Bassblog[バスブログ]

「AKチャンク」イッセイからワイドボディ&極太肉厚テールでアピール力抜群のクローワーム登場!

2016.11.10.ルアー
イッセイ「AKチャンク」

イッセイから「AKチャンク」が登場。

「AKチャンク」は、極太肉厚テールと深いリブボディで強い水押しを発生するクローワーム。自重は約15gあり、飛距離性能も抜群。カラーに合わせて塩入りと塩なしの2種類を選べるところも嬉しい。

「AKチャンク」の使い方と特徴

ワイドボディ&極太肉厚テールで抜群のアピール力!

ワイドボディ&極太肉厚テールで抜群のアピール力!

「AKチャンク」は、ワイドボディと深いリブを持つ極太肉厚テールが特徴のクローワーム。

ポークでは実現できないワーム素材特有のアクションと、豊富なカラーバリエーションによる視覚的なアピールで、様々なシチュエーションに対応してくれる。

「AKチャンク」は同じくイッセイの新作ラバージグ「AKジグ」との相性が抜群。シェイクなどのアクションに機敏に反応して、大きなテールが力強く水をかき回してバスを誘う。ボトムでポーズ時には、直立した状態から水流を受けてゆらゆら動き、ゆっくりと倒れ込むアクションで隙なくバスをバイトに導いてくれる。

個別に使用してもOK!6本の脚による艶めかしいアクション!

6本の脚が個別にアクション

もちろん「AKチャンク」単体で使用しても、6本の脚が個別にアクションし、甲殻類系の波動でバスにしっかりアピールしてくれる。テキサスやヘビダンなど、様々なリグに対応可能だ。

「AKチャンク」の解説動画

AKチャンク水中動画

イッセイから「AKチャンク」の水中アクション動画が公開されている。「AKジグ」との組み合わせによる水中アクションは必見だ!

夏の琵琶湖 エビモエリアで遊ぶ!赤松健&吉田諒~スパテン・スパテラ4・AKチャンク~

「AKチャンク」の実釣・解説動画も公開されている。

赤松健プロと吉田諒プロの2人が、夏の琵琶湖で「AKチャンク・スパテン・スパテラ4」を使ってエビモエリアを攻略!ぜひチェックしてみよう!

「AKチャンク」のスペック

名称 サイズ 重量 入数 価格
AKチャンク 4インチ 約15g 5本 880円

「AKチャンク」の発売日

「AKチャンク」の発売日は、2016年10月中旬発売予定。

すでに楽天などの一部ショップでは予約販売が開始されている。

「AKチャンク」のカラーバリエーション

「AKチャンク」のカラーバリエーション

「AKチャンク」のカラーバリエーションは、全8色。NSはノンソルティー(塩無し)。状況に合わせて塩入りと塩なしの2種類のカラーを使い分けよう。

  1. #10 グリパンチャート
  2. #12 活エビ(NS)
  3. #17 スパイシーブラック(NS)
  4. #31 グリパンブルーフレーク
  5. #35 スパイシーパンプキン
  6. #40 グリパンレンジ(NS)
  7. #41 稚ギル
  8. #46 アカマツスペシャル(NS)

「AKチャンク」まとめ

「AKチャンク」は、ワイドボディ&極太肉厚テールでアピール力抜群のクローワーム。

塩入りと塩なしを選べる豊富なカラーバリエーションで様々なシチュエーションに対応し、快適な飛距離が出せるのもストロングポイントだ。また、ラバージグのトレーラーからワーム単体での使用まで、アングラーの要望を自在にこなしてくれる万能さも嬉しい。ぜひ使ってみたいアイテムだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!