人気の「釣り防寒着・防寒ウェア」おすすめランキング。2017-2018年冬まとめ&コスパの良い安い防寒着も!

人気の「釣り防寒着・防寒ウェア」おすすめランキング。2017年冬まとめ&コスパの良い安い防寒着も!

今回は、人気の「釣り防寒着・防寒ウェア」2017-2018年冬おすすめランキングをまとめてみた。

本格的な冬が到来し、そろそろ防寒着がないと釣りをするのが厳しい季節になった。まさに、冬の釣りでは釣り用防寒着は必需品と言えるアイテムだ。メバリングやカサゴなど、冬にベストシーズンを迎える魚も多い。エリアトラウトもとてもホットなシーズンだ。さらに、秋から冬にかけては魚に脂が乗っていて食べるのにも美味しいシーズン。冬は強烈な寒さで厳しい季節ながら、しっかりと防寒をして釣りを楽しみたい!と思うのが釣り人というものだ。

しかし、釣り用の防寒着と言っても種類が非常に多い。安物の防寒着を買ってしまうと、おもったよりも温かくない!となって体調を崩しかねない。また、防寒着にも様々なタイプが有るので、自分の釣りに合ったタイプを選ばないと動きにくかったり、オーバースペックとなってしまうこともある。

そこでこの記事では、ゴアテックス製の高品質な釣り専用の防寒着から、安くてコストパフォーマンスの良い防寒着までまとめてみた。最後には、アウトドア用の激安防寒着もご紹介している。これから釣りの防寒着を選ぼうという方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

目次

「釣りの防寒着・防寒ウェア」選びで気をつけたいポイント

冬の釣りにおいて防寒着は大切。寒い季節の釣りを快適に過ごすには、防寒・防水対策は必須だ。

気温の低いフィールドでじっと釣りをしていると、身体はどんどん冷えてくる。実際に、水辺は風が出やすく、冬特有の北風とも相まって冷たい風が無慈悲に体温を奪っていくので、体感温度が実際の気温よりもかなり低いのだ。このように冷たい風に当たったり、さらに雪や雨が降ると、通常のウェアでは水を吸ってしまい、身体が冷たくなって釣りどころではなくなってしまう。そうならないためにも、高い機能が備わった釣り用防寒着の着用がおすすめだ。

釣りの防寒着には、タウンユースのウェアと違って様々な優れた機能が搭載されている。釣り用に設計されている防寒着の場合、釣りの動作に合わせて動きやすい構造になっていたり、動きによってかいた汗による蒸れを防ぐ素材を使っていたりする。そのため、アクティブに動き回る釣り用に開発された防寒着を、動かないでじっとしていることが多い釣りで着てしまうと寒いすぎたり、逆にじっとしている釣りのために防寒力が極度に高い防寒着を着た場合、動き回る釣りでは逆に熱くなって汗だくになってしまい、途中で脱ぎたくなることもある。

そこでまずは、防寒着を選ぶ際に気をつけたいポイントを6つだけ押さえておこう。

  1. 保温性と通気性
  2. 防水・撥水性(止水ファスナー注意)
  3. 動きやすさ
  4. 軽量・コンパクト
  5. 動きやすさ・丈の長さ・フードの有り無し
  6. デザイン(おしゃれ・ファッション性)

保温性と通気性

釣りの防寒着が寒さに負けないためには、まずは高い保温性が必要だ。

保温素材には繊維会社が開発したものや、独自開発したものなどが採用されていて、その特徴はブランドによって違うが、基本的には性能が良い物は高価だ。一番良いのは、高い保温性を持ちながら軽量なもの。重い素材だと疲れやすいので注意。

釣りの防寒着で気をつけたいのは、生地の縫い目。ここは、雨が入ったり冷たい風を感じてしまうポイントだ。そこで大事になるのが「シームテープ(シーム剤、ゴム剤)」。シームテープ付きの防寒着なら、縫い目を防水、防風することができる。逆に、シームテープがない防寒着だと、いくら防水加工が施されていても、構造上どうしても縫い目から風や水が入ってしまう。

また釣りの防寒着では、保温性と同時に通気性があることも重要だ。釣りでは動いていると体が温まり、暑くなってくる。そうすると、保温性を維持しながら熱気をほどよく外に逃がし、さらに汗を効果的に水蒸気として発散させてくれる通気性が必要となるのだ。

防水・撥水性(止水ファスナー注意)

