Bassblog[バスブログ]

「アイスライド185SW」にフローティングモデルが登場!通常モデルとの違いや使い方を詳しく解説!

2016.11.09.ルアー
メガバス「アイスライド185SW」

メガバスの人気ビッグベイト「アイスライド185SW」にフローティングモデルが登場。今回は通常モデルとの使い分けや特徴などをご紹介しようと思う。

「アイスライド185SW」は、大型ベイトパターン対応する人気のビッグベイト「アイスライド」をSW専用にウエイト設計したモデルだ。特に、コノシロやサッパ、ボラ等の大型ベイトフィッシュを捕食するランカーシーバスを攻略するのに最適なルアーだ。

「アイスライド185SW」の使い方と特徴

「アイスライド185SW」は、そのビッグサイズによる強力な存在感と、ナチュラルなS字系スラロームアクションでシーバスを魅了。とりわけ、レギュラーサイズのプラグでの反応が悪い状況下で爆発的な効果を発揮。ランカーシーバスのビッグバイトを誘発する。

レギュラーシンキング設定の通常モデル

レギュラーシンキング設定の通常モデル

「アイスライド185SW」の通常モデルは自重70gのレギュラーシンキング設定。

寄せ波や引き波などの複雑な流れの中や、変化の激しい河口域のカレントの中でも破綻しない安定したアクションはシンキングモデルならでは。アクションの安定性と操作性の良さから狙ったレンジにアジャストしやすいので、動き回るベイトフィッシュの群れの下でもトレースしやすく、フィッシュイーターのバイトゾーンを的確に捉えることが可能だ。

シャローで活躍するフローティングタイプが追加!

シャローで活躍するフローティングタイプが追加!

「アイスライド185SW」のフローティングタイプは自重64g。通常タイプよりも6g軽い設定だ。

このフローティングタイプは、ベイトが表層に上ずっている状況や、魚がシャローに差して大型のベイトフィッシュを捕食しているような状況にマッチ。シンキングタイプでは沈みすぎてしまうシャローレンジの攻略が可能だ。

ウェイトチューニングをすることで、サスペンドやスローシンキングに設定することも可能

また、ウェイトチューニングをすることで、サスペンドやスローシンキングに設定することも可能。リトリーブやトゥイッチだけでなく、カレントにドリフトさせたりデッドスティッキングさせたりすることも可能で、チューニング次第で変わるアプローチの自由度も魅力だ。

「アイスライド185SW」の水中アクション動画

I-SLIDE185SW Action Movie

メガバスから「アイスライド185SW」の水中アクション動画が公開されている。その艶めかしいアクションをぜひチェックしてみよう!

「アイスライド185SW」のスペック

名称 タイプ サイズ 重量 価格
アイスライド185SW
通常モデル
レギュラーシンキング 185mm 70g 4,800円
アイスライド185SW
フローティングモデル
フローティング 185mm 64g 4,800円

「アイスライド185SW」のカラーバリエーション

「アイスライド185SW」のカラーバリエーションは、下記の全5色。

「アイスライド185SW」のカラーバリエーション
  1. GG イワシ
  2. GG レインボー
  3. PM ボラ
  4. GLX コノシロ
  5. チャートバック OB

新登場のフローティングモデルのカラーバリエーションは、下記の全5色。

「アイスライド185SW」フローティングモデルのカラーバリエーション
  1. GG ボラ
  2. GG コノシロ
  3. M コノシロ RB
  4. PM チャートバックコノシロ
  5. クリアーコノシロ

「アイスライド185SW」まとめ

「アイスライド185SW」は、大型ベイトパターン対応する人気のビッグベイト「アイスライド」のSW専用モデル。その強烈なインパクトと艶めかしいアクションで、大型ベイトフィッシュを捕食するランカーシーバスを攻略するのに最適なルアーだ。

新たに追加されるフローティングモデルと、通常のレギュラーシンキングモデルを使い分けることで、更なる釣果UPにつなげることができるだろう。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!