Bassblog[バスブログ]

「ドライブホッグ」普通に見えて、普通じゃない。今回も、緻密に計算された絶妙セッティングがありました。

2016.11.09.ルアー
OSP「ドライブホッグ」

OPSから「ドライブホッグ2.5インチ」が発売された。

「ドライブホッグ」は、2.5インチというコンパクトボディにバイト誘発要素を凝縮したホッグ系ワーム。OSP新作ワームに込められた「釣れる秘密」を詳しく見てみよう。

「ドライブホッグ」の使い方と特徴

「ドライブホッグ」の特徴

「ドライブホッグ」は、一見するとシンプルなホッグワームにフラスカートをつけただけに見える。しかし、すべてのパーツとそのアクションを煮詰めて開発されているので、ボディ全体が出すアクションはとてもリアリティに溢れたものになっている。

ちなみに、OSPが提唱する「釣れるホッグ系ワーム」の要素は下の2つ。

  1. 各パーツから発生するアクションの多様性
  2. 2枚のパドルによる水押しの強さ

「ドライブホッグ」は、この2つの性能を追求することで、強いアピール力を持ちつつ食わせ能力の高さも同時に実現した、まさに「釣れるホッグワーム」だ。

ここからは、「ドライブホッグ」の各パーツについて見ていこう。

スローアクションでもしっかり動くツインカーリーテール

スローアクションでもしっかり動くツインカーリーテール

「ドライブホッグ」のような形状の場合、通常はフラスカートの抵抗でフォールスピードが遅くなるため、カールテールのアクションに対しては不利となってしまう。

しかし、形状や厚さを突詰めることで、「ドライブホッグ」のツインカーリーテールは、スローな動きでもしっかりアクションするよう設計されている。

また、「ドライブカーリー」と同様に、表面に突起を施しているので、カバー等への張り付きを軽減してくれる。

絶妙な厚みのパドルが「静」と「動」を両立

パドル

「ドライブホッグ」のパドルは、レスポンスが低下しない範囲で絶妙に設計された厚みと、ボディのクビレが特徴。

上下に強くキックする逃走アクションでは、アクションと同時にパドルがしなやかに動き、多方向に水を撹拌する抜群の水押し効果で存在感をバスにアピールする。

また、ロッドワークによって機敏に反応してくれるので、シェイキングで移動距離をおさえながらもパフパフと息づくような繊細アクションを演出することができる。

短長の融合で多彩なアクションを演出するレッグ

レッグ

「ドライブホッグ」のレッグは、3対の短いレッグと、1対の長いレッグの組み合わせ。

  1. 短いレッグ:細かいハイピッチアクション
  2. 長いレッグ:イキイキとしたアクション

この短長が融合することで異なるリズムで多彩なアクションを演出し、生命感あふれる動きをを生み出すのだ。

繊細でありつつも力強いアピール力を実現したフラスカート

フラスカート

「ドライブホッグ」のフラスカートは、高精度成形によってバリがなく、最高のフレア性能を発揮し、ワーム素材ならではの機敏に震える運動性能を実現。

さらに、3.5g以上のダウンショットのフォールやキャロライナリグのスイミングでは、水圧を受けることでボディがウォブリングする。他のワームには出せない独特のアクションでバスにアピールし、バイトを誘うことができる。

「ドライブホッグ」のスペック

名称 サイズ 入数 価格
ドライブホッグ 2.5インチ 5本 770円

「ドライブホッグ」のカラーバリエーション

「ドライブホッグ」のカラーバリエーションは、全4色。

「ドライブホッグ」のカラーバリエーション
  1. グリーンパンプキンペッパー
  2. ライムチャート
  3. スモークペッパー&コパーフレーク
  4. ライトウォーターメロン・レッド&ペッパー

まずは定番カラーがリリースされることになる。今度、カラーの追加が期待されるところだ。

「ドライブホッグ」まとめ

「ドライブホッグ」は、繊細な誘いをしつつもスモラバ的な力強いアピール力を兼ね備えているホッグワームだ。

素材はノンソルトの低比重マテリアルを採用しているので、ダウンショットやジカリグ、ジグヘッドで使えば、ナチュラルな水平姿勢でアクションさせることが可能。また、キャロライナリグでも水中で回転しにくく、安定感があるので使いやすい。

このように、「ドライブホッグ」はどんなリグにも対応できる万能型のアイテムとなっている。発売が待ち遠しいニューワームだ!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!