ATDなどダイワが誇る最先端のテクノロジーを搭載している。フラッグシップモデルに匹敵するほどのクオリティを実現しつつ、お手頃な価格ということで、「17セオリー」は2017年一番人気のスピニングリールと言ってもいいだろう。

今回は、ダイワ(DAIWA)の2017年新作スピニングリール「17セオリー(THEORY)」について詳しくご紹介しようと思う。

「17セオリー(THEORY)」の特徴

「17セオリー」の自重は、ダイワ史上最軽量!

新型コンパクトボディにZAION製超軽量ローターの採用などにより、「17セオリー」の自重はフラッグシップモデル「15イグジスト」比較して5〜15gも軽い。その軽さは2500番台でなんと自重185gとなっており、15イグジストの2500番台の自重190gよりも5g軽くなっている。

ダイワが誇る軽量スピニングリールといえば「イグジスト」や「ルビアス」がラインナップされているが、「17セオリー」はこのような既存のリールをベースとしたモデルではなく、全く新しいモデルとして作り込まれている。

そしてその軽さの秘密は、「17セオリー」のために設計された新型コンパクトボディや、ZAION製の超軽量エアローターの搭載による。(ZAION製エアローターは3012Hより小型のモデルのみ搭載)

製品名 17セオリー 15イグジスト 15ルビアス
2004
(2003H)
175g
30,500円
180g
76,000円
185g
31,500円
2506
(2505F)
185g
31,000円
190g
76,000円
200g
32,400円
2508PE-H
(2508PE)
190g
31,000円
195g
77,000円
200g
32,400円
3012H 220g
33,000円
235g
79,000円
250g
34,700円
マグシールド ボディ ボディ
ラインローラー
ボディ
スプール アルミ 肉薄アルミ エアスプール
エアローター ZAION
3500以上はDS5
ZAION DS5
ベアリング総数 7 12 8
ラインローラーBB 1 2 1
CRBB(防錆BB) 2 12 5

このように比較してみると、「17セオリー」は15イグジストより5〜15g、15ルビアスより10〜30gも軽いことがわかる。

15ルビアスは「17セオリー」よりもベアリング数が1つ多いとはいえ、「17セオリー」の方が安くて重量も軽く、さらにフラッグシップモデルである15イグジストと同じZAION製超軽量ローターの採用(15ルビアスはDS5)を考えると、「17セオリー」は非常にお買い得なモデルであることがわかる。

また価格面で見ると、15イグジストの定価は「17セオリー」の2倍以上。つまり、15イグジスト1台で「17セオリー」が2台買える価格だ。この性能を15イグジストの半額以下で買えるとは、「17セオリー」恐るべし。

「17セオリー」の高級感あふれるボディデザイン

「17セオリー」のボディデザインは、ブラックとゴールドの高級感あふれるデザインに仕上がっている。新開発のZAION製コンパクトボディは剛性を維持しつつ大きく肉抜きされており、同じく新開発されたハンドルは、極限まで細くマシンカットされている。なおこのハンドルはねじ込み式だ。

ZAION製エアローターが生み出す軽快な巻き心地!

「17セオリー」は3012Hより小型のモデルに「ZAION製超軽量ローター」を採用。この「ZAION」は、高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂素材。非常に剛性かつ軽量な素材で、重量比強度はマグネシウムを上回る。さらに金属ではないので腐食にも強く、リールにとっては理想的な特性を持つ素材だ。

このZAION製ローターによって軽量化されたエアローターは、「17セオリー」自体の自重の軽量化に寄与するとともに、低慣性化による巻き始めの軽さと巻き心地の軽快さ、そして高剛性がもたらす優れた巻き感度を実現している。

なお、「17セオリー」の3500番以上のローターは、「15ルビアス」にも使われているファイバー強化特殊プラスチックDS5製のローターを採用している。

安心のマグシールドも搭載!

「17セオリー」は、ボディ部に安心のダイワ独自の防水構造「マグシールド」も搭載している。この「マグシールド」は、ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作り、海水や埃などの侵入を防ぐ機構だ。ボディとローターが無接点のため軽く滑らかな回転を長期間維持してくれる。

簡単に言えば、リールを長持ちさせてくれる機構だ。

上位機種にも搭載されているATDも採用!

「17セオリー」は、上位機種にも搭載の新世代のドラグシステム「ATD(オートマチックドラグ)」を採用。「ATD」は、滑り出しが非常にスムーズで、アワセ切れなどのラインブレイクをしにくいのが特徴。また、魚の引きに追従しながら粘り強くドラグが効き続けるので、ファイト中の魚の違和感が減り、無駄に暴れるのを防いでくれる。

従来のドラグより大雑把な設定でも十分な対応をしてくれるので、ドラグの微調整が苦手な方でも安心のドラグシステムだ。

「17セオリー(THEORY)」の解説動画

2017年先取り新製品大紹介!!ダイワ リール編

ダイワスタッフによる「17セオリー」の解説動画が公開されている。ぜひチェックしてみよう!