水辺の近くで楽しむ釣りにおいては、防寒着の防水性・撥水性が重要だ。

特に防寒着のファスナー部には注意が必要で、安い防寒着だと、撥水加工がしてあってもファスナー部分から水が染み込んでしまう。そこで、「止水ファスナー」が搭載されているものを選ぶのがベスト。また、防寒着に防水性を持つファスナーを搭載していれば、ファスナー上部をフラップで覆う必要が無いため、より軽く快適なウェアになる。

動きやすさ

釣りでの動作は、キャスティングをしたり、しゃがんだりと、大きなモーションが多い。そこで、釣りの防寒着は動きやすさを考慮して設計されていることが重要になってくる。随所にストレッチ素材を使っていたり、立体裁断でパターンを設計しているものがベストだ。

また、動作の面では、防寒着のポケットの位置も重要。使いやすい位置に、十分な大きさのポケットがあると便利だ。特にライフジャケットを着用する場合は、ヒップベルトを締めるので、防寒着の高めの位置にポケットがあると使いやすい。

軽量・コンパクト

いくら保温性・防水性に優れていたとしても、防寒着自体が重く、かさばるようでは釣りをしていてすぐに疲れてしまう。

防寒着としての機能を損なわず、素材が軽くて柔軟性があるものだと疲れにくくて良い。ただし、素材の良し悪しについては基本的に値段に比例する。

丈の長さ・フードの有り無し

防寒着のジャケット丈が短いと、屈んだ時に背中が出て寒い。ジャケットは丈が長いほうが良い。また、防寒着のパンツもウエストまでのタイプと、お腹までガードしてくれるタイプのものがあり、これも、お腹まで丈のあるタイプのほうが暖かくてオススメだ。

釣りの防寒着では、フードの有り無しについては、絶対にフードありのほうが良い。

確かに、フードがあると邪魔に感じ、値段も高いと思うかもしれない。しかし、その煩わしさを考慮しても、それ以上にフードのメリットは大きい。フードは、首回りという、特に寒気を感じやすいところを保温でき、非常に助かるのだ。

デザイン(おしゃれ・ファッション性)

釣りの防寒着も、やはりデザインにはこだわりたいところ。

昔はいかにも「釣りです」的な野暮ったい防寒着が多かったが、最近はスポーティーなデザインの防寒着が出てきている。また、釣り具ブランド以外のアウトドアブランドから出ている防寒着は、釣りで十分使える機能を搭載しつつ、ファッション性抜群でデザインがかっこよく、オススメだ。

「釣りの防寒着・防寒ウェア」はゴアテックスが良いのか?

透湿効果の高いアウトドア用の高品質素材「ゴアテックス」。ゴアテックスは確かに現存する素材の中ではトップに君臨する高機能素材だ。釣りの防寒着でも、ゴアテックスを使っているものはどれも安心して使っていいだろう。しかし、ゴアテックスの難点は、とにかく高価であるということ。ゴアテックスを使った防寒着を購入するにはそれなりの予算が必要となってしまう。

しかし、昨今の釣りの防寒着に使われている素材は機能性もかなり向上しており、ゴアテックスではなくても非常に快適な透湿防水性を実現しているものもある。例えば、ダイワの「レインマックス」や、シマノの「ドライシールド」など。ダイワやシマノを始めとして、日本メーカーは世界でも最先端の技術を牽引するリーダー的存在。このようなメーカーが競って開発している素材なので、安くても良い物が作り出されているのだ。

そんなわけで、現在の釣りの防寒着に関しては、機能面で考えるとゴアテックスにこだわらなくてもいいと思う。とはいえ、「ゴアテックス」は素材でありながらもはやブランド化していて、とにかくカッコイイ。機能面でも申し分ないので、とにかく最上級のものが欲しい!という方はゴアテックスを選べば間違いないだろう。

それでは、ここからは人気の「釣り防寒着・防寒ウェア」おすすめランキングを見ていこう。

1位 ダイワ(Daiwa) ゴアテックス プロダクト ウィンタースーツ DW-1207

ダイワが世に放つ「最強釣り防寒着」これを買っておけば間違いなし!

