Bassblog[バスブログ]

「デラボール」発売開始!ジャッカルのデラシリーズ最新作。喰わせ要素&扱いやすさ最強!気軽に使えるかわいいスイムベイトだ!

2016.11.09.ルアー
ジャッカル「デラボール」

ジャッカルから「デラボール」が発売開始となった。

「デラボール」は、気軽に楽しく釣果を上げるために作られたスイムベイト。デラシリーズ第5段となるルアーで、このシリーズならではのコンパクトさと喰わせやすさで、特に野池攻略に最適なスイムベイトとなっている。

「デラボール」の大きな特徴的は、通常のリアルな形状のスイムベイトとは異なり、見た目がコロンとしてカワイイ球体ボディ。しかし、「デラボール」の形状は可愛さだけではなく、開発者である水野浩聡プロの釣るためのこだわりがたくさん込められている。

今回は、この「デラボール」の釣れる秘訣から特徴、実釣動画や使い方など、様々な角度から徹底解剖していこうと思う。

目次

「デラボール」の使い方と特徴

「デラボール」は野池のオカッパリに最適な一口サイズ!

「デラボール」の使い方と特徴

「デラボール」は、その名の通りボールのようにコロンとしてカワイイ球体ボディが特徴のスイムベイト。ぱっと見はなんとなくオタマジャクシのようにも見える形状だ。

通常スイムベイトと言えば、5〜10インチクラスの比較的大きなサイズが多く、細長いリアルな形状でベイトフィッシュを再現したものが多い。

そんな中、「デラボール」はシルエットが大きすぎず、バスの丸飲みバイトも得られるほどの一口サイズ。野池のオカッパリでも気軽に投げられるサイズ感のスイムベイトだ。

「デラボール」は、水面〜70cm程度の浅いレンジの攻略に最適!

「デラボール」は、水面〜70cmレンジの比較的レンジの浅いスイムベイト

使い方としては、スナッグレス性を生かしてストラクチャー周りの攻略から、抜群の飛距離性能でショアラインのサーチベイトとしても威力を発揮してくれる。

変幻自在の「デラボール」。ブルーギルからフロッグ、ネズミまで演じる!

「デラボール」の独特のボディ形状は、見る角度によって変幻自在に変身。

横から見ればブルーギルに見え、下から見ればオタマジャクシやカエル、ネズミに見えたりと、見る角度によって様々なベイトに様変わりするのも面白い。野池からリザーバーまで、あらゆるフィールドの多様なベイトにマッチさせることができるのだ。

見る角度 ベイトの種類
横から ブルーギル
下から オタマジャクシ
カエル
ネズミ

「デラボール」はコンパクトながらアピール力が強力!

「デラボール」は、全長3.2インチとコンパクトでありながら、球体のボディ形状のおかげでボリュームとインパクトは強力。水中では抜群の存在感とアピール力を発揮する。

「デラボール」のアクション時には球体ボディがしっかりと水を押してアピールし、抜群の集魚効果でバスを魅了してくれる。

「デラボール」は抜群の飛距離でオカッパリの味方!

「デラボール」はウエイトの詰まった球体ボディのため、キャスト時の空気抵抗がとても少ない。そのため、まるで野球ボールの様にロングキャストがビシビシ決まるのだ。野池なら、対岸までも射程距離に入れてしまうほどの驚異的な飛距離性能だ。

また、「デラボール」はボディ表面が滑らかなので、スキッピングもしやすく、オーバーハングの下に滑り込ませてカバー攻略するにも最適なスイムベイトだ。

「デラボール」には釣るための実用的な工夫がたくさん!

見た目の可愛い「デラボール」だが、実は釣るための実用的な工夫が随所に盛り込まれている。

リアルな形状の通常のスイムベイトとは異なり、球形のボディフォルムを生かした「インナースルー構造」など、下の3つの強力な仕掛けで、快適な釣りを楽しむことができる。

  1. バレの少ない「インナースルー構造」
  2. ボディを傷つけない「ビースティンガーフック構造」
  3. デラボールの「簡単フック固定」方法

それでは、それぞれの特徴を詳しく見ていこう。

1.バレの少ないインナースルー構造

バレの少ないインナースルー構造

「デラボール」は、ファイト時にバレが少ない「インナースルー構造」を採用。 これは、ボディに内蔵したパイプにラインを通してスイベル付きのトレブルフックに結ぶ構造だ。

