Bassblog[バスブログ]

「マサウオ(一誠)」村上氏こだわりの「引き重り」が込められ、釣れる雰囲気がハンパないスイムベイト!

2016.11.09.ルアー
一誠「マサウオ」

一誠から「マサウオ」が発売された。

「マサウオ」は、一誠の新作スイムベイト。すでにフィッシングショーではプロトタイプが発売されて大人気を博している。今回は、その使い方と特徴についてまとめてみた。

「マサウオ」の使い方と特徴

巻いていて「釣れる気しかしない!」そんなスイムベイトが誕生!

「マサウオ」の使い方と特徴

「マサウオ」の特徴は、リトリーブ時の「引き重り」感にこだわって開発されていること。村上氏が言うには「釣れる引き重り」は、テール:ボディ=7:3の比率がベスト。「マサウオ」は、まさにこの比率になるように設計されている。

そのアクションは、しっかり水をつかみ、スローに引いても早巻きしても水面から飛び出ることなく、安定したアクションでバスにアピールが可能だ。

また、水噛みの良いテールから発生したバイブレーションが、ボディにしっかりと伝わるようデザインされているので、まさに本物のベイトフィッシュと同じ波動を出すことができるのだ。

「マサウオ」の使い方としては、ラインにテンションが掛かるか掛からないか程度のスピードで巻くのが基本。この時、バスを焦らすようなイメージで泳がすのがポイントだ。

「マサウオ」のウエイトチューニング方法

「マサウオ」のウエイトチューニング方法

「マサウオ」最大の特徴は特許取得済みの独自の内部構造だ。フックの固定部分を最小限に留め、ボディはやわらかく、かつ壊れにくい設計で、高い耐久性と激しいアクションを両立。スイベルやフックの軸の一部をボディに隠すことで不自然さを軽減し、ルアーの持つ能力を100%引き出したアクションを実現している。

フックをボディと一体化

▲腹部はトレブルフック差し込めるようになっているので、フックをボディと一体化させて泳がせることも可能だ。

また、「マサウオ」には、ネイルシンカーを挿入するギミックがあるので、ウエイトチューンを行うことが可能。バスのいるレンジに柔軟に対応することができ、スイミング姿勢の微妙な調整もできる。

特に村上氏が言うには、早巻きした時に姿勢が立ってくるとあまり良くないとのこと。自分の巻く速度に合わせて適宜ウエイトチューンを行うことで釣果UPに繋がるだろう。

「マサウオ」の解説動画・水中アクションあり

MASA-UO「誠魚」の使い方

一誠から、村上晴彦氏による「マサウオ」の解説動画が公開されている。水中アクションから、チューニング方法まで解説があるので、ぜひチェックしてみよう!

村上晴彦が誠魚マサウオ(一誠)を超詳しく解説【水中映像あり】

コチラの動画でも、村上晴彦氏が「マサウオ」の特徴を詳しく解説している。ぜひチェックしてみよう!

「マサウオ」のスペック

名称 全長 重量 価格
マサウオ 140mm 約30g 2,000円

「マサウオ」のカラーバリエーション

「マサウオ」のカラーバリエーション

「マサウオ」のカラーバリエーションは、全9色。

  1. #48 ブラック
  2. #07 キンクロ
  3. #08 ギンクロ
  4. #12 ハス
  5. #24 ナチュラルチャート
  6. #26 グリパンチャート
  7. #16 ウグイ
  8. #05 ワカサギ
  9. #36 アブラハヤ

「マサウオ」まとめ

「マサウオ」は、どんなスピードでも対応できる安定したアクションとスイミング姿勢で、広範囲を探ることができるスイムベイト。

さらに、村上氏のこだわった「引き重り」感が込められているので、釣れる雰囲気がかなり強く漂うルアーだ。

アングラーの使う状況に合わせてウエイトチューンを行う事ができるのも魅力。発売される春〜初夏にかけては、まさに巻物が大活躍の季節。発売が楽しみなルアーだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!