Bassblog[バスブログ]

「ディスラット」かわいい外見ながらも、チマチマアクションが魅力の実力派ネズミ型ルアーだ!

2016.11.09.ルアー
アイマ「ディスラット」

アイマから「ディスラット」が2016年4月に発売となる。「ディスラット」は、日本では珍しい水面系ジョイントベイトの「ラット(ねずみ)型ルアー」だ。開発者は、水面系ルアーに熟達した内山幸也プロ。

「ディスラット」の特徴は、大振りなローリングアクションと、柔らかいエラストマー素材のテールが生み出す複雑な引き波。フロッグのように水面で首を振ることも可能なので、フロッグを使い慣れている方には特にオススメしたい新ルアーだ。

「ディスラット」の使い方と特徴

「ディスラット」の特徴

「ディスラット」は、近年流行りの羽根モノやビッグバド系ルアーのような、ピッチの細かい焦らし系アクションを演出するラット型ルアー。

自重は約40ℊ。ミディアムヘビークラスのロッドなら快適にキャストできるウエイトだ。サイズ感としては、長いテールの印象も相まってビッグベイトといったトコロ。

しかし、ボディ自体は大き過ぎず小さ過ぎず、かなり実用的なサイズとなっているので、専用のタックルを用意しなくても使うことができて、かなり使い勝手の良いサイズ感だ。

一か所での180度ターンもお手の物

「ディスラット」が得意とするのは、移動距離の極端に少ない焦らし系ネチネチアクション。移動せずにアクションさせるのは、従来のフロッグでは難しいところだったが、それを補ってくれるルアーとなっている。

溺れて弱ったマウスのように、1か所で何度も180度ターンを繰り返す様子を見れば、スレたバスでも興味を抱かずにはいられず、思わずバイトしてしまうことだろう。

ジョイントから発する艶めかしいノッキングサウンド

「ディスラット」のジョイント可動部はかなりセットバックしており、アクションするたびに艶めかしいノッキングサウンドを発する。

「カッコン、カッコン」と響きわたるサウンドが水中まで大きく響きわたり、濁ったフィールドでもアピール度は抜群だ。

大きなリップが醸し出す大きなローリングアクション

「ディスラット」は、ボディサイズに見合わないほど大きなリップも特徴。

この大きなリップと、絶妙な浮力バランスの設計によって、動き出しレスポンスが抜群に良く、羽根系クローラーベイトのような大きなローリングアクションを演出する。

ただ巻きで使っても極端なローリングアクションが出るように設定してあるので、短い移動距離の中でもより多くのアクションをしてバスにアピールしてくれる

このピッチの短い大振りなローリングアクションと、柔軟性の高いエラストマー素材テール(後述)が生み出す複雑な引き波を感じたとき、バスは好奇心を刺激されて思わず近づいて来てしまうだろう。

ブレードチューニングが可能なハンガー付き

アピールを強めたいときに、ブレードチューニングなどが可能なハンガーが付いている。ブレードを付ければビッグバド的に使うことも可能になる。

エラストマーテールが怪しさを引き立てる

エラストマーテールも「ディスラット」の魅力のひとつ。柔軟性が高く、ボディに追従して艶めかしく動き回るテールは、複雑な動きでなんとも怪しい生命感に満ちている。

ハードべイトではなかなか出せない艶めかしいアクションは、英語では「ワームテール」とも呼ばれているネズミならではのアクションだ。

ローリングスイベル仕様アイでバラシの防止に

ローリングスイベル仕様のアイなので、回転することでバラシを軽減してくれるのも良いところ。

「ディスラット」のアクションは見モノ!

「ディスラット」のアクション

「ディスラット」の移動距離の極端に少ない焦らし系ネチネチアクションだが、その極端さは、その場から前に進まないくらいに同じ場所で180度ターンを繰り返す。これにより、ストライクゾーンが極端に短いハイプレッシャーフィールドでも、ワームのシェイキングのごとく、「ネチネチネチネチ…」と魚を誘うことの出来る。

フロッグとは違って、初心者でも簡単に移動距離の短い180度ターンができるので、霞水系のようなストライクゾーンの短いバスにはとても有効だ。

タダ巻きではなく、「ストップ&ゴー」

外見から見るとタダ巻きで使うルアーだと感じるが、「ディスラット」が最大限に生きるアクションは、「ストップ&ゴー」。

水面で大きな引き波をネチネチと断続的に起こすルアーが、時々ふとした瞬間に不規則に止まることで、タフな状況下の食い渋るバスの好奇心をあおり、リアクションバイトに持ち込むことができる。状況がタフであればあるほど、効いてくるのがこの「ストップ&ゴー」だ。

このように「ディスラット」は、羽根物やビッグバト系のような焦らし系アクションからのリアクションバイトを、意図的に生み出すことができる。今までなかった新しい要素を持つルアーなのだ。

「ディスラット」のスペック

名称 サイズ 自重 カラー 価格
ディスラット 185㎜
(エラストマーテール含む)
40g 全8色 3,500円

「ディスラット」のカラーバリエーション

「ディスラット」のカラーバリエーションは全8色。

「ディスラット」のカラーバリエーション
  1. #DSR-001 This rat(ディスラット)
  2. #DSR-002 ダーティージョブ
  3. #DSR-003 スノー
  4. #DSR-004 ウィッチハント
  5. #DSR-005 シルバラッド
  6. #DSR-006 サニーゴースト
  7. #DSR-007 パープルラット
  8. #DSR-008 ブルーバックチャート

名前と同じ「This rat(ディスラット)」がベーシックなカラーで、一番使いやすいだろう。個人的には、かわいい「スノー」が欲しいな。

まとめ

上述の特徴でご説明してきたように、これだけ複雑なアクションの要素を持ったトップウォーターは、従来品には存在しないだろう。

「ディスラット」は、水面というレンジを上手く利用して引き波効果でルアーを曖昧なものにするので、バスの好奇心を大きく掻き立ててバイトに持ち込んでくれるはず。

このように見た目はかわいらしいマウスながら、魚の習性にかなり踏み込んだアクションコンセプトの実力派ルアーになっている。

サイズ感も良く、大きい魚が反応する要素をたくさん持った「ディスラット」。ぜひ一度投げてみたいルアーだ。

FOLLOW US !Bassblog[バスブログ]をフォロー!

Fishing & Outdoor Bassblog
Bassblog編集部

バス釣り,ソルトルアー,トラウト等のタックルニュースから釣り情報まで「釣りが、もっと楽しくなる!」記事をこまめに発信。最新情報はFacebook&Twitterで配信中!

Bassblog[バスブログ]の最新情報を配信中!