Bassblog[バスブログ]

「カープヘッド」モンスターバスキラーのスイムベイトがついに登場!

2016.11.09.ルアー
シグナル「カープヘッド」

シグナル「カープヘッド」が2016年4月、ついに予約販売開始となった。

「カープヘッド」は、奥田学プロが開発したデカバスキラーのスイムベイト。開発者本人が「本当は売りたくなかった」と言うほどの、とにかく釣れる話題のルアーだ。

「カープヘッド」の使い方と特徴

「カープヘッド」の特徴

「カープヘッド」は、これまでのフィールドテストで68cm6,580gのモンスターバスを筆頭に、20匹以上の60UP、そして無数の50UPを全国各地で捕獲している脅威のデカバスキラーだ。

強烈な「カープヘッド」のアクションがデカバスを刺激

「カープヘッド」の270mmというサイズは、水中で絶対的な存在感を放つスイムベイト。ボディー形状はデビルスイマー譲りで、マストテールの威力はしっかりと継承。

存在感あるボディーアクションと、左右に激しく動く円錐テーリングアクションでモンスターバスを威嚇し、バイトスイッチを次々と刺激する。

使い手に合わせて泳層をチューニング可能

「カープヘッド」は、硬質フロートコア内臓による「弱フローティング」仕様

ボディにネイルシンカーを刺すことで、サスペンドから、シンキングまでウェイトのチューニングが可能。使い手の攻めたいシチュエーションに合わせて、変幻自在に沈下スピードを調節することができる。

「カープヘッド」は上は表層から、下はスローなボトムのズル引きまで、幅広いレンジの攻略が可能なスイムベイトとなっているのだ。

状況に応じて、背中のアイで背針モードが可能

背中のアイで、背針モードも可能

「カープヘッド」の背中にはアイがあるので、フックチューンで簡単に背針モードにすることが可能。背針モードならスナッグレス性が高く、ストラクチャーの多いエリアでもガンガン攻めることができる。

さらに、「カープヘッド」には高浮力の「硬質フロートコア」が内蔵されているため、背針モードにしてもボディバランスが崩れず、安定したアクションを演出してくれるのも嬉しいところだ。

「カープヘッド」の解説動画

開発者奥田プロの解説による「カープヘッド」の動画が公開されている。「カープヘッド」の特徴から、アクションの特徴まで解説されている。

「カープヘッド」のスペック

名称 全長 自重 タイプ カラー 価格
カープヘッド 11.5インチ(270mm) 6.7oz(190g) フローティング 全2色 4,600円

※自重は、フローティングノーリグ状態でのもの。

「カープヘッド」のカラーバリエーション

「カープヘッド」初回発売のカラーバリエーションは全2色。

「カープヘッド」のカラーバリエーション
  1. シルバーシャッド
  2. ダークシャッド

この2色は、デビルスイマーにもある定番カラーだが、今後カラーの追加が期待される。

「カープヘッド」の発売日

「カープヘッド」の発売日は、2016年5月初旬の予定。

すでに予約販売が開始されているが、初回出荷分は売り切れとなっている。

シグナル「カープヘッド」まとめ

「カープヘッド」は、これまで雑誌やブログを通してビッグバス捕獲のニュースが何度も話題となってきていたスイムベイト。

シグナルブログを遡ると、最初に公開されているのは2012年。当時すでに「名古屋バスフェスタ2012」にプロトタイプが展示されていたことがわかる。

それから4年以上経ち、ようやく市場に姿を表した「カープヘッド」。

7oz近いサイズは、使うタックルやシチュエーションを選ぶルアーではあるが、モンスターバスに対する破壊力は折り紙つきだろう。

モンスターバスハンターの方や、これからロクマルを狙って釣りたいという方は、ぜひ使いたいルアーだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!