釣り専用の防寒着「ダイワ ゴアテックス プロダクト ウィンタースーツ DW-1207」は、充実した調節機能と格段の温かさで、冬の釣りを快適にしてくれるまさに最上級のウィンタースーツだ。防寒着に関しては、ダイワのアイテムがどれもクオリティが高く、評判が良い。

この防寒着は、ダイワ独自の機構である「D.D.SYSTEM(ダイレクトダイヤルシステム)」を搭載。これはワンタッチで瞬時にフードを固定し、サイドの視界も確保、気象の変化に手早く簡単に対応することができる画期的な機構だ。また、ジャケットの腰ポケットに内蔵されたドローコードを操作すれば、素早く裾部の締め込みも可能だ。

サスペンダーは、簡単に丈調節が可能で肌当りの少ない面ファスナー(マジックテープ)仕様。スムーズなキャスティングを実現するフルキャスト立体パターンで、ごわつきもなく、アングラーのストレスをことごとく排除した機能性も動き安さも抜群のモデルだ。

釣り人の「手」を自由にする、機動力重視モデルーーというコンセプト通り、防寒着にありがちなゴワつきや動きにくさを徹底的に解消し、着ていることを忘れてしまうほど快適に釣りを楽しむことが出来る素晴らしいモデルだ。

実売価格が1〜2万円台のウィンタースーツからすれば値段は倍以上となるが、その価格以上の防風&防水性能を体感できるはずだ。

実売価格 53,000円〜
サイズ M〜4XL
カラー ・ブラック
・ワイン
・アーバングレー

2位 ダイワ(Daiwa) レインマックス ハイロフト ウィンタースーツ DW-3507

ダイワのベーシックモデル防寒着。冬の釣りに必要なものはすべて揃っている!

釣り専用の防寒着「ダイワ レインマックス ハイロフト ウィンタースーツ DW-3507」は、冬の釣りに必要な性能すべてを備え、温かさ抜群の大盛中綿仕様でありつつも、コスパに優れたベーシックモデルの防寒着だ。

素材にはしなやかなレインマックスを採用し、動きやすさと透湿性にも優れている。また、風の侵入を防ぐ二重袖口などの工夫も随所に見られ、冬期の釣りに求められる基本の性能である防水性・防寒性・防風性をバランスよく兼ね備えている。寒い冬でも快適な釣りを実現してくれる防寒着だ。

今年は、昨年よりもカラーバリエーションも豊富となっている。カラフルなカラーもラインナップされているので、コーディネートする楽しみも増えているので、オシャレ好きのアングラーにもオススメだ。

実売価格 16,500円〜
サイズ M〜4XL
カラー ・ブラック
・カーキ
・グレープ
・サフラン
・モロッカンブルー

3位 ダイワ(Daiwa) レインマックス ハイパー ハイロフト ウィンタースーツ DW-3407

大盛中綿による脅威の保温力!極寒での釣りをサポートする防寒着!

釣り専用の防寒着「ダイワ レインマックス ハイパー ハイロフト ウィンタースーツ DW-3407」は、大盛中綿の保温力と充実した機能で、極寒の釣りをサポートしてくれる防寒着だ。

通常に比べ中綿を20%増量した大盛中綿モデルで、極寒の磯釣りなど、体を動かして体温を高めることができない状況でも、ウェア自体で体温を維持できるほどの保温性を誇る。また、背当て付きサロペットを装備しているのも温かさUPの秘訣だ。

素材には透湿性に優れたレインマックスハイパーを採用し、ムレも防止して身体の快適さを保ってくれる。

実売価格 23,500円〜
サイズ M〜4XL
カラー ・ブラック
・ライトグレー
・ブルー
・レッド

4位 ダイワ(Daiwa) レインマックス ハイパー ストレッチ ウィンタースーツ DW-3107

釣りの動きを研究し尽くした防寒着!ストレッチ素材で超快適に動ける!

釣り専用の防寒着「ダイワ レインマックス ハイロフト ウィンタースーツ DW-3107」は、釣りの激しい動きにも追随する、動きやすさにこだわった機動力重視モデルの防寒着だ。

素材には、しなやかでストレッチ性に優れたレインマックスハイパーを採用することで、激しく繰り返されるキャスティング時においても動きやすく、ムレも軽減してくれる。

肘は立体裁断を採用することで、キャスト時でも腕をスムーズに動かすことができる。また、ジャケットには便利な大容量止水ファスナー付きのポケット、パンツにもカーゴポケットを備え、機能面の充実さはピカイチだ。動きの多い釣りをする方におすすめだ。

実売価格 29,000円〜
サイズ M〜4XL
カラー ・ブラック
・サフラン
・モロッカンブルー

5位 シマノ(SHIMANO) XEFO ゴアテックス プレサーバースーツ RB-213P

シマノの釣り用最強防寒着!シマノ派の方はこれで決まり!おしゃれ好きにもオススメ!

