Bassblog[バスブログ]

「サカマタシャッド」に新サイズの5インチが登場!デカバスのスイッチを簡単に入れてしまうスティックベイト!

2016.11.09.ルアー
デプス「サカマタシャッド」

デプスの「サカマタシャッド」に新サイズの5インチが登場。

「サカマタシャッド」は、ナチュラルなアクションでいとも簡単にバスの捕食本能にスイッチを入れてしまう、デカバスキラーとして絶大な人気を誇るスティックベイト。

ただフックセットするだけで、ベイトフィッシュが跳ね上がるようなダートアクションを自然に生み出すことのできる操作性の良さも人気の秘訣だ。

「サカマタシャッド」の使い方と特徴

「キール」の生み出すアクションがデカバスを魅了

「サカマタシャッド」の使い方と特徴

「サカマタシャッド」最大の特徴は、ボディ側部に設けられた「キール」が生み出す独自の跳ね上がるダートアクションだ。

このキールが水を受けると水流を下方へ受け流すことで上方向へ跳ね上がるアクションを発生。ベイトフィッシュが水面で跳びはねる様子をリアルに再現できるのだ。

また、このキールはダートアクションがブレないように「」の役割も果たしてくれ、アクションの安定性にも一役買っている。

「サカマタシャッド」のボディラインは凹凸の無い流線型。水の抵抗が非常に少ないので、簡単に鋭いダートアクションを発生させることができ、スライド幅もワイドにしてくれるのだ。

テンポよくサーチできるハイスピードのダートアクションに対応

テンポよくサーチできるハイスピードのダートアクションに対応

「サカマタシャッド」は、テンポよくサーチできるハイスピードでのダートアクションにも対応可能だ。

ダートアクションに追従してベイトフィッシュの尾ビレのように艶かしく揺らめく二股テールとの相乗効果で、オープンウォーターでもバスに見切られにくく、リアクションバイトを誘発させることができるのも「サカマタシャッド」の強みだ。

カバー攻略にも最適な「サカマタシャッド」

カバー攻略にも最適な「サカマタシャッド」

また、「サカマタシャッド」はボディ表面の滑らかさを生かして、スキッピングがしやすく引っかかりにくいので、カバー打ちがとても快適にできるワームとなっている。

各サイズに適したソルト含有量

「サカマタシャッド」は、ソフトジャークベイトとしては珍しくソルト素材を使用したソフトな素材感となっている。このソルト含有量は、各サイズごとに比率が最適化されている。

  • 8インチ:5%
  • 6インチ:10%
  • 5インチ:10%

この含有量の違いにより、引張強度がサイズに合わせて最適な比率に高められ、針持ちの良さとワームの裂けにくさを実現しているのも嬉しいポイントだ。

「サカマタシャッド」の使い方

「サカマタシャッド」の使い方としては、ノーシンカーリグによるダートアクションで、アユやハスが水面で逃げ惑い、勢いよく水面から飛び出すような跳ね上がりのアクションを演出するのが最も効果的だ。

その他にも、スプリットショットやキャロライナリグを使ったボトムレンジにも対応可能だ。ベイトフィッシュがバスの気配に気付き、ボトムから突然現れて、また物陰に姿を隠すようなイメージでアクションさせよう。

サイズの使い分け

「サカマタシャッド」のサイズの使い分けとしては、バスがチェイスするベイトフィッシュのサイズが大きい時や、バスにルアーの存在をいち早く気づいてもらいたい時は8インチを使おう。

ベイトフィッシュのサイズがそれほど大きくない場合や、あまり大きくアピールさせたくない時は、6インチが最適。

さらにベイトフィッシュのサイズが小さい時や、バスが食い渋るような状況では、新サイズの5インチの出番だ。

「サカマタシャッド」の釣れるフックセット術

「サカマタシャッド」をフックセットする際は、わざとボディを少し反らせることによってキールの効果が高くなり、更に機敏に跳ね上がる激しいイレギュラーダートを発生させることができる。

「サカマタシャッド」の実釣・解説動画

琵琶湖バスフィッシングガイド松下雅幸プロによる「サカマタシャッド」の実釣・解説動画が公開されている。

近年注目されているハスパターンを追い、「サカマタシャッド」を使ったノーシンカージャークの釣りを実釣解説。ぜひチェックしてみよう!

「サカマタシャッド」のスペック

名称 サイズ 重量 フックサイズ
サカマタシャッド 5インチ 9.8g #6/0
サカマタシャッド 6インチ 16.0g #4/0
サカマタシャッド 8インチ 36.5g #4/0

「サカマタシャッド」のカラーバリエーション

「サカマタシャッド」のカラーバリエーション

「サカマタシャッド」のカラーバリエーションは、全21色。豊富なカラーバリエーションが嬉しい。

  1. #06ブラック
  2. #08ホワイトソリッド
  3. #12グリーンパンプキン
  4. #16チャートリュース
  5. #17クリアレッド
  6. #19デッドシャッド
  7. #22ゴールデンシャイナー
  8. #27バブルガムピンク
  9. #28スカッパノン
  10. #29ジューンバグ
  11. #31ホワイト・クリア/シルバーフレーク
  12. #39パールホワイト
  13. #50ブラックブルー
  14. #108パールグリッター
  15. #109チャートレーザー
  16. #114シャンパンペッパー&ネオンパール
  17. #125クリアペッパー/ネオンフレーク
  18. #126パープルネオン
  19. #127シルバーシャッド
  20. #128ブルーグリマー
  21. #129リザーバーシャッド

「サカマタシャッド」まとめ

「サカマタシャッド」は、ただフックセットするだけで、ベイトフィッシュが跳ね上がるようなダートアクションを自然に生み出し、ナチュラルアクションで簡単にデカバスの捕食本能にスイッチを入れてしまうスティックベイトだ。

新サイズの5インチも加わり、これまで以上にタフな状況でも喰わせることができるラインナップとなった。この5インチは、小規模なフィールドやベイトフィッシュのサイズが小さい状況でかなりの威力を発揮してくれそうだ!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!