Bassblog[バスブログ]

おすすめ「スピンテールジグ」ランキングと使い方・コツのまとめ

2016.11.09.ルアー
おすすめ「スピンテールジグ」ランキングと使い方・コツのまとめ

今回は、おすすめの「スピンテールジグ」ランキングと、スピンテールジグの使い方とコツをまとめてみた。

シーバス釣りで使うイメージが強いスピンテールジグだが、バス釣りでもその実力は十分に発揮できるルアーだ。

スピンテールジグの特徴

スピンテールジグは、金属のボディとテールに付いたブレードが特徴。名前の通りテールのブレードがスピンし、フラッシング効果と波動でバスを誘惑する。

バス釣りでスピンテールジグを使っている人は少ないが、これが結構よく釣れる。季節的には、特に冬に効果的ではあるが、一年を通して釣れるルアーである。

スピンテールジグのメリット

スピンテールジグはタダ巻きでよく釣れる

スピンテールジグの良いところは、基本的にタダ巻きで釣れてしまうところ。

釣りの上手い下手にかかわらず、バスのいるところにルアーさえ入れば、結構な確率でバスを釣ってきてくれる。その意味では、初心者にオススメのルアーだ。

スピンテールジグは価格が安い

スピンテールジグのもう一つの良いところは、通常のハードルアーに対して安価であること。根掛かりしやすいところが玉に瑕だが、安さがそのデメリットを十分に補ってくれる。

スピンテールジグを使うポイント

スピンテールジグが活躍するポイントは、オープンウォーターで根がかりが少ないところならどこでもOK。

スピンテールジグは、本体が空気抵抗の少ない金属の塊であるため、飛距離が出て、フォーリング速度も早いため、陸っぱりから遠投して水深のあるポイントを狙うのに向いている。

また、ブレードがスピンする抵抗で、巻いていいると少しずつ上昇してくる。そのため、陸っぱりからブレイクを通しやすいというメリットもある。

ボートでスピンテールジグの釣りをする場合は、メタルジグと同じようにディープでのリフト&フォールが中心となる。

スピンテールジグの使い方とコツ

スピンテールジグのタダ巻き

陸っぱりでスピンテールジグを使うなら、タダ巻きが一番使いやすいだろう。

特に秋は広範囲に散ったバスを取るためのサーチルアーとして活躍してくれる。スピンテールジグはかなり早く巻いてもルアーの動きが崩れないので、リアクション的に早巻きをして使っても良い。

スピンテールジグのリフト&フォール

スピンテールジグがボトムに着いたら、ロッドをシャクリ上げてリフトアンドフォールさせてリアクションバイトを誘う。

基本的にはメタルジグと同じように使う。スピンテールジグの場合は跳ね上がる時もフォーリングの時もブレードが回転してアピールしてくれる。

スピンテールジグのバーチカルジギング

スピンテールジグはバーチカルジギングにも適している。

魚群探知機で見つけた切り株や立木などのカバーに対してもタイトにアプローチすることが出来る。陸っぱりでは、漁港やドックでバーチカルジギングが可能だ。

***

それでは、ここからは「おすすめのスピンテールジグ」ランキングを紹介していこう。

「おすすめのスピンテールジグ」ランキング

1位 ジャッカル デラクー(JACKALL DERACOUP)

陸っぱりで使うなら、一番おすすめのスピンテールジグ

「ジャッカル デラクー」は、陸っぱりの味方として開発されたスピンテールジグ。

ライン絡みが少なく、根掛かりしにくい構造になっているため陸っぱりでとても使いやすい。とりあえずスピンテールジグを使ってみたいという方には断然オススメのルアーだ。

2位 ビバ コーゾースピン(VIVA KOZO SPIN)

スピンテールジグでは難しかったシャローエリアの攻略に

「ビバ コーゾースピン」は、高比重メタルとソリッドABSのハイブリッドボディーのおかげで沈下スピードが遅いスピンテールジグ。これまでのスピンテールジグでは難しかったシャローエリアの攻略に適している。

3位 ノリーズ インザベイト(NORIES IN THE BAIT)

ラインが絡みにくい構造で使いやすいスピンテールジグ

「ノリーズ インザベイト」は、ラインが絡みにくい構造と、フォーリングでもしっかりとブレードが回転するように設計されたボディが特徴のスピンテールジグ。

さらにフックポイントが瞬時に抜けやすいヘッド形状にデザインしているため、フックやブレードがラインに絡んでしまうムダ打ちをなくしてくれるのがありがたい。

4位 ノリーズ TGジャカブレード(NORIES TG JAKA BLADE)

メタルバイブレーションの振動も加わってアピール力が絶大

「ノリーズ TGジャカブレード」は、メタルバイブレーションとスピンテールジグのハイブリッドルアーだ。ブレードの回転に、メタルバイブレーションの振動も加わってアピール力が絶大だ。

まとめ

以上が、おすすめ「スピンテールジグ」ランキングと使い方・コツのまとめだ。

厳寒期に大活躍してくれるスピンテールジグだが、ハイシーズンでもその威力は絶大だ。スピンテールジグはフィールドも選ばず使えるので、良いことばかり。

無理やり難癖をつけるとしたら、釣れてもルアーが釣ってきた気がして「自分が釣った感」が少ない気がすること。もう一つは釣れるバスのサイズを選べないこと。んん、贅沢な悩みですな。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!