釣り専用の防寒着「シマノ XEFO ゴアテックス プレサーバースーツ RB-213P」は、シマノが世に放つ最上級のウィンタースーツだ。

表地は、防水透湿素材ゴアテックスファブリクスの2レイヤー仕様というゴージャスな仕様。耐久性、防寒性、透湿性に優れ、着心地は最上級だ。さらに、中綿入りかつ、衣服内温度を調整する温調機構フェイクレイヤードを採用することで、優れた防寒性と快適さを両立している。

ジャケットの構造には、ルアーフィッシング専用の3次元立体裁断を採用することで、釣りの動作の快適さはピカイチ。軽快なキャストフィールやタフコンディション時のフッキングなど、衣類のゴワつく冬でも機敏な動きを可能にしてくれる設計だ。また、パンツの設計にもこだわっており、釣行時に行われる屈伸や足上げなどの多様な動きを快適に行うことが出来る。

また、肩、膝、尻部、パンツ裾部に耐摩耗生地を採用しているので、擦れによるダメージに強く、長く使うことが出来る。なので、高価な防寒着ではあるが、長く愛用できれば、機能面を見てもかなりコスパの良い防寒着となるだろう。

その他にも、風の侵入を軽減する防水ジャージのストレッチ2重袖口や、フロントとジャケット腰ポケットの止水ファスナー、膝つき時の痛みを軽減するヒザパッド内蔵など、冬の釣りを快適にしてくれる装備が、フル搭載されている。

デザイン面でも、カラーバリエーションは2色と少ないながらも、杢調のテクスチャーを採用し、釣り用の防寒着とは思えないほどオシャレだ。個人的には、防寒着はダイワ製の方が評判も高いので好みだが、シマノのデザインのほうが好きな方や、メーカーをシマノにこだわる方はこの防寒着がイチオシだ。

実売価格 47,000円〜
サイズ M〜3XL
カラー ・アージェントミックス
・アージェントミックス

6位 シマノ(SHIMANO) DSアドバンスウォームスーツ RB-025Q

釣りの動作に追従する、機能性を追求したシマノの防寒着!コスパも最高!

釣り専用の防寒着「シマノ DSアドバンスウォームスーツ RB-025Q」は、防水透湿性を備えた素材ドライシールド2レイヤーを採用し、優れた防寒性とロッドワークの快適さを高めたコスパの良い防寒着だ。

この防寒着は脇下の設計にこだわっており、腕の動きに考慮した立体裁断でとても動きやすく、アングラーのスムーズなロッドアクションを可能にしてくれる。尻部は、防水耐久性をアップさせる為、生地を2重にしているので、座ってもお尻が冷たくならない。

フロントと胸ポケットには、樹脂コーティングを施した止水ファスナーを採用し、袖口は風雨の浸入を効果的に軽減できる2重袖口となっている。さらに、パンツフロントは、前あき樹脂ファスナーで水の浸入を防ぐ三角マチ付だ。これらの相乗効果で、徹底的に風雨をしのいでくれる安心の防寒着だ。

また、サイズがXSからあり、カラーバリエーションも豊富なので、女性にもオススメ。テクスチャー調のプリントの入ったモデルもかなりオシャレだ。

実売価格 22,000円〜
サイズ XS〜4XL(カラーによる)
カラー ・リップルブラウン
・リップルダーク
・ジェスターレッド
・キャビレットオリーブ
・サクソニーブルー

7位 シマノ(SHIMANO) ゴアテックス ベーシックウォームスーツ RB-017Q

シマノのベーシック防寒着!あらゆる状況に対応できる幅の広さも魅力!

釣り専用の防寒着「シマノ ゴアテックス ベーシックウォームスーツ RB-017Q」は、防寒の基本性能を網羅した、シマノのベーシックモデル防寒着だ。ベーシックモデルだけあって対応力が広く、これ1着あれば、超極寒地での釣りでなければほぼ全ての状況に対応できるはずだ。

表地は、優れた防水性と透湿性を備えたゴアテックス高透湿2レイヤー仕様。快適かつ耐久性もあるので、長く愛用できる素材だ。防寒面では、内衿のサーモネックやフロントの止水ファスナー、風雨の浸入を効果的に軽減できるアジャストタブ袖口、水の浸入を防ぐ三角マチ付のパンツフロントなど、かなり充実した基本性能を誇る。

アクション面でも、ジャケットの構造にはアップスウィングパターン&立体裁断を採用し、釣りでの腕の動きを快適に行うことが出来る。また、パンツのサスペンダーは着脱可能なので、サスペンダー有り無しの2つのパンツスタイルが選択できて便利だ。

この防寒着も、サイズがXSからあるので女性にもオススメだ。

実売価格 33,000円〜
サイズ XS〜4XL(カラーによる)
カラー ・ブラック
・ハラペーニョレッド
・サバンナベージュ

8位 フォックスファイヤー(Foxfire) ディメンションDSジャケット&パンツ

青木大介プロも愛用!日本最強のバスプロが使う最強の防寒着!

