Bassblog[バスブログ]

「リップフラッシュ115F」バンタム新製品が早くも登場!潜行深度1mで浅いレンジを攻略できるモデル!

2016.11.09.ルアー
「リップフラッシュ115F」バンタム新製品が早くも登場!潜行深度1mで浅いレンジを攻略できるモデル!

シマノから「バンタム リップフラッシュ115F」が登場。バンタムのルアーに早くも新商品が登場となった。

「リップフラッシュ115F」は、既出の「リップフラッシュ115FMD」と比べてより浅いレンジを攻めることのできるモデル。独特のシミーフロートでバスを食わせることができるハイアピールジャークミノーだ。

「リップフラッシュ115F」の使い方と特徴

「115FMD」の特徴はそのままに、浅いレンジを攻略できるモデル

「リップフラッシュ115F」の使い方と特徴

「リップフラッシュ115F」は、既出の「リップフラッシュ115FMD」の特徴をそのまま受け継ぎ、潜行深度約1mというより浅いレンジを攻略できるモデルだ。ちなみに、「リップフラッシュ115FMD」の潜行深度は約2mだった。

「巻き」と「ジャーク」を両立させたリップフラッシュ

リトリーブの安定を求めた「ミノー」ではジャークに切れが出ず、ジャーク主体の「ジャークベイト」では巻きによる泳ぎがイマイチ。

こんな相反するそれぞれの要素をうまく融合させ、泳ぎとジャーキングを両立させたとても使いやすいフローティングミノーが「リップフラッシュ」だ。

泳ぎとジャーキングどちらでも使える非常に汎用性の高いミノーなので、低~高速リトリーブ、ストップ&ゴー、ジャーキングなどの多彩なアクションに対応可能だ。

喰わせのトリガーとなる「シミーフロート」

現代のミノーは多くがサスペンド設計であるが、「リップフラッシュ」はあえてフローティングタイプとなっている。

ルアーをストップさせると、水平姿勢を保ちながらパタパタと揺れて浮上することでバスを誘うことができる。この浮上の時は意外とバスのバイトが多く、特に水面に出ようとするまさにその瞬間にバスが喰いついてくるのだ。

▼更に詳しい特徴については「リップフラッシュ115FMD」の記事で詳しく特集しているのでご参考に。

「リップフラッシュ115F」のスペック

名称 サイズ 重量 価格
リップフラッシュ115F 115mm 14g 1,800円

「リップフラッシュ115F」のカラーバリエーション

「リップフラッシュ115F」のカラーバリエーション

「リップフラッシュ115F」のカラーバリエーションは、全10色。

  1. 103 フラッシュワカサギ
  2. 104 ゴーストワカサギ
  3. 105 オイカワ
  4. 106 ハス
  5. 107 マットギル
  6. 116 アマゴ
  7. 127 タナゴ
  8. 201 クロキン
  9. 206 ライムチャート
  10. 233 ライトゴールドクラウン

「リップフラッシュ115F」まとめ

「リップフラッシュ115F」は、「リップフラッシュ115FMD」と比べてより浅いレンジを攻めることのできるモデル。「リップフラッシュ115FMD」では潜りすぎて攻略できなかった浅いレンジの魚を攻略するのに最適だ。

「リップフラッシュ」自体は、低~高速リトリーブ、ストップ&ゴー、ジャーキングなど多彩なアクションに対応し、ひとつあれば様々な使い方ができる使って楽しいミノー。

発売は、2016年8月を予定している。潜行深度の異なる2モデルを使い分けることで、さらなる釣果UPに結び付けよう。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!