Bassblog[バスブログ]

「ステルススイマー」インプレ!イマカツの人気スイムベイトを入手。特徴や使用感など詳しくレポート!

2016.11.09.ルアー
「ステルススイマー」インプレ!

ようやく入手できた「ステルススイマー」。

今回は、イマカツの人気スイムベイト「ステルススイマー」のインプレをレポート。

発売以来、大人気の「ステルススイマー」。品薄状態が続いておりなかなか購入できなかったが、先日、楽天市場を見ていたら在庫の入荷があり、ようやくGETすることができたので、早速インプレを書いてみようと思う。

ステルススイマーとは?

「ステルススイマー」は、本物のアユを解析して作り出されたリアルな造形とデザインで、超ナチュラルなアクションを演出するスイムベイトだ。

この「ステルススイマー」の最大の特徴は、外からはフックが一切見えない「マグネット式ステルスフックシステム」を搭載していること。バスに対しての視覚的「違和感」を消すことで、まさに「ステルス」なスイムベイトとなっている。

▼「ステルススイマー」については、下の記事で特集しているのでご参考に。

ステルススイマーを徹底解剖してみた!

「ステルススイマー」リアル霞ワカサギカラーを購入。

「ステルススイマー」リアル霞ワカサギカラーを購入。

▲上が「ステルススイマー」表面のパッケージ。「ステルススイマー」のカラーは全12色あり、今回はリアル霞ワカサギカラーを購入した。著者は霞ヶ浦水系で釣りをすることは殆どないが、他のフィールドでも全然使えるし、かなり良い感じの色で個人的にとても気に入っている。パッケージ右下には、「FECOエコタックル認定商品」のシールも光る。

「ステルススイマー」のパッケージ裏面

「ステルススイマー」のパッケージ裏面。特徴が記載されている。

▲「ステルススイマー」のパッケージ裏面。ここには、ステルススイマーの特徴が記載されている。この辺りの詳細は【「ステルススイマー」徹底解剖!根がかり知らずのデカバスキラー!超ナチュラルスイムベイトだ!】の記事をご参考に。

これは嬉しい!「ステルススイマー虎の巻」!

「ステルススイマー」のパッケージを開くと、中には「ステルススイマー虎の巻」が。

「ステルススイマー」のパッケージを開くと、中には「ステルススイマー虎の巻」が。

▲「ステルススイマー」のパッケージを開くと、中には「ステルススイマー虎の巻」が。使い方やチューン方法も詳しく書かれている保存版だ。

「ステルススイマー」は専用保管用ケースに入れて保存しよう!

「ステルススイマー」はノーウェイトとヘビーウェイトの2種類が専用保管用ケースに入っている

「ステルススイマー」はノーウェイトとヘビーウェイトの2種類が専用保管用ケースに入っている。

▲「ステルススイマー」を開封すると、中にはノーウェイトとヘビーウェイトの2種類が専用保管用ケースに入っている。ヘビーウェイトのケースにはヘビーを示す「H」のシールが貼ってある。※写真上段の右上にシールが貼ってある。

「ステルススイマー」は、この専用保管用ケースに入れて保存すれば、型崩れの心配もなく、本体へのダメージも抑えられる。

価格的にも、1,800円で2つ入り(1つ当たり900円)というのは、スイムベイトとしてはかなりコスパの高い嬉しい価格設定だ。

「ステルススイマー」のマグネット式ステルスフックシステムを詳しく見てみる!

「ステルススイマー」のマグネット式ステルスフックシステム

「ステルススイマー」のマグネット式ステルスフックシステム。

▲「ステルススイマー」のマグネット式ステルスフックシステムを見てみる。針が飛び出すと上のようになる。マグネットから外れると、フックが勢い良く飛び出してくれる。これなら、バスがバイトした瞬間にしっかりフックが出てフッキングしてくれそうだ。

