Bassblog[バスブログ]

「ピックルワーム」ゲーリー新作ストレートワーム!縦刺し・横刺しの変幻自在アクションで新しいスタンダードになるか!?

2016.11.09.ルアー
「ピックルワーム」ゲーリーヤマモト

ゲーリーヤマモトから「ピックルワーム」が登場。

「ピックルワーム」は、高比重なゲーリー素材の特性を生かした、抜群の飛距離性能とフォールスピードの速さが魅力のストレートワーム。また、他の素材では出すことのできない、ゲーリーマテリアルならではの艶めかしい動きも強みのひとつだ。

また、「ピックルワーム」は独特の「平べったい」扁平テールをしていることで、「縦刺し」と「横刺し」の2種類のフックセットができる。このことで、このワームひとつでアクションに多様性を出せるところも魅力だ。

「ピックルワーム」の使い方と特徴

「ピックルワーム」は、ゲーリーワームお馴染みの高比重素材を使用しており、その素材によるバスへのアピール性の良さは他のワームの実績が物語ってくれるだろう。

ワームのデザインで特徴的なのは、平べったく、ファットでバルキーなヘッドデザインと絶妙なクビレだ。

「ピックルワーム」の太いヘッドによる効果を見てみると、単純に重量があるので抜群の飛距離を実現することができるだろう。また、太さによって水を押す面積が広くなり、アクション時の波動を強くする効果もある。

クビレがあることにより、ヘッド部分とテール部分それぞれが受ける水の抵抗が異なるため、ヘッドとテールが違う波動のバイブレーションを同時におこせるようになっている。

特にフォーリング時は、このヘッドとテールの異なる波動の複雑な組み合わせがバスにとても効くことだろう。

「ピックルワーム」の使い方

「ピックルワーム」の使い方としては、ノーシンカーやネコリグ、ダウンショットがよりフィットするリグとなるだろう。それ以外にも、ライトテキサスやジグヘッドで使っても面白そうだ。

フックはノーシンカーやダウンショットならオフセット、ネコリグならマスバリがオススメだ。特にネコリグでは太いヘッドでネイルシンカーが刺しやすいのが嬉しい。

「ピックルワーム」は平べったさも魅力

「ピックルワーム」のテールは、平べったい形状をしているので、ワームセット時に「縦刺し」と「横刺し」を使い分けることでアクションに違いを出すことができる。

  • 縦刺し:水の抵抗が少なく、横方向のブレるアクションを出せる。
  • 横刺し:水の抵抗が大きいので、より強い波動をおこせる。移動距離も少なくできる。

オススメの使い方は以下の通りだ。

縦刺し ノーシンカーの水平フォール
ダウンショットでベイトフィッシュ的な素早い動き
ライトテキサスでハゼ系のボトムアクション
横刺し  ネコリグで移動距離を抑えたクション
ダウンショットでのクネクネアクション
ライトテキサスでバドルテール的な使い方

余談だが、「縦刺し」と「横刺し」と言えば、ディスタイルの「フーラ」を思い出す。

「フーラ」はリーチ系ワームだが、「ピックルワーム」のようにフックセットを変えるだけでスローなネチネチアクションと、素早いトゥイッチ系のアクションを両立できる万能性が魅力のワームだ。

「ピックルワーム」はベイトフィネスでも投げられる

「ピックルワーム」はファットボディで重量があるので、ノーシンカーでもベイトフィネスタックルで投げられるのも嬉しいポイントだ。もちろんスピニングでの扱いやすさは抜群で、飛距離が出せるのでオカッパリアングラーの心強い味方となる。

キャスタビリティから言えば、ワイドボディを生かしたスキッピングも得意なので、カバーゲームにも最適だ。

「ピックルワーム」のスペック

名称 サイズ 入数 価格
ピックルワーム 4インチ 8本 950円

「ピックルワーム」のカラーバリエーション

「ピックルワーム」のカラーバリエーションは、全10色。

  1. 020 ブラック
  2. 135 スモーク/シルバーフレーク
  3. 169 チャート/チャート&ライムフレーク
  4. 194 ウォーターメロンペッパー
  5. 218 ワインペッパー
  6. 297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク
  7. 331 ゲーリーコーラ
  8. 341 ダークブラウンブルーギル
  9. 343 ウォーターメロンブルーギル
  10. 363 グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレーク

「ピックルワーム」まとめ

「ピックルワーム」の特徴について詳しく見ていくと、かなりの万能ワームだということがわかる。

  1. 多くのリグに対応できること
  2. 「縦刺し」&「横刺し」によるアクションの多様性
  3. ベイトフィネスとスピニング両方で使えるタックル面の万能性
  4. カバーゲームからオープンウォーターまで使える

あえて欠点をあげるとすれば、高比重素材なので、表層を「浮かせる」釣りは苦手だということくらいか。とはいえ、基本的にはボトムから上は全てカバーできる万能ワーム。

絶妙なクビレのおかげで、僅かな水流で勝手にワームがアクションしてくれるし、タックルを選ばず飛距離も出て扱いやすいので、初心者にもオススメのアイテムだ。

この「ピックルワーム」、すでにアマゾンでも発売が開始されている。ぜひその威力をお試しあれ!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!