Bassblog[バスブログ]

「ヤゴーン」ヤゴをリアルに再現したイモラバタイプの沈む虫ワーム。ただ投げてズル引きするだけで無限に釣れる!?

2016.11.09.ルアー
ジャクソン「ヤゴーン」

ジャクソンから「ヤゴーン」が登場。

「ヤゴーン」は、トーナメンターの間でシークレットチューニングとして使われている「イモラバ」を、ヤゴをモチーフにデザインしたシンキングタイプの虫ワームだ。

「ヤゴーン」の使い方と特徴

「ヤゴーン」の使い方と特徴

「ヤゴーン」は、存在感抜群のリアルフォルムが特徴のヤゴ型虫ワーム。

近年、着実な釣果を叩き出し、大人気の虫パターン。これまでになかった新たなモチーフとして登場する「ヤゴ」は、水生昆虫の中でも数が多く、比較的大型になるため、ビッグバスも好んで食べることが期待される。

また現在の虫パターンの主流は、ワームもハードベイトも水面に浮かせて誘うトップウォーターの釣りだが、この「ヤゴーン」は、高比重ボディのシンキングタイプ。

表層を意識しているバスも、状況によっては水面を割らずに沈むものにしかバイトしないときもある。このような場合に「ヤゴーン」が有効になっている。

「ヤゴーン」の基本的な使い方は、ノーシンカーによるフリーフォールとずる引きだ。

高比重ボディーとシリコンラバーレッグという異なるマテリアルの組み合わせによって、僅かな水流でプルプルと微波動を生み出し、スレバスをバイトに誘うのだ。

「ヤゴーン」のスペック

名称 サイズ タイプ 価格
ヤゴーン 1.75インチ シンキング 700円

「ヤゴーン」のカラーバリエーション

「ヤゴーン」のカラーバリエーション

「ヤゴーン」のカラーバリエーションは、全9色。

  1. GP グリパン
  2. EC1 Eコンフィデンス1
  3. EC2 Eコンフィデンス2
  4. BBF ブラックブルーフレーク
  5. GPC グリパンチャート
  6. RMB リアルモエビ
  7. NE ヌマエビ
  8. IMG イモムシグリーン
  9. YGO ヤゴーン

「ヤゴーン」まとめ

「ヤゴーン」は、表層を割らないバスを食わせることのできる新たな虫ワームだ。その効果は、トーナメンターの間でも、「イモラバ」というシークレットアイテムとして既に実証済み。

これまでの虫ルアーといえば、羽の生えた昆虫が水面に落下してもがくイメージが強かったが、この「ヤゴーン」にように、今後は水生昆虫にも注目が集まってくることだろう。

新しいタイプの「沈む虫ルアー」。今後、大きくブレイクするかも知れない。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!