釣り専用の防寒着「フォックスファイヤー(Foxfire) ディメンションDSジャケット&パンツ」は、日本最強のバスプロ青木大介プロも愛用する、最強の防寒着だ。

ジャケットには、Foxfireのオリジナル透湿防水素材「エアロポーラスFW」を採用。雨や風、雪など全ての天候に完全対応してくれる。また、立体裁断パターンのおかげで、高い防水・防寒性能を保ちつつも、釣りで重要な動作である「腕の上げ下げ」をスムーズに行うことができ、真冬のタフコンディションでも機敏な動作と感覚を維持できる。

さらに、フード先端には水滴が顔に垂れてくるのを防ぐ「レインガーター」が付属しており、フードとキャップを一体化する「キャップクリップ」も付いているので、釣行時の視界を完全に確保できる。まさに、プロ仕様と行ったところ。

パンツは、釣り以外にもあらゆるスノーフィールドで活躍できる中綿入りの強力な防寒アイテムだ。こちらも、こだわりの立体裁断パターンにより、釣りで多く行われる「しゃがむ、座る」などの動作にスムーズに追従。着膨れしすぎない絶妙な中わた量のおかげもあり、保温性をキープしつつも、高い運動性能とスッキリとしたシルエットを実現している。

さらに、膝横まで開閉できるサイドファスナーのおかげで、ブーツや靴を履いたままでも容易にパンツを脱ぎ履きすることが出来るのも便利なポイントだ。

ただし、上下セットでの販売がないため、別々での購入となり、コストがかかるのが唯一の難点。しかし、青木大介プロが愛用する防寒着だけあって、性能はピカイチ。アシンメトリーな切り替えしデザインもカッコイイ。一流の着心地を味わってみたい方にオススメ。

実売価格(上下合わせて) 58,000円〜
サイズ S〜XL
カラー ジャケット:ブラック、ブルー、グレーカモ
パンツ:ブラック、グレーカモ

9位 ハヤブサ ボウオン(BOWON) 光電子ハイブリッドウォームスーツ Y0104

防寒性能の高い「光電子」素材を贅沢に使った、防水・防寒スーツ!

釣り専用の防寒着「ハヤブサ ボウオン(BOWON) 光電子ハイブリッドウォームスーツ Y0104」は、保温性に優れた光電子Rをハイブリッドし、さらに中綿を大量に充填した防水&防寒スーツだ。

素材には防水・撥水・透湿性に優れるレインブレス2レイヤーを使用し、雨・風を防ぎウェア内のムレも軽減させている。手首は2重カフス構造となっており、内側にはネオプレン素材を使用することで密着度を高め、手口からの放熱を防いでくれる。フードと顔の密着を調整するフェイスアジャスターが付いているのも嬉しい。

パンツは、ズレを防止しつつも、腰回りの保温を低下させないサスペンダー仕様。また、ウエスト調節が可能なアジャスター付きで寒さも防いでくれる。さらに、股下部分はマチを設けたガゼット仕様なので、開脚しやすく強度もアップしている。

脇下は、腕を上げやすように切り替えのステッチをなくしてマチを設けるアームフリーカットを採用。脱ぎ履きに便利な裾脇ファスナー仕様もあり、機能性も抜群だ。

実売価格 32,000円〜
サイズ S〜3L
カラー ・ブラック
・ダークオレンジ
・ストレートブルー

10位 双進(SOSHIN) RBB ストレッチウィンタースーツ No.8727

シンプルで男女問わず使いやすい!コスパ最高のウインター防寒スーツ!

