Bassblog[バスブログ]

「ラトリンサバイブ」こんなシミーフォールは見たことない!?バスも思わずバイトしてしまうそのアクションの秘密とは?

2016.11.09.ルアー
シマノ「バンタム ラトリンサバイブ」

シマノのバンタム「ラトリンサバイブ」が登場。

「ラトリンサバイブ」は、バスがバイトしやすい一口サイズのコンパクトボディながら、強い振動でバスに強烈アピールできるバイブレーションルアー。

立ち上がりの速さと抜群の安定性で、早巻きでもスローリトリーブでも、そしてフォーリグでも使えるので、バスのバイトチャンスをより多く作れるルアーだ。

バンタム「ラトリンサバイブ」の使い方と特徴

バンタム「ラトリンサバイブ」の特徴

「ラトリンサバイブ」は、シンプルな面構成ボディで確実に水をつかむバイブレーション。

エッジの効いたフラットなヘッドと強浮力、そして最大の特徴でもある「お腹から出たウエイト構造」によって、驚異的なアクションの安定性を実現。

早巻きでのアクションの安定性はもちろん、低速でもトルクフルな振動を発生し、かつしっかりと振動が手元に伝わるので、じっくりボトムをトレースすることが可能となっている。

上の動画のように、フォーリング時にはユラユラと揺れながら落ちるシミーフォールを起こすのも特徴。通常のバイブレーションではなかなか攻め切ることのできないウィードエッジなどを、リフト&フォールで誘うことができるのだ。

さらに、このシミーフォールには特徴があり、階段のように段階的に「カクン、カクン」と縦にイレギュラーな動きが入るので、通常のユラユラフォールでは食わないバスでもバイトさせてしまうのだ。

また、フラットサイドでハイピッチなので、チカチカと強い明滅効果を発揮してバスの視覚にアピールすることができる。

着底でルアーが立つバランス設計で、泳ぎ出しが良く、根掛かりしにくい

着底で倒れにくいバランス設計

「ラトリンサバイブ」は着底してもルアーが立つバランス設計になっているため、泳ぎ出しが抜群に良い。

着底後のリフトで即泳ぎ始めるので根がかりが軽減されている。これにより、舐めるようなボトム攻略が可能だ。

バンタム「ラトリンサバイブ」の解説動画

シマノから、開発者である山木一人プロによるバンタム「ラトリンサバイブ」の解説動画が公開されている。早巻き、スローリトリーブ、シミーフォールなどの水中アクションは必見!

バンタム「ラトリンサバイブ」のスペック

名称 全長 重量 価格
バンタム ラトリンサバイブ 62mm 14g 1,330円

※専用設計低重心ウェイト。TBL930フック#6、スチールラトル搭載。

バンタム「ラトリンサバイブ」のカラーバリエーション

バンタム「ラトリンサバイブ」のカラーバリエーションは、全10色。

バンタム「ラトリンサバイブ」のカラーバリエーション
  1. 106 ハス
  2. 107 マットギル
  3. 109 レッドクロー
  4. 110 ブラウンクロー
  5. 115 アルミワカサギ
  6. 117 アルミアユ
  7. 201 クロキン
  8. 202 マットタイガー
  9. 203 レッドタイガー
  10. 205 コットンキャンディ

バンタム「ラトリンサバイブ」まとめ

以上が、バンタム「ラトリンサバイブ」の特徴についてのまとめだ。

「ラトリンサバイブ」は、その強力な振動によるアピール力で、通常のバイブレーションと同じようにビッグレイクやウィードフラットなどを効率よくサーチする釣りに有効だ。

しかし、その威力が最も発揮されるのは、通常のバイブレーションではなかなか口を使わないような状況の「低水温で水が濁り気味の野池」

このような状況でこそ、コンパクトボディと独特のシミーフォル、そしてスローリトリーブでも抜群の泳ぎ出し速さでバスへのアピールシーンを逃さないその特徴が、最大限に発揮されるのだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!