ちなみに構造的には、デカバスに限らず、30cmクラスの小さなバスでもしっかりフッキングできるとのことだ。

「ステルススイマー」の内部構造は、こんな感じ。

「ステルススイマー」の内部構造は、こんな感じ。

▲「ステルススイマー」の内部構造は、こんな感じ。奥に独自構造のジグヘッドが見える。これはノーウエイト版。

また、ここの隙間に浮力の高いスポンジを入れ込むことで、「ステルススイマー」のフローティングチューンが可能だ。

「ステルススイマー」のジグヘッドを取り出したところ。

「ステルススイマー」のジグヘッドを取り出したところ。

▲「ステルススイマー」のジグヘッドを取り出したところ。ノーウエイト版は樹脂製。外した時のフック自体はフリーにスムーズにブラブラ動く。

このジグヘッドがボディ内にある時は、ネオジウム磁石によってフックの下部が固定される。

「ステルススイマー」にバスがバイトすると、磁石からフックが外れて上に飛び出る。

「ステルススイマー」にバスがバイトすると、磁石からフックが外れて上に飛び出る。

▲「ステルススイマー」にバスがバイトすると、磁石からフックが外れてこのようにフックが上に飛び出るという仕組み。

「ステルススイマー」の2種類の専用ジグヘッド。

「ステルススイマー」の2種類の専用ジグヘッド。

▲「ステルススイマー」の2種類の専用ジグヘッド。ノーウェイト版は樹脂製。ヘビーウェイト版は金属製。

このパーツの下部には、スプリットシンカーなどのウェイトを装着できる丸い穴が開いている。ちなみに、ヘビーウェイトには初期状態でこの穴にもウェイトが取り付けられている。ここにウェイトを追加するなら、1g〜1.6gのスプリットシンカーが推奨サイズだ。

「ステルススイマー」を上から見てみる。

「ステルススイマー」を上から見てみる。

▲「ステルススイマー」を上から見てみる。上から見ても、フックが完全に「ステルス」されている。

「ステルススイマー」を下から見てみる。

「ステルススイマー」を下から見てみる。

▲「ステルススイマー」を、今度は下から見てみる。下の腹部には、フックを固定するネオジウム磁石が隠されている。また、腹部前方のアイには、ウェイトチューンやアシストフックの装備が可能だ。

「ステルススイマー」の自重を測定してみる

「ステルススイマー」ノーマルウェイトの自重は32.7g。

「ステルススイマー」ノーウェイトの自重は32.7g。

▲「ステルススイマー」の自重を計測してみる。ノーウェイトの自重は、約32.7gだった。

「ステルススイマー」ヘビーウェイトの自重は40.6g。

「ステルススイマー」ヘビーウェイトの自重は40.6g。

▲「ステルススイマー」のヘビーウェイト版の自重は、約40.6g。

「ステルススイマー」インプレ

「ステルススイマー」は根がかりの心配が皆無のスイムベイト!

「ステルススイマー」を実際に使ってみてまず思ったのは、根がかりの心配が全くないということ。どんなにタイトにストラクチャーにコンタクトさせても、ヘビーカバーに突っ込んでも、するりと気持ちよくスリ抜けて来てくれる。

「ステルススイマー」のスナッグレス性の良さは、世のスイムベイトの中で、まさに唯一無二だろう。他のスイムベイトでは攻め切れないポイントもガンガン攻略することが可能だ!

泳ぎがリアルすぎ!ベイトフィッシュが仲間だと思ってついてくる!

「ステルススイマー」のアクションは、やはりかなりリアルだ。足元まで巻いてくると、自分自身でも小魚だと勘違いしてしまうこともしばしば。また、オイカワが仲間だと思って数匹群れでついてくることもたびたびあった。見た目だけでなく、出している波動もベイトフィッシュにそっくりなのだろう。

飛距離性能も問題なく飛ぶ。スキッピング力が凄い!

「ステルススイマー」の飛距離性能としては、ウェイトが一点に集中しているヘビーウェイトはもちろんよく飛ぶが、ノーウェイトでも問題なく飛んで行く。また、「ステルススイマー」はボディ表面が滑らかで、フックも内蔵されていて抵抗がないので、スキッピングがとてもしやすい。オーバーハングの最奥まであっという間に吸い込まれていく。

使用後のサビには要注意!

「ステルススイマー」は、ボディ内部にフックが内蔵されているため、使用した後によく拭いて乾燥させておかないと錆が発生しやすい。家に帰ったら、よく拭いてメンテナンスを忘れないようにしたい。

「ステルススイマー」インプレまとめ

以上、大人気の「ステルススイマー」のインプレを書いてみた。

SNSなどでは、すでに「ステルススイマー」での釣果も報告されており、実釣能力も期待大。そろそろ通販などでは在庫の入荷もあり、比較的入手しやすくなってきているようだ。皆様もぜひ使ってみてください。

また、ステルススイマーについて詳しく特集した下の記事では、今江克隆プロによる実釣・解説動画など、ステルススイマーを徹底解説しているのでぜひご参考に▼

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!