釣り専用の防寒着「双進 RBB ストレッチウィンタースーツ No.8727」は、軽量で動きやすく、コスパの優れた防寒着だ。

表生地はソフトでしなやかなストレッチ素材を使用。さらに、裏面に透湿防水加工を施すことで、耐水圧が高く、ウェアー内の暖まった空気を逃しにくい構造になっている。中綿には保温力に優れた素材「サーモライト」を使用しており、とても温かい。

フロントのメインファスナーには、高い止水性と錆や腐食に強いYKKファスナーを使用しているので安心。また、袖口からの水の浸入を軽減させるクロロプレンカフ仕様も嬉しい。肘、膝部分は動きを妨げない立体裁断になっているので動きやすく、アクティブなルアーフィッシングをサポートしてくれる。

シンプルでカジュアルなデザインなので、年齢も性別問わずに着こなせるアイテムだ。

実売価格 10,800円〜
サイズ M〜3L
カラー ・ブラック
・ネイビー
・レッド

11位 メガバス(Megabass) サーモスーツ(THERMO SUITS)

メガバス発のカッコ良い防寒スーツ!デニム風パンツでファッションもセンス抜群!

釣り専用の防寒着「メガバス サーモスーツ(THERMO SUITS)」は、防寒のみならず、防水性にも優れたオシャレな防寒着だ。

中綿には軽くて暖かい素材を使用し、耐水圧15,000mmの表地は、レインウェアと同等の役割を果たしつつも、保温性を高めてくれる。おしゃれなデニム風パンツは、ファッション性を高め、カジュアルにフィッシングシーンを楽しむことができる。

メガバスのセンスを感じさせてくれる、とにかくカッコイイ防寒着。オシャレに釣りをしたい方にオススメしたいアイテムだ。

実売価格 43,000円〜
サイズ S〜XXL
カラー ・ブラック
・グリーン
・レッド

12位 オレンジブルー(ORANGE and BLUE) Water Rocks オールウェザースーツ WRFW-5109

カジュアルなチェック柄がオシャレな防寒着!オシャレに釣りを楽しもう!

釣り専用の防寒着「オレンジブルー Water Rocks オールウェザースーツ WRFW-5109」は、透湿防水素材のWR-TEXとフリース素材を使用することで抜群の温かさを実現した防寒着だ。特に熱を奪われやすい首周りと背中の部分は毛足の長いフリースを使用しているから安心。

袖口は2重袖タイプにすることで風の侵入を防いでくれる。センターファスナーと胸ポケット部分には安心のYKK止水ファスナーを使用して防水性にも優れている。

機能面も秀逸で、特にポケットの多さは多様なシーンに対応可能だ。ジャケットのポケットは内側にも1か所配置し、携帯などの収納に便利。さらに、左右お腹部分のポケットはハンドウォーマーにもなってくれる。

フード、ファー部分は取り外しが出来きて便利だ。パンツはサロペットタイプだが、サロペット部分を取り外して通常のパンツタイプとしても使うことができる。このカーゴタイプのパンツは裾部分がブーツカットになっているので、防寒ブーツとの相性も抜群だ。

実売価格 14,000円〜
サイズ M〜3L
カラー ・レッドチェック
・カモ

番外1 ロゴス(LOGOS) リプナー 防水防寒スーツ プロップ

「最安値の防寒着」激安!とにかく最安値で安く済ませたい人に!

ロゴスの防寒着「リプナー 防水防寒スーツ プロップ」は、なんと、7,000円台からで購入が可能な防水防寒着だ。

この防寒着は安さの割にデザインが良く、ファッション性がある。襟とフードにはボアが付いていてモコモコしてあったかい。縫い目をテープで遮断し、3重の防水構造を採用することで風雨を遮断する。

とにかくコストパフォーマンスは最高の防寒着だろう。値段の割に、機能もデザインも良く、ロゴスの防寒着がAmazon.co.jpで一番人気なのも、確かにうなずけるところだ。

それにしても、防寒着にしては、信じられないほど、圧倒的な安さだ。

実売価格 7,560円〜
サイズ M〜LL
カラー ・チャコール
・サンド

釣り防寒着・防寒ウェアまとめ

以上が、人気の「釣り防寒着・防寒ウェア」2017-2018年冬おすすめランキングだ。

釣りの防寒着は種類も多く、どれを選んで良いのか迷ってしまうアイテムだと思う。

今回は有名どころのダイワとシマノを中心に、人気の釣り防寒着を集めたので、使いやすさと品質については間違いなしだ。また、釣りの防寒着は非常に高価なので、ゴアテックス製を筆頭にした上位モデルにはなかなか手が届かないという方にオススメの、コストパフォーマンスの良い防寒着も紹介した。

かなりの人気商品なので、ぜひチェックしてみてほしい。

SHAREこの記事をシェアしよう!

人気の「釣り防寒着・防寒ウェア」おすすめランキング。2017年冬まとめ&コスパの良い安い防寒着も!