またパイプには、ラインの摩擦抵抗の少ない「超低摩耗タイプのPTFEパイプ」を採用することで、ファイト時のラインブレイクを防ぐ安心設計だ。

この「インナースルー構造」を採用したことにより、プロトの段階からバラシがほとんどなかったという。頼もしい構造だ。

2.ボディを傷つけないビースティンガーフック構造

ボディを傷つけないビースティンガーフック構造

「デラボール」は、通常のスイムベイトの様にボディに直接フックを刺して固定するタイプではなく、上の写真にある2本の細くて柔軟性のあるワイヤーをボディに刺して固定する「ビースティンガー構造」を採用。

これにより、フックによるボディの損傷を最小限にとどめ、フックがボディを裂いてしまうことなく、安定してフックを固定することができるのだ。

3.デラボールの簡単フック固定方法

デラボールの簡単フック固定方法

「デラボール」のフック固定方法は以下の4ステップだ。

  1. RTFEパイプにラインを通す
  2. スイベルにラインを結ぶ
  3. 腹部スリットの後方からボディ前方へ向かってワイヤーを刺す
  4. フックを固定して完成!

「デラボール」に最適のタックルは?

「デラボール」は小さなコンパクトシルエットでありつつも、自重は1oz弱の26g。とはいえ、ウエイトがボール状にギュッと詰まっているので重さを感じることなく、ミディアム~ミディアムヘビークラスのロッドで扱えるサイズ感。

スピナーベイトやテキサスリグを扱うタックルでそのままで投げることができるので、まさに野池のオカッパリアングラーの味方!気軽にローテーションできるのが嬉しい。

ちなみに、水野浩聡プロが「デラボール」を使う時のタックルは下記の通り。

ロッド:ポイズンアドレナ 1610MH 2ピース(シマノ)

リール:メタニウムMGL HG(シマノ)

ライン:レッドスプール 16lb(ジャッカル)

「デラボール」の実釣&解説動画

デラボール実釣動画:ジャッカル “デラボール”PV/水野浩聡

ジャッカルから開発者である水野浩聡プロによる「デラボール」の実釣・解説動画が公開されている。ぜひチェックしてみよう!

大漁生活 Vol.111「Newアイテムで夏の野池をラン&ガン!」

大漁生活 Vol.111にも「デラボール」が登場。

水野浩聡プロが、ジャッカルNewアイテム「デラボール」で夏の野池を攻略!

前日の大雨による増水で岸際のカバーが増えた野池で、「デラボール」の特徴を解説しながらバスを次々にキャッチ。「デラボール」の特徴でもあるカバー回避能力を活かして、カバーを中心に狙った釣りは必見だ!

デラボール解説動画:デラスイムベイトをジャッカル-トランポ水野浩聡が生解説

こちらの動画では、まだプロト段階の「デラボール」だが、特徴をコンパクトに説明していてわかりやすいのでぜひチェックしてみよう!

「デラボール」のスペック

名称 サイズ 重量 価格
デラボール 3.2インチ 26g 1,400円

「デラボール」のカラーバリエーション

「デラボール」のカラーバリエーション

「デラボール」のカラーバリエーションは、独特なカラーが光る全10色。

  1. ハスッコホログラム
  2. HMポンドヤマカガシ
  3. HMチャートリュースボア
  4. ピンクバッククリアー
  5. ワカサギホログラム
  6. ゴールドフラッシュギル
  7. チャートストライクギル
  8. チャートバックブラック
  9. トノサマガエル
  10. チャートバックパール

ベイトフィッシュ系からカエル系、さらにヘビ系まで。様々なベイトが揃うカラーバリエーションは、どんなフィールドにも対応が可能だ。

「デラボール」の発売日は?予約販売がついに開始!

「デラボール」アマゾンでも予約販売開始!

「デラボール」の発売日は、2016年夏。

すでにアマゾンや楽天などの一部ショップでは予約販売が開始されているが、かなりの人気商品で既に品薄状態。

在庫状態は日々変動するので、このページの下部にある各通販ショップのリンクをチェックしてみよう!

「デラボール」まとめ

「デラボール」は、デラシリーズ期待の最新作であるスイムベイト。

「コンパクトサイズ×強い水押しによる存在感のあるアピール」という喰わせの要素はもちろんのこと、「扱いやすさ」も素晴らしいのが「デラボール」だ。

スピナーベイトやテキサスリグを扱うタックルで気軽に投げることができて、飛距離性能も良く、根がかりもしにくい構造。初めてスイムベイトを使う方にも、特にオススメしたいアイテムだ。

野池攻略には欠かすことのできないスイムベイトになりそうだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!