Bassblog[バスブログ]

「熱砂スピンビームTG」ヒラメゲームをテンポよく楽しめるメタルジグがパワーアップして新登場!

2016.11.09.ルアー
シマノ「熱砂スピンビームTG」

シマノから「熱砂スピンビームTG」が登場!

「スピンビームTG」は、ヒラメ専用メタルジグとして人気の「スピンビーム」のタングステン内臓モデル。

とにかく良く飛び、流れの中でも底取り性が抜群の「スピンビーム」が、タングステンを埋め込むことで更にパワーアップ。新旧モデルの比較もしつつ、その特徴を詳しく見ていこう。

「熱砂スピンビームTG」の使い方と特徴

「熱砂スピンビームTG」の特徴

「スピンビーム」は、サーフのヒラメ狙い専用のメタルジグとして登場した。その特徴は、とにかく良く飛び、流れの中でも底取り性がよく、タダ巻きでもしっかりアクションしてくれること。

また、ベイトを底から喰い上げてくるヒラメの食性を考慮して、フックをテールとベリーの2ヶ所に搭載。このセッティングにより、頭から喰いに来るヒラメの習性に対応し、確実にフッキングさせることができるのだ。

新モデルの特徴は、テールに見える内蔵タングステン

新登場の「スピンビームTG」は、旧モデルとほぼ同じサイズながら、ボディ最後端まで高比重のタングステンを埋め込むことで重量が10gアップ。重心も後方にあるため、飛距離が飛躍的に向上。誰でも簡単に十分な飛距離を得ることができる。

春先や晩秋~冬等の強い浜風の中でも飛距離を稼げ、シルエットが小振りなのでフッキング後にヒラメが暴れてもバラシにくいのも大きなアドバンテージだ。

底を取って、ただ巻きするだけで強力アピール!

「スピンビームTG」は飛距離だけでなく、旧モデルの動きもしっかりと受け継いでいる。後方重心設計により、タダ巻きでもテールを振りながらバタバタと泳ぐ極端なワイドアクションが特徴だ。

基本的には、ボトムまで落とした後にただ巻きするだけで、わずかに底を切った絶妙なレンジをキープしてしっかりアクションで泳いでくれる。また、ジャーク&フォールを繰り返せばさらに強烈なアピールで誘うこともできる。

フックが2ヶ所に搭載されているので、従来のメタルジグでは感じにくかった「引き感」もしっかりと感じられ、操作性が向上しているのもポイントだ。

根がかり対策&トラブル防止のフックセッティング

ハリが絡まないボディ

「スピンビームTG」は、アクション時にベリー部のフックが上を向いて泳ぐように設計されている。さらに、針が絡まない設計で、トラブルも根がかりも軽減され、ストレスフリーでスピーディーな釣りを楽しむことができるのだ。

「熱砂スピンビームTG」の解説動画

シマノから、「スピンビームTG」の解説動画が公開されている。水中アクションをぜひチェックしてみよう。

「熱砂スピンビームTG」のスペック

名称 全長 重量 価格
熱砂スピンビームTG 68mm 42g 1,800円
熱砂スピンビーム 67mm 32g 1,400円

「熱砂スピンビームTG」のカラーバリエーション

「スピンビームTG」のカラーバリエーションは、全12色。

「熱砂スピンビームTG」のカラーバリエーション
  1. 02T ハデイワシ
  2. 09T クリアキス
  3. 11T シロギス
  4. 12T サーフクラウン
  5. 28T ピンクファイヤー
  6. 31T 拘りヒラメゴールド
  7. 32T カガヤキヒラメキャンディ
  8. 33T カガヤキヒラメリョク
  9. 34T チャートキャンディ
  10. 35T ヒイラギ
  11. 36T アカキングラデーション
  12. 05J クリアピンクイワシ

「熱砂スピンビームTG」まとめ

「スピンビームTG」は、飛距離・アクション・フッキングと、ヒラメゲームに必要な要素を三拍子すべて取り揃えたメタルジグだ。

高比重で重量があり、空気抵抗が少ないので、「飛距離が出て広範囲をテンポよく探れる」という利点を生かし、従来のヘビーシンキングミノーでは攻略しきれなかった強い流れの中や、急深なサーフのボトムを攻略してみよう!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!