Bassblog[バスブログ]

「ワムワム(ジャッカル)」イモグラブ好きはぜひ使ってみたい!新感覚の高比重虫系ワーム!

2016.11.09.ルアー
ジャッカル「ワムワム」

ジャッカルから「ワムワム」という名の新感覚・高比重の虫系ワームが登場する。

「ワムワム」は一口サイズのコンパクトボディながら、高比重で重量があるので飛距離は抜群。立ち位置の限られた陸っぱりの釣りでは大活躍すること間違いないだろう。

「ワムワム」の開発者である水野浩聡プロによる実釣解説動画も公開されているので、合わせて見ていこう。

「ワムワム」の使い方と変幻自在なアクション

「ワムワム」の特徴

「ワムワム」は、高比重のノーシンカー向けワーム。

一見すると虫系ワームに見えるが、フックセッティングやロッドアクションのさせ方によって、エビにも、ベイトフィッシュにも変身することのできる、多彩なアクションが特徴のワームだ。

フックセッティングでフォール姿勢の変化が可能

「ワムワム」は、フックセッティングによってフォールの姿勢を変えることができる

「ワムワム」は、フックセッティングによってフォールの姿勢を変えることができる。

通常のセッティングなら水平フォールをし、触覚をちぎって頭から逆付けにすればバックスライドしてカバー攻略も可能だ。

フックセッティングでフォール姿勢の変化が可能
  1. ヘッドからフックを刺すノーマルセッティング:水平フォール
  2. テールをカットしフックを刺す逆付けセッティング:バックスライド
トゥイッチではベイトフィッシュの逃げ惑う様子

フォールで使えば虫を演出することができ、ボトムをズルズルとズル引きして使えばエビを演出。また、トゥイッチすればベイトフィッシュの逃げ惑うようなアクションをさせることができる。

アクションの汎用性で、小規模河川、リザーバー、山上湖など、あらゆるシチュエーションに対応が可能だ。

扁平ボディでフックング率が向上

扁平ボディでフックング率が向上

「ワムワム」は、扁平ボディ形状のためフックング率が向上。オフセットフックを使った時にゲイブ幅をしっかりと確保し、確かなフッキングを実現。

「ワムワム」の実釣・解説動画

ジャッカルから、開発者である水野浩聡プロによる「ワムワム」の実釣・解説動画が公開されている。ロッド操作によるアクションの違いや、フォールシーンは見ものだ。

イモグラブのローテーションとして使ってみたい!

ジャッカル「ワムワム」

この動画を見ていて、イメージ的に使い方が「イモグラブ」に似ているように感じた。特に、イモグラブにラバーを刺して「虫チューン」したような感覚ではないだろうか。

高比重で飛距離が出るところも、バックスライド、トゥイッチ、ズル引き、使うシチュエーションも重なるところが多いので、イモグラブのローテーションとして使ってみたいワームだ。

イモグラブの場合は、もともと足も生えていないしボディにヒダもないので、この辺りのギミックによるアクション自体は違ってくると思うが、イモグラブ感覚で投げられるとすれば、バスにとっては新鮮に見えてかなり釣れそうな予感!

嬉しい!赤いパッケージの低価格シリーズ!

嬉しい低価格

「ワムワム」は、ジャッカルから新しく登場する赤いパッケージのシリーズの一つで、480円で購入できるのが嬉しいアイテムだ。

「ワムワム」のスペック

名称 サイズ 入り数 価格
ワムワム48 48mm 5本 480円

「ワムワム」のカラーバリエーション

「ワムワム」のカラーバリエーションは全10色。

「ワムワム」のカラーバリエーション
  1. グリーンパンプキンペッパー
  2. エビミソレッドフレーク
  3. SKグリパン/パール
  4. シナモンブルーフレーク
  5. コーラブルーギル
  6. グリパンゴビー
  7. グリパン/ライトチャート
  8. ホロラメブラック
  9. セクシーアルビノ
  10. チャートライムフレーク

「ワムワム」まとめ

「ワムワム」は、ひとつ持っていれば幅広い使い方ができるので、初心者はもちろん、上級者でも満足できる期待の新製品だ。

これは、ぜひ使ってみたいワームだ!

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!