Bassblog[バスブログ]

「フラペンブルーランナー」青物攻略に死角なし!バジングからフォールまであらゆるアクションをこなすシンキングペンシル!

2016.11.09.ルアー
マリア「フラペンブルーランナー」

マリアから「フラペンブルーランナー」が登場した。

「フラペン」シリーズは、テール部分に独自のフラップを搭載することで、

  1. 後方波動
  2. アクション
  3. 飛距離

という3つの大きな効果を生み、釣れるペンシルとして人気のシリーズ。

「フラペンブルーランナー」は青物の攻略に特化したモデルとなり、サイズも大きく強度も向上。カラーラインナップも充実している。

「フラペンブルーランナー」の使い方と特徴

「フラペンブルーランナー」の使い方と特徴

「フラペン」シリーズは、「釣り具界のエジソン」と呼ばれる創業者山下楠太郎の「生態波動論」と最新技術から生まれた「フラップによる後方波動」が最大の特徴。

この後方波動は、「逃げ惑うベイトフィッシュと同じ波動」をリアルに再現。通常のシンキングペンシルでは生むことのできないアクションを実現している。

「フラペンブルーランナー」の使い方としては、基本的にただ巻きで十分アピールすることができる。スローに巻いてもしっかり動き、また、早巻きをしても水面から飛び出さずに、魚のアタックの多い足元までしっかり引いてくることができる。

さらに、青物狙いに有効な水面の「バジング」でも使うことができるのも「フラペンブルーランナー」の大きなアドバンテージだ。

「フラペンブルーランナー」のアクションの使い分け

使い方 アクション 特徴
ミディアム
リトリーブ
ハイピッチ
ローリングアクション
水面直下から
50cmのレンジをトレース
ファスト
リトリーブ
ウォブリングアクション 水面を引き波を作りながら
水飛沫を上げるバジング
フォール 安定した水平姿勢でローリングしながら沈下

「フラペン」シリーズ最大の特徴「後方波動」とは?

「フラップ」による後方波動

「フラペン」シリーズ最大の特徴である「後方波動」。

これは、開発チームが実際に逃げ惑うベイトフィッシュから出される波形を研究し、それを「フラップ」によって忠実に再現したもの。

上の画像のように、逃げ惑うベイトフィッシュと同じ波動をリアルに再現することで、違和感なく魚に喰わせることを可能としているのだ。

安定した飛行姿勢で抜群の飛距離を実現!

飛距離

「フラペンブルーランナー」のフラップは、アクション時には開いて後方波動を生むが、キャスト時には折り畳まれる構造になっている。これにより、飛行機の水平翼と同じ空力を発生。安定した飛行姿勢を保ってくれるのだ。

開発チームが行った飛距離比較テストでは、同サイズのシンキングペンシルに対して圧倒的な差をつけている。下の表が、そのテスト結果だ。「フラペンブルーランナー」は、10m近く飛距離が伸びているのがわかる。

ルアー サイズ ウエイト 飛距離
ヘビーウェイト
シンキングペンシル
130mm 40g 64.4m
フラペン
ブルーランナー
115mm 38g 75.0m

この安定性と飛距離によって、強風が吹く荒天時でも狙ったポイントにストレスなくキャストすることができ、集中力を切らさずに釣りに集中することができるのだ。

太軸フック搭載で大物とのファイトでも安心の強度!

「フラペンブルーランナー」は、1.2mmの貫通ワイヤーに太軸フック(#2)を搭載。引っぱり強度は直線で50kgを実現しており、大物の急なアタックに対しても安心の強度を発揮する。また、足場の高い磯際での抜き上げも余裕だ。

「フラペンブルーランナー」の解説動画

マリアより、「フラペンブルーランナー」の解説動画が公開されている。その特徴が詳しく説明されているので、ぜひチェックしてみよう!

「フラペンブルーランナー」のスペック

名称 全長 重量 タイプ 沈下
スピード
潜行
水深
フック
サイズ
リング
サイズ
価格
フラペン
ブルーランナー
115mm 38g シンキング 約2.0秒/m ~50cm #2 #6 2,150円

「フラペンブルーランナー」のカラーバリエーション

「フラペンブルーランナー」のカラーバリエーションは、全10色。

「フラペンブルーランナー」のカラーバリエーション
  1. イワシ
  2. 血みどろイワシ
  3. ギラギライワシ
  4. 生シラス
  5. 透けトビウオ
  6. サンマ
  7. ケイムラグローサンマ
  8. ピンクイワシ
  9. ケイムラコットンキャンディ
  10. カタクチ

「フラペンブルーランナー」まとめ

「フラペンブルーランナー」は、フラップの後方波動の力で魚を狂わせる強力なルアーだ。

水の掴みが良く、様々なリトリーブスピードにも対応し、また手元にしっかりと動きが伝わるので操作性も抜群。カラーも青物に実績の高いラインナップで、青物を攻略するには死角のないアイテム。ぜひその実力を味わってみてはいかがだろうか。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!