Bassblog[バスブログ]

「スプーンテールライブロール」なぜこのシャッドテールでないと食わないバスがいるのか?

2016.11.09.ルアー
ノリーズ「スプーンテールライブロール」

ノリーズ「スプーンテールライブロール」に、新サイズの4インチと5インチが追加となる。

「スプーンテール ライブロール」は、2015年秋に登場して以来、確かな実力を発揮して人気の高い「釣れるシャッドテールワーム」。その動き出しの良さは抜群で、高速ロール波動で生命感溢れるアクションが特徴だ。

今回、新たなサイズが追加されることで、これまで口を使わなかったルアーサイズにシビアなバスを攻略することが可能になる。

「スプーンテールライブロール」の使い方と特徴

「スプーンテールライブロール」の特徴

「スプーンテール ライブロール」はハリのあるボディ素材を使用し、中空の細径エアストマック構造を採用することで、「ブルブルブルブル」と、タイトでライブ感溢れるロール波動を生み出すシャッドテールワームだ。

スプーンテールライブロールのアクション

アクションのレスポンスが非常に良く、しっかりと水を掴むので、今までのシャッドテールでは表現しきれなかった細かいバイブレーションを伴うアクションを演出することができる。

このハイピッチな微波動こそが、「スプーンテール ライブロール」の釣れる理由だ。

さらに、その動き出しの良さから、ウィードポケットなどの移動距離が短く僅かなバイトゾーンの中でもしっかりとアクションし、バスのバイトチャンスを数多く作り出すことができる。

特に、クリアウォーターやハイプレッシャーな状況下のバスでも、スプーンテール独特のハイピッチ弱波動と明滅効果の相乗効果によって、他のルアーには反応しなかったデカバスに思わず口を使わせてしまうのだ。

「スプーンテール ライブロール」が有効なリグは?

「スプーンテール ライブロール」は、ノーシンカー、ジグヘッド、チャター系ベイトなどのスイミングリグとの相性が抜群。その中でも、やはり「微波動」の最も生きるノーシンカーが一番のおすすめだ。

新サイズの使い分けは?

今回「スプーンテール ライブロール」の追加される新サイズは、4インチと5インチ。

4インチはシリーズ最小サイズで、よりいっそうタフな状況に対応可能となる。

5インチは中間サイズとなり、4.5インチでは小さいけど、6インチでは大きすぎるといった状況で、使用しているフックそのままに、ワームだけを交換できる便利なサイズ感となっている。

サイズ 推奨フックサイズ
4インチ 2/0,3/0
4.5インチ 3/0,4/0
5インチ 4/0,5/0
6インチ 5/0,6/0

「スプーンテールライブロール」の水中アクション&解説動画

ノリーズから、荻野貴生プロの解説による「スプーンテ­ールライブロール」の解説動画が公開されている。動画では、「スプーンテ­ールライブロール」の特徴解説と、水中アクションを見ることができる。ハイピッチロールアクションは見ものだ。

「スプーンテールライブロール」のスペック

名称 サイズ 入数 価格
スプーンテールライブロール
4インチ
101mm 5本 810円
スプーンテールライブロール
4.5インチ
114mm 5本 810円
スプーンテールライブロール
5インチ
127mm 4本 860円
スプーンテールライブロール
6インチ
152mm 4本 910円

「スプーンテールライブロール」のカラーバリエーション

「スプーンテールライブロール」のカラーバリエーションは、全8色。

「スプーンテールライブロール」のカラーバリエーション
  1. ST01 シルバーシャッド
  2. ST03 アルビノオレンジ
  3. ST05 ハイビジブルチャート
  4. ST07 ピンクアユ
  5. ST08 グリーンパンプキンシュリンプ
  6. ST09 ゴールドシャッド
  7. ST10 ブルーパールシャッド
  8. ST11 アカガエル

ローリングアクションで明滅効果の効くツートンカラーが嬉しい。私個人的には、「ゴールドシャッド」と「ピンクアユ」が好みのカラー。

「スプーンテールライブロール」まとめ

シャッドテールワームは、各メーカーから様々な種類とバリエーションが発売されており、初心者にとってはどのように選んで良いのかよくわからず、使い分けも難しいのではないかと思う。

「スプーンテール ライブロール」に関して言えば、動き出しの良さによって「僅かな水流と短い移動距離でもハイピッチな微波動を出せる」ところがポイント。この特徴を使う時によくイメージして、他のシャッドテールと使い分けていくことで、確実な釣果に結びついていくはずだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!