「17セオリー(THEORY)」のスペック

「17セオリー」のラインナップは全11モデル。汎用リールならではの幅広いラインナップで、様々な釣りを楽しめるのが嬉しい。

製品名 ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
巻取長
(cm)
ナイロン
巻糸量
(lb-m)
PE
巻糸量
(号-m)
ベア
リング
価格
(円)
17セオリー
2004
4.8 175 2 64 3-140
4-100
0.4-120
0.6-100
7/1 30,500
17セオリー
2004H
5.6 175 2 75 3-140
4-100
0.4-120
0.6-100
7/1 30,500
17セオリー
2506
4.8 185 3 72 5-140
6-100
0.8-130
1-100
7/1 31,000
17セオリー
2506H
5.6 185 3 84 5-140
6-100
0.8-130
1-100
7/1 31,000
17セオリー
2508PE-H
5.6 190 7 84 5-160
6-120
0.8-150
1-120
7/1 31,000
17セオリー
2508PE-DH
4.8 200 7 72 5-160
6-120
0.8-150
1-120
7/1 34,000
17セオリー
2510PE-H
5.6 190 7 84 8-150
12-100
1-200
1.5-150
7/1 31,000
17セオリー
3012H
5.6 220 7 95 12-150
16-100
1-280
1.5-200
7/1 33,000
17セオリー
3500PE-H
5.7 340 8 97 12-270
16-200
2-300
2.5-250
7/1 37,000
17セオリー
4000
4.9 335 8 86 16-250
20-200
2.5-300
3-250
7/1 37,000
17セオリー
4000H
5.7 335 8 101 16-250
20-200
2.5-300
3-250
7/1 37,000

「17セオリー」の付属品

  • リールバッグ
  • 調整ワッシャー
  • RCSスプール対応用ワッシャー(※3500・4000サイズを除く)

「17セオリー」その他の機能

  • アルミスプール:軽量かつ剛性に優れた金属スプール
  • アルミマシンカットハンドル:安定した巻き上げ感覚を生む高剛性マシンカットハンドル
  • マシンカットデジギヤ:デジタル設計と高精度マシンカットのジュラルミンデジギヤ。滑らかでパワフルな巻き上げを生む。
  • リニアシャフト:メインシャフトとピニオンギヤを独立して支える構造。摩擦抵抗をなくし高負荷な巻取りでもパワーロスを減少。
  • ABS II:ライントラブル無く放出されて飛距離が伸びるスプール構造。
  • クロスラップ:クロスして巻き取ることでスプール巻糸部へのラインの食い込みや糸のズレを防ぐ機構。ライントラブルを低減し、心地よい飛びを実現。
  • エアベール:糸をラインローラーまで流れるように送り出し、糸絡み激減させるベール形状。中空構造により重量を変えずに大幅な強度アップも実現。
  • ツイストバスターII:ラインローラーにテーパーをかけて糸を転がし、ローラー回転で発生する糸ヨレを大幅に解消する構造。
  • ラインローラーBB(1BB):ラインローラー部にボールベアリングを搭載。回転フィーリングの向上と糸ヨレ軽減に寄与。
  • ローターブレーキ:ベールオープン時にローターの回転にブレーキをかけ、キャスト時に動いたハンドルでベールが返るのを防止。
  • リアルインフィニットストッパー:ボディ内の特殊ワンウェイクラッチによりローター・ハンドルの逆転ガタを解消。タイトで高精度な巻き上げを実現。
  • シャワー洗浄可:流水による水洗いが可能
  • ソルト対応
  • ハンドルノブS交換可

「17セオリー(THEORY)」の発売日と最安値

「17セオリー」の発売日はモデルによって異なり、以下の通りだ。

  • 3500PE-H・4000・4000H:2017年03月発売予定
  • 上記以外のモデル:2017年02月発売予定

なお、「17セオリー」はアマゾンをはじめてとして、早速の通販店舗ですでに予約販売が開始されている。私が確認したところでは、最安ショップは2000番台が税抜21,350円〜販売されていた。おおよその実売価格は2万円前半〜半ばくらいとなるだろう。

「17セオリー」はかなりの人気商品となっており、価格の安いショップは先に完売してしまうので、気になる方はお早めに。

「17セオリー(THEORY)」まとめ

ダイワ(DAIWA)の2017年新作スピニングリール「17セオリー(THEORY)」は、コスパに優れた価格帯ながら、ダイワの汎用スピニングリールのフラッグシップモデル「15イグジスト」よりも軽量化された注目のスピニングリールだ。

さらに、マグシールドやZAION製の超軽量エアローター、ATDなどダイワが誇る最先端のテクノロジーを搭載することで、巻き心地や耐久性も抜群。長く愛用できる素晴らしい性能を備えたモデルとなっている。

幅広いラインナップで、バス釣りはもちろん、トラウトやアジング&メバリングなどのソルトのライトゲームを楽しむには打って付けのモデルだ。

それにしても「17セオリー」は、これが中級モデルなのか!?と疑うほどのスペック。まさに時代の進歩を感じさせてくれる新モデルだ。上位モデルをも凌ぐパフォーマンスを発揮していることから考えても、この費用対スペックが次世代のスタンダードとなっていくのだろう。嬉しい時代が来たものだ。

▼2017年新作リール特集も必見!!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!